Dapps(分散型アプリケーション)で出来たら面白いと思うアプリを考察

どうも運営です。
皆さんDapps(分散型アプリケーション)ってご存知ですか?

私も最近知った言葉です。
この記事では、Dapps(分散型アプリケーション)の意味や、Dapps(分散型アプリケーション)で出来たら面白いなと思うアプリを自分なりに考えてみました!

是非、Dapps(分散型アプリケーション)の魅力、そして可能性を感じて貰えると幸いです^^

Dapps(分散型アプリケーション)の意味

では、初めにDapps(分散型アプリケーション)について手短にそして簡単にわかりやすくご紹介させて頂きます。
Dappsは、ちなみにDecentralized Applicationsの略になります。

いつも皆さんが日々、 スマホで使用しているアプリは、開発者が居て、開発者が全てのデータを管理し、日々メンテナンスを行い稼動 しています。

しかし、もし万が一、開発者がつぶれてしまったり、開発元がハッキングされ、全てのデータが改ざんされた場合、そのアプリは終焉を迎えます。
サービスが終わるだけでなく、利用していたユーザーの個人情報等が漏洩する恐れもあります><

そして、もしその開発者が悪意を持って、アプリケーションを開発した場合、ユーザーからのデータを使用する可能性もあります。
そこで、生まれたのがDapps(分散型アプリケーション)です。

大きな違いは、 Dapps(分散型アプリケーション)の場合、ブロックチェーン上でスマートコントラクトを使用して開発者に権限が集中しないように出来ます 

※スマートコントラクトとは?
コントラクト(契約)をスマートに行えると言う事です。契約内容を予め決めておき、その契約条件に合致したアクションが起こると、自動的に完結させる事が可能です。
また、契約内容はブロックチェーン技術により、契約のやり取りが全て記憶され、オープン(公開)される為、非常に透明性も高くなります。

もっと簡単に説明すると、自動販売機がスマートコントラクトです。
商品の購入は全てお金を入れるだけで全自動で行われますよね!
第三者の介入を必要とせず、全自動で購入ができる為、スマートにコントラクト(契約)が出来ます。

しかし、コンビニの場合は、商品確認→決済(金額確認)→おつり→商品手渡し、など複数の手順が必要になります。
もしコンビニが全ての商品を自動販売機で購入できれば無茶苦茶早いですよね?

Dapps(分散型アプリケーション)と認められるには

Dapps(分散型アプリケーション)は3つの大きな定義を満たす事が必要なんです。

①アプリケーションはオープンソースでないといけない

・開発者等の中央集権がコントロールしない。
・ブロックチェーン上で暗号化され分散化されており、全て自動的に執行される。

②トークンを利用する

・アプリケーションを利用する時には、かならずトークンを使用する。
・アプリケーションの利用料・報酬・支払い等は、全てトークンによって行われる。

③改善はユーザーが意見を出し合意の上行う

・開発者等の意見ではなく、アプリケーションを使用しているユーザー達の要望によって、改善を行っていく。
・改善するにはユーザーの合意が必要。

以上3つの定義を満たす事によって、Dapps(分散型アプリケーション)として認められます。

Dapps(分散型アプリケーション)で出来る事

では、具体的にDapps(分散型アプリケーション)で出来る事を紹介していきます。
実は既にDapps(分散型アプリケーション)は存在します。

その 大きな事例としては「ビットコイン:BTC」 です。
3つの定義に全てあてはまるアプリケーションになります。

Dapps(分散型アプリケーション)のメリット、前項でもご紹介いたしましたが、 全てを一手に仕切る司令塔が居ないと言う事 です。
みんな一致団結して、一つの定義の中で成長していけます。

その為、下記の様な事が実現します。

Dappsがアプリゲームの不透明性を透明化!

①ガチャ確率の不透明を改善

たとえば、私も以前やっていたモンストがあります。
最近ではガチャの「当たり」確立はオープンになっていますが、本当にその数字なのか?と思った事ありませんか?

そういった、 ゲーム内のガチャガチャの「当たり」確率を、開発者が意図的に変更出来ない様 に出来ます。
そして、ゲームをクリアする事で得たトークンを使ってガチャを引く事もできます。

②チーターの排除と防ぐ

オンラインゲームには必ず、チーターが現れます。
ゲームの情報を改ざんしパラメータをいじる強くする等です。

Dapps(分散型アプリケーション)であれば、暗号技術によって改ざんを行ったとしても、分散されたデータによって使用ができません!

③サバ落ちしない

どこかのサーバが全てのゲームを動かしていないので、データが消えたりしない。
サーバがハッキングされ、オンラインゲームが終焉を迎える・・・と言う心配もありません!

