リップルとVISAカードが提携?真相にせまる

どうも運営です。
ちょっと前の話になりますが、リップルとVISAカードが提携するのでは?と言う噂が広まりました。

そこで、色々しらべてみましたので、読んで頂けると幸いです。

リップルとVISAカードの関係を考察

昨年2017年11月、リップルはアメックスと業務提携を行っております。

American ExpressとSantanderは、金融技術会社Rippleと提携し、ブロックチェーン技術を使用して米国と英国間のクロスボーダー支払いをスピードアップしています。
American Expressのビジネス顧客がFX International Payments(FXIP)プラットフォームで行った支払いは、RippleのエンタープライズブロックチェーンネットワークRippleNetを経由して行われます。

アメックスはアメリカに本社を構える、金融会社です。
特に富裕層向けに人気があるクレジットカードになります。

日本でも使用できる店舗は多いですが、やはり本社であるアメリカでの保有率が高いと言われております。

では、実際VISAカードはどうなのか?
VISAカードは世界NO1と言われるだけあって全世界で一番市場に流通しているクレジットカードであると思います。

そうなるとやはりVISAとも提携をしたと思うのがリップルの考えだと思います。
関係性は色々しらべてみましたが、確認が取れていません。

VISAはリップルの技術が喉から手が出るほど欲しい

彼らはリップル経験を持つブロックチェーンエンジニアを探しています。Ethereumの開発経験がある人は歓迎すべきものです。VISAはいくつかの形態の分散アプリケーションを構築したいと考えています。今のところ、このプロジェクトが正確に何をするかはまだ分かりません。金融業界のさまざまな企業が、今、この曖昧な概念に取り組んでいます。ブロックチェーン技術は多くの企業にとって大きな価値があります。

これは必ずしもVISAが突然リップルを受け入れることを意味するものではありません。しかし、リップルが何をしているのか、会社は確かに目が離せない。グローバルな支払いをより迅速かつ安価に送信できることは、誰にとっても最高の関心事です。クレジットカード会社でさえ、安価で優れたソリューションの恩恵を受けることができます。この仕事リストは、ブロックチェーンに関連する人気のある用語をまとめたものです。R3とBitcoinについても言及していますが、これは非常に興味深いものです。

上記記事は昨年公表された内容です。
実は、VISAカードはブロックチェーン技術をとても欲しています。
自社で1から開発するより、既に完成している技術を取り入れるほうがコスト的にもお得です。

何故VISAはリップルの技術が欲しいのか?

それは、B2B間の取引を改善したからです。
B2Bは企業間取引を言います。企業間取引の支払いをより円滑にそして低コストにした背景があります。

そして2016年10月にはVISAがブロックチェーン技術を使ったB2B決済ソリューションを発表しています。

Visa、チェーンのブロックチェーンテクノロジーに基づく国際的なB2B決済ソリューションを発表
10/21/2016
Blockchainインフラストラクチャは、法人顧客が世界中で支払いを交換するための、より迅速でより透明な方法を提供するのに役立ちます

サンフランシスコ – (BUSINESS WIRE) – Visa Inc. Visa B2B Connectのプレビューを発表しました。これは、Visaが世界中のB2B決済を簡単で迅速かつ安全に行うための新しいプラットフォームです。

 この記事の末尾に実は大きな定型に関するヒントが眠っていました!既に、チェーン株式会社とブロックチェーン技術の提携を結んでいます。 

 

チェーン株式会社(www.chain.com)は、画期的な金融商品とサービスを可能にするブロックチェーンネットワークの構築、導入、運用をリードする組織と提携するテクノロジー企業です。チェーンは、賞を受賞したチェーンコアブロックチェーンプラットフォームを強化するチェーンプロトコルの著者です。チェーンは2014年に設立され、4000万ドル からの資金調達 Khosla Ventures、 RREベンチャーズ、および戦略的パートナー キャピタルワン、 シティグループ、 Fiserv、ナスダック、 オレンジ、およびビザ。チェーンの本社はサンフランシスコ、カリフォルニア州。

これは・・・既にVISAではブロックチェーン技術をチェーン株式会社と共に開発中と言う事になります。

更に続きます。

昨年末、金融機関に企業の国境を越えたB2B決済を処理するための安全で迅速かつ予測可能な方法を提供するために設計されたプラットフォームであるVisa B2B Connectをプレビューしました。それ以来、私たちは、世界中の金融機関と提携してこのビジョンを、現在2018年中頃に予定されている商用打ち切りに先立って、銀行間のテスト取引を処理するプラットフォームに変えています。

今日では、米国のコマースバンク、韓国の新韓銀行、フィリピンのユニオンバンク、シンガポールのユナイテッドオーバーシーズバンクの革新者との共同作業を発表することに興奮しています。我々は、Visa B2B Connectの商業的な立ち上げに向けて、いくつかのパートナーとの間で銀行間のテスト取引を処理し始めています。

上記記事から解るように、既にテスト段階にも入っているというのです。
上記の事から、 VISAカードとリップルが提携すると言うのは考えられないと思います。 

それでも何故リップルなのか?

では数ある多くの仮想通貨の中で、何故リップルなのか?を考察です。
そこには仮想通貨それぞれの処理能力が関係してきます。

処理能力が凄い

リップルは数ある仮想通貨の中でも圧倒的な処理速度をもっています。

ツイート内容は1秒当たりの処理速度を表していますが、他の仮想通貨に比べ早いのが解ります。

手数料が安い


こちらも他の仮想通貨を圧倒する低コストになります。

既にVISAカードもブロックチェーンの技術を取り入れていますが、それでもリップルの技術は欲しいのではないでしょうか?

VISAカードはブロックチェーンに頼らずとも最強説

実は、リップルは処理能力が凄い!!とお話しましたが、VISAはもっと凄いんです><

リップルが1秒間に1500件処理するのに対して、VISAは何と1秒間に4,000~6,000もの処理を行っています。
これは凄い数字ですよね!

しかも、前項で述べたVISAオリジナルのブロックチェーン技術が完成すれば鬼に金棒です。
リップルの力を頼らずとも問題ないという事です。

リップルとVISAカードの提携確率は?

以上の事から、 リップルとVISAカードが提携する可能性は「0」と考えます。  もちろん今後どのような事が起きるか解りません。

VISAではなく、JCBだったり・・・
クレジットカードではB2B間の取引改善を行いたい企業が多いようなので。

運営より

ABOUTこの記事をかいた人

メンレバ編集長 山下

10代の頃からナンパに明け暮れ、気付けば女遊びだけの人生を今まで送ってきました。記事では様々な女性遍歴から女性を口説く為のトークや流れなどを細かくご紹介して参ります。 口先ではなく、全てはノンフィクション(実話)です。 是非、実戦して下さい。