coinexchange(コインエクスチェンジ)での買い方・売り方をご紹介

どうも運営です。

仮想通貨をやり始めた時は、日本の取引所だけでも慣れるのに大変ですよね。
しかし、日本の取引所にて仮想通貨を購入し日々のトレードを見たり、チャットを見ると様々なコインの話に触れます。
 実は日本の取引所にて扱いがない仮想通貨はたくさんあります 

そして、その仮想通貨を購入したい場合、大きく2つの海外取引所を登録することになります。
それは、上海に本社を儲けるバイナンスと、アメリカに本社をおくcoinexchange(コインエクスチェンジ)です。

coinexchange(コインエクスチェンジ)は日本の取引所にない数多くのコインが上場し、 毎日の様に、200%~をたたき出すコイン が存在しています。
また、毎週のように新規仮想通貨が上場を行っています。

取扱いコイン数は、日本の取引所とは全く比べ物にならない数があります。
その数100コイン以上!!

最近では、NANJcoinの取引所上場により、注目を浴びている取引所になります。
関連記事:NANJCOIN(NANJコイン)仮想通貨の購入方法や価格について考察

しかし、私もそうだったんですが、coinexchange(コインエクスチェンジ)の登録を済ませても、全て英語で、どこからどうやって手をつければいいのか解らないですよね。私も最初は苦労いたしました。

そういった方に、解りやすくcoinexchange(コインエクスチェンジ)での買い方・売り方をご紹介します!
買い方・売り方が解らない方は、この記事を見て参考して頂けると幸いです^^
また、coinexchange(コインエクスチェンジ)でのレバレッジについても記載しましたので、宜しくお願いします^^

まずは、coinexchange(コインエクスチェンジ)への登録が未だの方は下記よりオフィシャルへアクセスして下さい。
具体的な登録方法は「CoinExchange(コインエクスチェンジ)の登録方法」にて紹介させて頂いております。

※coinexchange(コインエクスチェンジ)は「Google 認証システム Google Authenticator」によって2段階認証を行っております。 かならず2段階認証を設定 して下さい。

coinexchange(コインエクスチェンジ)での買い方について

まずは、coinexchange(コインエクスチェンジ)へ基軸通貨(ビットコイン・イーサ)を送金する必要がございます。

coinexchange(コインエクスチェンジ)は、JPY(日本円)での取引が出来ない為、まずは、日本の取引所(ビットフライヤーやコインチェック等)で、基軸通貨を購入及び入手する必要がございます。

基軸通貨について

基軸通貨とは、「ドル」があります。日本だけではなく、全ての通貨は「ドル」を中心に回っております。
仮想通貨にも基軸通貨と言われるコインがあります。その代表格が「ビットコイン」と「イーサリアム」になります。
それ以外に各取引所で設けた基軸通貨(バイナンスの場合:BNB)があります。

様々なアルトコインは「ビットコイン」「イーサリアム」で購入し、手放す時も「ビットコイン」「イーサリアム」へ戻します
そして日本円に戻す場合は、日本の取引所へコインを送金し、円に返金します。

話がそれましたが、基軸通貨を手に入れてから、coinexchange(コインエクスチェンジ)へ送金します。
個人的には、イーサの方が送金スピードも速くお勧めです。

イーサは、coinexchange(コインエクスチェンジ)だけなく、様々なICOにも使用されるコインなので、今後仮想通貨でトレードしていく場合は、何枚か持っておくと「いざ!」って時にスピーディーな取引が可能です。

BTC・ETHを購入するには、日本の仮想通貨取引所への口座開設が必要です。
まずは、基本的に口座開設までには確認ハガキ到着含め、2週間程要します。

しかし、 ヒットフライヤーの場合は、本人確認ハガキの到着を待たずに口座開設及び、取引が可能 です。その為、即日取引が可能です。

基軸通貨をcoinexchange(コインエクスチェンジ)へ送金する方法

まずは、TOPページの右上にある「MY ACCOUNT」より「Malances」を選択して下さい。
その後、下記の画面へ移動しますので、購入した基軸通貨を選択してください。ビットコインの場合は「BTC」、イーサリアムの場合は「ETH」です。
ここで誤った仮想通貨を選択してしまうと通貨が送金できな所か帰ってきません。見つけにくい場合は「Ctrl+F」にて検索をかけてみましょう。