④ゲームで飯を食える

こんな夢の様な事ももちろん可能です。
 ゲーム内で稼いだトークンを、取引所で他の仮想通貨へ変更して、円に換金する事も可能 です!

 

Dappsによる分散型の仮想通貨取引所(DEX)

現状では、ビットフライヤー等の取引所に秘密鍵を預けて、仮想通貨の取引を行っております。そこにはハッキング等の様々な懸念点が考えられます。
コインチェックの様な事件が起こる可能性もあります。

しかし、分散型の仮想通貨取引所(DEX)が誕生すればそういったリスクがなくなります。
何故なら自分で秘密鍵を管理する事が出来ます。

分散型の仮想通貨取引所(DEX)は「Bitcoin Hush(BTCHコイン)仮想通貨について考察」でも取り上げさせて頂きましたよね^^

Dappsをギャンブル市場へ利用

具体的にギャンブルでどうやって使うんだ!ってなりますよね。説明いたします^^
ギャンブルは基本的にパチンコ等ではなく、競馬やスポーツ等の勝敗に対して、通貨をかけるギャンブルになります。

TOTOの場合は、日本スポーツ振興センターが全ての管理・配当等を行っています
そういった中央集権ではなく、 Dapps(分散型アプリケーション)を活用して、中央集権(日本スポーツ振興センター等)を仲介せずにやりましょう!ということ です。

メリットは、本当に当たりが出てないのか?操作してないか?などの不透明な部分を、みんな管理してクリーンなギャンブルをしましょう!が可能です。

Dappsのストレージサービス

皆さんも一度はストレージサービスを使用した事があると思います。
例えば身近なサービスで、iCloudがあります。

iCloudはApple社が全てのユーザーデータを管理している状態で中央集権になります。
しかし、万が一Appleがハッキングされた場合、とんでもない事件になります。

そこで、Dapps(分散型アプリケーション)によって、 自分のPCにストレージあるから誰か使ってもいいよって!ってストレージを貸しあう事 が出来ます!

そして借りた人は、貸した人へトークンで報酬を支払う形です!
もちろんブロックチェーンにより暗号化されているので、預けているデータが盗まれるって事もありません!

身分証明のデジタル化

以前メンレバでもご紹介させて頂いた「ICO Pass(ICOPコイン)仮想通貨について考察」が正にやろうとしている事です。
現在、身分証明は免許書等、紙による照明しか出来ません。

その為、パスポートの改ざん、身分証の改ざんなどが起き、様々な事件を起しています。
しかし、身分証自体をDapps(分散型アプリケーション)に出来れば、誰にも改ざんされずに、年齢確認や口座開設等がスムーズに行う事が可能です。

ICOPass仮想通貨は、この中でも口座開設時の問題としてKYCの改善を目指しています。
KYCとは銀行にて新規口座を開く際に、要求される書類手続き等の事柄を言います。

これがDapps(分散型アプリケーション)出来ればノーペーパーでスムーズに口座開設が可能です。

Dapps(分散型アプリケーション)のアプリ紹介

実は、既にDapps(分散型アプリケーション)は存在します!
その事例をご紹介して参りますね^^

ゲーム:Etheremon

イーサエモンはイーサリアムネットワーク状に構築された分散型アプリケーションゲームなんです!
公式サイト:https://www.etheremon.com/

ここでは、詳しい説明は省かせて頂きますが、どこかで見たようなモンスターが複数登場しております!
簡単に説明するとほぼ「ポケモン」と同じです。しかし、モンスターを売買することで、利益を出す事も可能です!

これ以外のもドンドン追加予定です!><

既に日本企業もDapps(分散型アプリケーション)開発を行っていた!

と大きな事を言いましたが、色々調べてみましたがまだ日本で公表されているDapps(分散型アプリケーション)は無いみたいですね。。
おそらく2018年はDapps(分散型アプリケーション)元年で日本でも数多くの発表があると嬉しいですね!

Dapps(分散型アプリケーション)でこんなアプリができたら面白い

では、ここからは個人的にこんなDapps(分散型アプリケーション)が出来たら言いなって思う事を書いていきます^^
既に開発中のDapps(分散型アプリケーション)があるかも知れませんが・・・

通信料のデータ量をDapps(分散型アプリケーション)

これは、オンラインストレージと少しにていますが、スマホの通信容量って人それぞれ決まっています。※もちろん無制限もありますが・・・
そこで、 余っている人のデータ通信量を、足りていない人のデータ通信量へ売買する仕組み です。

もちろん、余ったデータ通信量を売った人には、トークンによる報酬を与えます。
現在は、あまったデータ通信量を家族にあげるサービスを「au」で行っていますが、中央集権型です。

しかもデータ通信料は不透明な部分が多く、本当にこんなに使ったの?って思いますよね!
その点もしっかりブロックチェーンで透明化できますので、問題解決できます!

