SBucksToken(SBTコイン)仮想通貨について考察

どうも運営です。
2018年3月15日にコインエクスチェンジ(coinexchange)へ新規上場したSBucksToken(SBTコイン)について考察してみました。

SBucksToken(SBTコイン)を購入検討されている方は参考にして頂けると幸いです。

SBucksToken(SBTコイン)の概要(パラメーター)

ジャンル チームに3人の白人ハッカーがいるトークン
発表内容
公式サイト https://sbtoken.net/
ツイッター
フェイスブック
コイン名 SBucksToken(SBTコイン)
単位 SBT
供給量(発行枚数) 8,000,000,000SBT(80億枚)
テレグラム
ホワイトペーパー
ロードマップ
ウォレット https://sbtoken.net/downloads/

SBucksToken(SBTコイン)を購入できる取引所

コインエクスチェンジより購入が可能です。
URL:https://www.coinexchange.io/

コインエクスチェンジ(coinexchange)での購入方法はこちらを参照下さい。

coinexchange(コインエクスチェンジ)での買い方・売り方をご紹介

2018.01.12

基軸通貨が購入できる取引所

BTC・ETHを購入するには、日本の仮想通貨取引所への口座開設が必要です。
まずは、基本的に口座開設までには確認ハガキ到着含め、2週間程要します。

しかし、ヒットフライヤーの場合は、本人確認ハガキの到着を待たずに口座開設及び、取引が可能です。

ビットフライヤーはこちら:https://bitflyer.jp

youtube

SBucksToken(SBTコイン)の現在価格

コインエクスチェンジ(coinexchange)にて御確認下さい。
https://www.coinexchange.io/market/SBT/BTC

SBucksToken(SBTコイン)の性能等

それでは、公式サイトなどをもとに考察させていただきます。
公式サイト以外の情報源がほとんどございません。

その為、あまり意味のある情報提供ができないと思います><
以下、公式サイトからGoogle翻訳にて引用です。

新しい時代のcryptocurrency。

ソフトウェア証明アシスタントとの正式な推論は、比較的簡単に、シンプルで機能的な意味を持っていBlockchain技術コイン。これは、スマート契約を開発した人々が、プログラムの正当性を正式に検証する手段を提供します。
SBucksTokenには、さまざまな有限ビットワードの加算、減算、乗算などのいくつかの低レベル関数が記述されており、形式的にその正しさが検証されています。これらを使用して、楕円曲線加算や乗算、ECDSA署名検証、SHA256圧縮関数などの中間レベル関数を構築しました。
これは、SBucksTokenで簡単なシングルおよびマルチ署名検証プログラムを作成するのに十分です。正式にSHA-256の圧縮機能が正しいことを確認し、残りの機能を正式に検証する予定です

ここで気になるのは、SHA256圧縮関数であるとい思います。
しかし、いろいろ調べてみましたが、ビットコインでもSHA-256とRIPEMD-160の2つのハッシュ関数が使われています。

チーム

公式サイト:https://sbtoken.net/about-us/

公式にもございますが、8人のチームで構成しております。

私たちは、2人のネットワークエンジニア、3人の白人ハッカー、1人のRed Hatハッカー、および2人のソフトウェアエンジニアからなる若いチームです。私たちの間で長年にわたって幅広い知識が保持されています。

ちょっとハッカーと言うのが頼もしくもあり、信頼できない気持ちにもさせますね・・・

SBucksToken(SBTコイン)今後の可能性

情報量がとても少ないため今後の判断がとても難しいです。
しかし、ハッカーがチームに関係している時点で少し気が引けます。

ホワイトハッカーであれば問題ないと思いますが。。

新規上場した仮想通貨の考察まとめ【掲載コイン数100種類以上!】

2018.02.05

ツイッターでの反応


ABOUTこの記事をかいた人

yamashita

10代の頃からナンパに明け暮れ、気付けば女遊びだけの人生を今まで送ってきました。記事では様々な女性遍歴から女性を口説く為のトークや流れなどを細かくご紹介して参ります。 口先ではなく、全てはノンフィクション(実話)です。 是非、実戦して下さい。