スキャムコインの意味と見分け方について考察

どうも運営です。
最近良く耳にする言葉、「スキャムコイン」英語で「Scam coin」。

スキャムとは、英語で「詐欺」を意味します。
そしてコインは仮想通貨のコインを意味します。

すなわちスキャムコイン=詐欺コインと言う意味があります。
何故、この様な言葉が広まっているかと言うと、その背景にはICOがございます。

ICOは以前記事でご紹介しましたが、企業や事業の新たな資金調達方法として注目され、大きな成功例としては「COMSA」があります。
COMSAはICOにて約90億の資金を調達しました。

ICOに関する記事はこちら→仮想通貨 ICOのプレセール情報【2018年1月更新】

簡単ではないですが、ICO自体トレンドになっており、数多くの企業や事業がICOを使用し資金調達を行おうとしています。
もちろん日本の企業でも広まっており、最近では、堀江さんのyoutubeチャンネルで取り上げられた「ALIS」もその一企業です。

今後スキャムコインが増えてくる?

しかし、そのトレンドに乗っかって数多くの「スキャムコイン」も増えています。

先日記事で取り上げさせていただいた「ECOT」もEcoToken(ECOTコイン)仮想通貨について考察もツイッターでは、スキャムコインだったのではと噂されています。
海外の代表的な取引所「コインエクスチェンジ」では、日々数多くのコインが上場しそのコインの価格は日本円にして1円にも満たない事から多くのユーザーは暴騰を期待し購入しています。

しかし、価格が安からといって購入すると、価格が低いが為、資産が2倍にも3倍にもなりやすい反面、10分の1や半分になった・・・なんて事がざらにあります。
しっかり「スキャムコイン」でないか自分で判断できる目を養う事が重要です。

ちょっとまった!そのICO仮想通は詐欺?で詳しく判断をご紹介中。

今後、より多くの企業がICOされると思われます。
何とあのKodakもICOすると発表いたしました。

ICOは誰でも基軸通貨さえもっていれば参加出来る為、自ら詳しい業種に絞る等、しっかりした判断で購入する事をお勧めします。
インフルエンサーの「100倍確定!」「絶対億り人!」口車に乗せられて購入するようなことは絶対やめましょう。


運営より

ABOUTこの記事をかいた人

メンレバ編集長 山下

10代の頃からナンパに明け暮れ、気付けば女遊びだけの人生を今まで送ってきました。記事では様々な女性遍歴から女性を口説く為のトークや流れなどを細かくご紹介して参ります。 口先ではなく、全てはノンフィクション(実話)です。 是非、実戦して下さい。