そして、その後「青のボタン」をクリックして 「Deposit」 を選択してください。

そうすると、送金先のアドレス及び、QRコードが出ます。このアドレスは人によって全く違いますのでお気をつけください。ここまで来るともうすぐ送金完了です。基軸通貨を購入した取引所の「入出金」より該当する入金アドレス・ラベルを入力して送金です。取引所によって違いますが、 ビットフライヤーの場合は、送金確認の為、登録メールアドレスへ確認メールが受信します ので確認ください。基軸通貨の種類によりますが、BTCの場合は約15分前後、ETHは5分前後で送金完了となります。

coinexchange(コインエクスチェンジ)で銘柄を決める

画面を開くと中央に「VIEW MARKETS」と言うボタンがあるのでクリックして下さい。そうすると下記の様に、数多くの銘柄が出てきます。最初、見たときは数の多さに圧巻でした。。

 

図に記入しましたが、「取引する基軸通貨選択」「どのコインのマーケットを見るのか選択」「どの内容順で並べるのか選択」する3つの窓口があります。
数多くのコインの中から、どれを選ぶのかは、様々な情報を見て頂く必要がありますが、私の選定は以下です。

①24時間の取引量順に並べる

https://coinmarketcap.com/で時価総額200位以下、500以上を見る

③直近のチャートを見て、爆上げしていない銘柄をピックアップ

④ホームページを日本語訳して確認

⑤関わっている人を見る、その中に大手企業出身やアドバイザーがいる

⑥ホワイトペーパーやロードマップを確認

⑦銘柄を決めて購入

また、非常にコインの種類が多く、見つけるのも大変です。
その場合は、「Ctrl+F」で検索すると簡単に見つけることが出来ますのでお試しください^^

新規上場した仮想通貨の考察まとめ【掲載コイン数100種類以上!】

2018.02.05

coinexchange(コインエクスチェンジ)マーケット画面の見方

では、次にマーケット画面の見方です。
特定のコインを選択し、詳細画面に写ると下記の画面に推移します。

気をつけて頂きたいのは、「欲しい銘柄/持っているコイン Market」になっているかです。
ここが間違っていると購入も売却も出来ません><

イーサで「DOGE」を購入する場合は「DOGE/FTH Market」になります。
ビットコインの場合は、図の通り「DOGE/BTC Market」になりますので、お気をつけ下さい。

 

 

各項目の内容を図へ赤文字で記載しておりますので、拡大してみて下さい^^
とくにこの画面でみて頂きたいのは、チャートももちろんですが、現在「売り」と「買い」の注文がどの様なバランスになっているかです。

「売り」が「買い」に比べとても多い場合は、ちょっと要注意が必要かと思います。
例としては、「売り」圧が1月12日現在、凄まじい「B3coin」です><
※私も購入しましたが、中々売り抜けず苦労しております><

売りたい人が多くても、買い手がいない場合は、本当に売れません><
かならず、チェックして下さい。

 

coinexchange(コインエクスチェンジ)での買い方

では、実際の買い方をご紹介します。

 

図へ各項目の意味を赤文字で記載しました。
項目が非常に多く複雑に見えますが、慣れるとシンプルでとても解りやすい事に気付きます。

きっちり注文でいた場合は、「チャート画面」下の指値項目が表示されます。
キャンセルしたい場合は、「×」をクリックするだけです。

コインエクスチェンジは成行き注文はなく、全て指値注文になります。

左のが買いの時、右のが売りの時です。

購入時の基本的な流れ

①基軸通貨、何枚分を購入したいのか入力

②購入したいコインの金額を指定

③内容を確認

④買いの流れになります。

coinexchange(コインエクスチェンジ)は、販売所ではなく、取引所になります。

 取引所とは、売り手がいて初めて成り立つ場所になります。 

ビットフライヤーからビットコインを買う場合は、ビットフライヤーが購入したコインを買うので、販売所になります。
その為、②の購入したいコインの価格をしっかり考え入力しないと、いつまでたっても買えずじまいになります><