問題は、そもそもデータ通信量は中央集権が管理(au等)しているので、そこが難しいかもしれませんね・・・
auが独自トークンを発行してデータ通信量売買のDapps(分散型アプリケーション)が出来たら面白いと思うんですが・・・

Dapps(分散型アプリケーション)の出会い系アプリ

出会い系アプリはすべて情報が改ざんされているといって良いでしょうか・・・
年齢だったり身長だったり・・・

そこでDapps(分散型アプリケーション)で出会い系アプリを構築して、データ改ざん出来ないようにします!
そうする事で、プロフィールの信憑性を向上させる事が可能です。

女性側は、積極的に男性とやり取りを行う為、やり取りを行う毎に独自トークンを報酬として得ます。
もちろん男性側も同じく独自トークンを得る事ができます。

そして貯まったトークンで、プロフィール項目を増やせたり?写真の点数を増やしたり?
自分で出会い系アプリ内の成長を行っていく感じですね!

 本当に信憑性があって、さくらもいない出会い系アプリが出来たら面白い と思います。

Dapps(分散型アプリケーション)で病院カルテ

病院に行った時、かならず病院では、全ての患者さんのカルテを書きます。
そして、現状は各病院でカルテを管理しているので、横のつながり(病院=病院)がありません。。

その為、病院を変え度に初診料を取られますよね。。これが実にうっとおしいと思いませんか?
そこでDapps(分散型アプリケーション)です!

 一度でも病院に行った事がある人は、かならずDapps(分散型アプリケーション)でカルテが管理され、情報の共有・透明化 が出来ます。
しかも、データの改ざんをされる事もありません!

しかし問題は独自トークンです。。
病院の院長が患者のデータを追記する事で、独自トークンを発行。
そして、そのポイントで新たな患者が来たときに、カルテを閲覧する時に使用する・・・

う~~~んちょっと難しいなか?でもあの毎回の初診は改善できそうですが・・・

Dapps(分散型アプリケーション)で履歴書

履歴書を改ざんする事はないかもしれませんが、自らの生い立ちや出身校・過去の経歴・取得中の資格などをDapps(分散型アプリケーション)で管理できればいいと思いませんか?
そうする事で、履歴書を書くことも不要になり、履歴書を郵送する手間等が一気に省かれます。

そして、情報はブロックチェーンにより暗号化されます。
必要に応じて開示することができ、企業側もスムーズな求人募集が出来ると思います。

独自トークンの使い方は、就職が決まった企業から一部給料をトークンで支払いとか?
う~~んちょっと現実味がないかな?

Dapps(分散型アプリケーション)で不動産サイト

現在、殆ど不動産は、不動業者が仲介を行っています。
売買賃貸共に、仲介を行い、その手数料で、不動産業者は収入を得ています。

そして、売買賃貸共に複数の検索サイトにいくつもの重複した物件紹介が乱立します。
探す側にとって、複数検索ある事でとても情報を得るのがめんどくさい状態です。

しかも、その情報は登録業者によって無作為に内容を変更され偽りも文言もちらちら・・・
もしこういった物件情報を「家主」自信がきっちり管理して、仲介手数料を定義すれば、もっと快適な物件探し(契約まで)ができる気がします。

とくに不動産の契約は、銀行の口座開設並に複数の書類を必要とし、入居まで時間が必要です。
契約をスマートコントラクトでスムーズに出来ます。

物件自体の情報もブロックチェーン技術により、共有及びオープンに閲覧が出来ます。
しかし、日本の場合は不動産を扱う上、様々な免許が必要になる為、ハードルは高いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
Dapps(分散型アプリケーション)はWEB3.0などとも言われています。

今後間違いなく、社会の常識を打ち破ると思います。
そして、Dapps(分散型アプリケーション)ポイまがい物も今後増えてくると思います。

今後もDapps(分散型アプリケーション)に関して面白い案ができましたら追加していきます!
いらない!とは言わせません^^

運営より

ABOUTこの記事をかいた人

メンレバ編集長 山下

10代の頃からナンパに明け暮れ、気付けば女遊びだけの人生を今まで送ってきました。記事では様々な女性遍歴から女性を口説く為のトークや流れなどを細かくご紹介して参ります。 口先ではなく、全てはノンフィクション(実話)です。 是非、実戦して下さい。