NANJCOIN(NANJコイン)仮想通貨の購入方法や価格について考察

どうも運営です。
2018年3月16日にコインエクスチェンジ(coinexchange)へ新規上場したNANJCOIN(NANJコイン)について考察してみました。

スポーツ(特に野球)大好きなんJ民が作り上げた 日本発の仮想通貨『NANJCOIN』 です!
また、NANJ SDKの開発等、とても期待できる材料が揃っている楽しみなトークンです。

NANJCOIN(NANJコイン)を購入検討されている方は参考にして頂けると幸いです。
5月4日に英国大手取引所「hitbtc」へ上場いたしました。

NANJCOIN(NANJコイン)の概要(パラメーター)

ジャンル  世界的にも珍しいスポーツに特化したトークン
発表内容  https://bitcointalk.org/index.php?topic=3061342
公式サイト  https://nanjcoin.com/
NANJオフィシャルグッズストア  https://nanjcoin.official.ec/items/11822293
ツイッター  https://twitter.com/nanjcoin
フェイスブック  https://www.facebook.com/nanjcoin/
コイン名  NANJCOIN(NANJコイン)
単位  NANJ
供給量(発行枚数)  30,000,000,000NANJ(300億枚)
ディスコード  https://discordapp.com/invite/xa94m8F
ホワイトペーパー  https://nanjcoin.com/white_paper.pdf
ロードマップ  公式中段に有り
ウォレット  https://www.myetherwallet.com/

 

NANJCOIN(NANJコイン)を購入できる取引所

現在NANJCOIN(NANJコイン)を購入できる取引所は二ヶ所です。
共に国内ではなく、海外の仮想通貨取引所になります。

・コインエクスチェンジ(米国)
・HitBTC(英国)
・Stocks.exchange(NEW
・MIDEX(NEW

国内の場合は、法定通貨(円)にて仮想通貨を現物取引可能です。
しかし、海外の場合は法定通貨(円)での購入が出来ない為、まずは予めBTC(ビットコイン)の購入が必須です。

NANJCOIN(NANJコイン)購入までのフローチャートを紹介します。

購入までのフローチャート
①国内取引所にて口座開設
②購入金額を口座へ入金
③基軸通貨BTCを購入する
④海外取引所に登録
⑤BTCを海外取引所へ送金
⑥NANJコインをBTC建てで購入

スムーズ各工程が進めば約1週間で購入可能です。
おすすめの国内取引所や海外取引所の登録方法は、次項にて詳しく紹介いたします。

 

コインエクスチェンで購入する場合

コインエクスチェンジからNANJCOIN(NANJコイン)を購入する方法は下記よりアクセス下さい。

NANJCOIN購入はBTC建てのみです。予めBTCを保有する必要がございます。
コインエクスチェンジ(coinexchange)での購入方法はこちらを参照下さい。

coinexchange(コインエクスチェンジ)での買い方・売り方をご紹介

2018.01.12

CoinExchange(コインエクスチェンジ)の登録方法を詳しく紹介

2018.05.10

 

HitBTCで購入する場合

5月4日より新たな仮想通貨取引所での取引が開始されました。
hitbtc」が新たに追加される仮想通貨の取引所です。

売却・購入共に「hitbtc」より行う事が可能です。

しかもHITBTCの取引高は世界なんと4月28日時点で第9位です!
これは日本の取引所のどこよりも高い取引高です。これがどう言う意味を示すかもうお分かりかと思います。

世界の取引所取引だからランキング:https://coinmarketcap.com/exchanges/volume/24-hour/all/

取扱い通貨も多く、メジャーコインから草コインそしてNOAH・PATRONなどの馴染のあるコインも上場を行っています。

また、日本語への対応も行っており安心できます。(現在排除されています)
しかし、少し心配なことは取引量が増えるとバイナンスの様に金融庁名指しで指摘されないかということですね・・

ちなみにリスクがビットフライヤーへ新規上場した際は、価格が大きく高騰しております。
今回も確証はできませんが同じ展開が予想されます。

簡単なHitBTCの登録方法

①「hitbtc」へアクセスして頂き、赤いボタンメイン画像のチャート右を確認

②「Email」と「Password」を入力して最後に赤いボタン「Start trading now」をクリック

③登録したか「Email」へ確認メールが受信されます。URLをクリックすると登録完了です。

※必ずメールに記載の「確認コード」を保存コピーしておきましょう!