買う時に絶対注意が必要な事

先日のVIPS上場の際、かなり多くのユーザーが一気に買いを行いました。
その際、一部のユーザーが運営の初値売り「2satoshi」を入力間違いして高値で購入しています。

かならず購入の際は、「買いたい金額」に間違いがないか確認を行いましょう。
コインエクスチェンジの性質上、高値の指値より成約が進んで行きますので「間違えた!キャンセルしよう!」の間に成約します。

買いたい金額が「2satoshi:0.00000002」なのか「20satoshi:0.0000002」によって10倍違います。
その一桁がかなりの損失を生む事があります。

理由は、高値で購入してしますと、売る時に買い手がいれば問題ないですが、買い手がいない場合は泣く泣く安値で手放すしかないです。
買う時はかならず「買いたい金額」を確認すると徹底しましょう。

coinexchange(コインエクスチェンジ)での売り方、また売れない理由とは?

基本的に売るときの方法は、画面右の「赤 Sell」にて売却の申し込みを行います。
売るときに気をつけて頂きたいのは、草コインを購入し、爆上げしても、取引所になるので、買い手がいないと売れないという事です。

左のが買いの時、右のが売りの時です。

購売却時の基本的な流れをご紹介します。

購売却時の基本的な流れ

①手持ち仮想通貨の何枚を売却したいのか「Amount」へ入力(右上にトータル保有枚数が出ています)

②「Price」を見て1枚当たりの基軸通貨価格、「Total」をみて販売して基軸通貨に変わる金額を確認(「Fee (0.15%)」は手数料になります)

④そして最後に「Submit Sell Order」をクリックして入札完了です。

⑤あとは、誰かが購入してくれるのを待ちましょう。

 

せっかく暴騰して「よし!売ろう!」となっても、そのコインを高価で買おうと思う「イナゴ」さん達がいない場合、売れなくても売れないんです。。
簡単に言うと、セリの様なイメージです。

 「このコインだれか買って~~~!」と申し込みをし、取引所が間になって買い手へ仲介する流れ です。
その為、「この金額だったら買わない!」と言われるとだれも買ってくれません。。

だれだって安く買いたいのが本音ですからね><
coinexchange(コインエクスチェンジ)で売れないというお悩みの方は、一度、売りたい「Price」の見直してみるといいと思います。

と言っても最初は本当に不安ですよね><
まずは少額で取引になれて行く方がいいかもしれませんね><

coinexchange(コインエクスチェンジ)は、日本の取引所に無い、数多くのコインがあり、一攫千金を目指すには口座開設必須な為、慣れていく必要がございます。

coinexchange(コインエクスチェンジ)でのレバレッジについて

皆様レバレッジと言う言葉はご存知でしょうか?
よくFXなどで聞く言葉ですよね?

レバレッジとは証拠金(預けている金額)の何倍もの取引が出来る事を言います。
例えば、証拠金として10万を預けていて、レバレッジ10倍の取引をした場合、100万で取引が出来ることになります。

それは凄い!むちゃ儲かる!とお考えの方も多いと思います。
しかし、10倍の利益が出るのはもちろんですが、10倍の損益も出る可能性があると言う事です。

そのレバレッジ取引ですが、coinexchange(コインエクスチェンジ)では対応しておりません><
レバレッジ取引が可能な取引所は、日本の取引所ではだいたい可能です。

あまりお勧めできませんが。。
一夜にして大金を掴む事も可能ですが、一夜にして財産を失う事も可能です。

レバレッジ取引のご利用は計画的に・・・

それでは、皆様の仮想通貨成功を願いっております。

最後に、こちらの動画でも解りやすく紹介していますので、ご覧下さい^^

 

運営より

ABOUTこの記事をかいた人

yamashita

10代の頃からナンパに明け暮れ、気付けば女遊びだけの人生を今まで送ってきました。記事では様々な女性遍歴から女性を口説く為のトークや流れなどを細かくご紹介して参ります。 口先だけではなく、実際の実績基づいた内容なので、是非、実戦してみて下さい。