AppCoins(APPCコイン)仮想通貨について考察

どうも運営です。
既にバイナンスへ新規上場しているAppCoins(APPCコイン)について考察してみました。

個人的に思い入れもあるコインになりますので、今更ですが記事を書かせて頂きました。
AppCoins(APPCコイン)はあの リップル・GooglePlayなど大きなバックアップがある有望コイン になります。

AppCoins(APPCコイン)を購入検討されている方は参考にして頂けると幸いです。

AppCoins(APPCコイン)の概要(パラメーター)

ジャンル アプリケーション関連
発表内容 https://bitcointalk.org/index.php?topic=2280664.0
公式サイト https://appcoins.io/
ツイッター https://twitter.com/AppCoinsProject
フェイスブック
コイン名 AppCoins(APPCコイン)
単位 APPC
供給量 246,203,093 APPC(2億4620万3093枚)
テレグラム https://t.me/joinchat/G337zg6z0ACm6QTvUU9_Yw
ホワイトペーパー appcoins_white_paper_ja.pdf
ロードマップ https://appcoins.io/#aic-Roadmap
ウォレット ERC20の為、MyEtherWalletやimTokenにて保管可能

AppCoins(APPCコイン)を購入できる取引所

現在はバイナンス・Huobi・Lykkeより購入が可能です。
私はバイナンスにて保有をしております。

バイナンスは、新規上場銘柄も多く、今は日本語対応ではないですが、とても扱いやすり取引所の為、オススメです。
何より世界一の取引所である安心感があります。

基軸通貨が購入できる取引所

BTC・ETHを購入するには、日本の仮想通貨取引所への口座開設が必要です。
まずは、基本的に口座開設までには確認ハガキ到着含め、2週間程要します。

しかし、ヒットフライヤーの場合は、本人確認ハガキの到着を待たずに口座開設及び、取引が可能です。

youtube

AppCoins(APPCコイン)の現在価格

AppCoins(APPCコイン)の性能等

AppCoins(APPCコイン)の何が凄いのか?それは既に2億人のユーザーがいると言うことです。
「?」2億人と言われてもどんなユーザーなのってなりますよね。

簡単に説明させて頂くと、「iTunes」「Google Play」の様なアプリストア「Aptoide」と提携しています。
 Androidアプリストアの1つで、「iTunes」「Google Play」の次にDLが多いアプリストア になります!

公式サイトはこちら:https://en.aptoide.com/
※残念ながら現在日本語未対応です。

TOPページを見ていただいても解りますが、かなり有名なアプリもDLが可能となっています。

そう!この 「Aptoide」を利用しているのが2億アクティブユーザー、そして40億DL、そしてグローバルトップサイトが#692 です!

※アクティブとは
活動しているユーザー数

※グローバルトップサイトとは
サイトの世界的な人気順になります、現在はGoogleが1位です。
詳細はこちらを参照下さい:https://www.alexa.com/topsites

AppCoins(APPCコイン)がこれから”やろう”としている事

では、AppCoins(APPCコイン)がこれから「Aptoide」でやろうとしている事を具体的に説明していきます。

 れは、「iTunes」「Google Play」等が抱える3つの問題を解決します。 

1- モバイル広告の非効率性. 開発者とユーザーの間にいくつかの仲介業者がおり、透明性と開発者にとっての潜在的リターンを減らしています。

2- アプリ内課金に近づきにくい 現在では、スマ ートフォンユーザーの5%だけがアプリ内課金をし、支払の中間業者が全体のコストを上げるだけになっています。

3- アプリの承認プロセスの不透明. 開発者の身元を確認することはいまだ困難だし、アプリストアで使用される普遍的なアプローチがありません。

それが、上記3つになります。

①は開発者がストアに対して登録を行う際、仲介業者を通す事になり、コストが必要となる事です。

②はアプリで課金をした際、直接開発者へマージンが入らず、一旦ストア「iTunes」「Google Play」に中間マージンを抜かれ、開発者に入ります。その中間を取っ払おうという事です。

③「iTunes」は厳重な登録審査がある為、中々ないですが、「Google Play」は登録審査が甘く、詐欺的なアプリもあるといわれております。しかし、開発者側の情報が不確かな状態です。その為、開発者の身元を明確にし、安心・安全なストアを築くと言う事です。

AppCoins(APPCコイン)はアプリストアの非中央集権化を目指す。

上記図の通り、「decentralized:分権」をAppCoins(APPCコイン)は目指しています。
現在、銀行ではないですが、「iTunes」「Google Play」などが中央分権として、多くのアプリを配下においています。

決してこれが悪い事ではないと思いますが、上記3つの問題もあり、 AppCoins(APPCコイン)は分権型で、開発者とユーザーが直接「P2P」にて繋がるアプリストア を目指しています。

チーム・バックアップ

実は、AppCoins(APPCコイン)が注目される理由は、その事業内容だけではありません。
チーム・バックアップ体制がとても強いんです。

クリス・ミーゼT

enXがICOで成功した時のCFO、以前はロンドンのゴールドマンサックス勤務

ジョナサン・ベッカー

フォーブスの選ぶ30歳未満のクリエイティブな投資家と起業家30人に選ばれました。e.venturesの投資家

ライアン・テリビリニ

Googly Playの運営シニアストアテイスト、リップルのパートナーカードプラットフォームの責任者

アダム・スタンドリング

ビートコインとブロックチェインのパイオニア、Bitcoin.comの共同創業者(2011-12)

アンドラスクリストフ

ビートコイン、イサリウム、それにリップルのコラボレーター、デジタル通貨ハンドブックの共著者

ガウラントーベカー

インドアース共同設立者、地方分権化専門ネットワーク、イサリームシンガポールミートアップの共同運営者

イ・ツン・ナイ

Kyberネットワークの事業開発長、KyberネットワークICOに、5000万ドルの調達を達成した。(2017年9月)

かなり様々な実績をお持ちの方々が一丸となって開発に取り組んでおります。
ビットコイン・イーサリアム・リップルのコラボレーターも在籍し、Bitcoin.comの共同創業者までいます。

また、ライバルであるGoogly Playの運営シニアストアテイストも在籍しており、鬼に金棒状態です。

AppCoins(APPCコイン)今後の可能性

いかがでしたでしょうか。
おそらくこれほどの規模で、チームも安心できるとなると有望コインですよね。

そして、 AppCoins(APPCコイン)は今後、ライバルである「iTunes」や「Amazon」との提携も視野に営業活動 を行っています。
もし、これが実現すれば価格の高騰は考えられます。

2018年第3四半期には、「Aptoide」クライアントへの登録が展開される予定です。
そしてロードマップには「App Storeの資金調達」との記載あり。。これが意味するのは?

しかし、もちろん個人的には問題あると思います。
やはり「iTunes」「Google Play」が強く、その牙城を崩す事は不可能だと思います。

それは、「iTunes」「Google Play」はそれぞれ端末自体も牛耳っているからです。
もし、AppCoins(APPCコイン)が自ら端末のソフトを開発した場合、大暴騰に繋がると思います。

運営より

ツイッターでの反応


ABOUTこの記事をかいた人

メンレバ編集長 山下

10代の頃からナンパに明け暮れ、気付けば女遊びだけの人生を今まで送ってきました。記事では様々な女性遍歴から女性を口説く為のトークや流れなどを細かくご紹介して参ります。 口先ではなく、全てはノンフィクション(実話)です。 是非、実戦して下さい。