 

MIDEXで取引する場合

6月下旬にとても大きな発表がございました。
それはNANJコインの「MIDEX上場」です。

では何故MIDEX上場が騒がれているのか?具体的に説明します。

一部法定通貨での取引が可能に

現在NANJコインは「BTC」建てしか取引できませんでした。
しかし、MIDEXへ上場することで法定通貨「JPY、USD、EUR」などで購入することが可能です。

これは一気に購入の敷居が低くなります。
BTCを購入して他の取引所へ送金してNANJコインを購入して・・・など多くの購入工程をカットできます。

 

他の取引通貨がそうそうたるトークン

NANJコイン以外にもMIDEX取引スタートと共に上場します。
そのトークンがなんとも凄いんです・・・

これはとてもブランディングになります。

 

手数料がとにかく安価

直接「JPY」で購入することができる為、その時点で手数料を抑えることが出来るのですが「取引手数料」「出金手数料」も安価なんです。

・出金手数料:1NANJ
・取引手数料:0.1%

 

日本で基軸通貨が購入できる取引所

BTC・ETHを購入するには、日本の仮想通貨取引所への口座開設が必要です。
まずは、基本的に口座開設までには確認ハガキ到着含め、2週間程要します。

しかし、ヒットフライヤーの場合は、本人確認ハガキの到着を待たずに口座開設及び取引が可能です。

ビットフライヤーはこちら:https://bitflyer.jp

関連記事:仮想通貨取引所で即日(当日)口座開設を行うには

 

youtube

 

NANJCOIN(NANJコイン)の現在価格

取引所ごとによって多少の乖離(差)が発生します。
中には取引所間の差額で利益を出す「アービトラージ手法」を行う方もいます。

 

NANJCOIN(NANJコイン)の性能等

それでは具他的にNANJコインの魅力にや性能について紹介してまいります。
NANJコインを語る上で大きく4つの説明をさせて頂きます。

・NANJ SDKの開発
・スポーツに特化したトークン
・eスポーツ関連
・NANJAPPの開発

それでは具体的に順追って説明させて頂きます。

 

NANJ SDKの開発

NANJSDKの特長は以下です。
・NFC(無線通信)にて決済対応が可能
・QRコードでの決済対応
・イーサリアム不要で支払い可能(GASの代わりにNANJを使用)
・NANJサーバーが利用者の代わりにGASを支払い、手数料でNANJを徴収
・SDKを使って動いたNANJCOINはブロックチェーン上に全て記載される(全ての動きがブロックチェーン上で動く為、リスクが低い)
・イーサリアムベースのコインであれば、サーバを用意するだけで導入可能(今後特許取得を予定)

※GASって?:イーサリアムアプリの稼動手数料「燃料」なので「GAS」と呼ばれます。

また、NANJSDKを使用しアプリ開発を行った場合、決済時に送金額の0.5%を毎月キャッシュバックされます。
具体的な対応トークンなどは解り次第追記して参ります。

それでは、公式サイトなどを元に考察させて頂きます。
なんとNANJCOIN(NANJコイン)は、日本で始めてERC223規格に準拠したEthereumトークンなんです!

※ERC223規格とは?
ERC20の問題を解決すべく開発された定義です。
・送金ミスの防止機能
・送金手数料の低価格化(ほぼ半額)
・悪い人達を凍結

 

NANJCOIN(NANJコイン)はスポーツに特化したEthereumトークン

元々は「2ch.sc」の「なんでも実況J板」から立ち上げられたEthereumトークンで、通称「なんJ民」によって開発・運営されています。
世界的にも珍しいスポーツに特化したトークンになっています。

将来的には、スポーツに関連する決済手段に使用されたり、選手のバックアップ、チームの寄付援助にと活用方法は明確です。

 

NANJCOIN(NANJコイン)世界のスポーツ業界を救う?

現在、日本では実力はあるけど、資金が無いため泣く泣くその道を諦める選手がたくさんいます。
最近、冬季オリンピックで金メダリストとなった「小平奈緒」選手もスポンサー探しに苦労したといいます。

そこで、救いの手を差し伸べたのが「相沢病院」です。
留学費用等含め年間2000万以上を支援されました。

世の中には、先程申しましたが実力があるが、資金がない・・・と言う方はたくさんいると思います。
そういった方々に「NANJCOIN(NANJコイン)」が使われるといいですね!

もちろん個人だけではなく、公式サイトに記載がありますが、資金難に陥っている野球チームや、支持層の少ないスポーツ等。
そして、スポーツファンと選手やチームがより一丸となって距離を縮める役割を担って欲しいと思います。

 

そしてeスポーツへの波及

また、コインポストの取材によると、eスポーツへの波及も視野に動いているとの事です。
近年、eスポーツは大きな成長を見せており、日本でも間違いなく人気のスポーツになるといわれています。

eスポーツのチームに対してのNANJCOINを使用した資金提供等も、近い未来可能になるかもしれません。

 

ビットキャッシュとタッグを組み「CYCLOPS」を応援

5月22日NANJコインがビットキャッシュとタッグを組みeスポーツチーム「CYCLOPS」を応援する企画が実現しました。
コインポストの取材にてeスポーツへの波及に触れましたが、なんとこんな短期間で実現させるとは・・・

公式アナウンスHP:https://nanjcoin.com/campaign/esports201805/

ビットキャッシュは電子マネーサービスを展開しています。
全国のコンビニにて購入が可能で、オンラインゲーム・書籍・音楽など様々な分野で使用できます。あのLINEでも利用可能です。

 

NANJ APP(仮)の開発

またNANJCOIN(NANJコイン)では、ファンと選手・チームを繋げるだけではなく、ファン同士の横の広がりにも可能性があります。
NANJCOIN(NANJコイン)が提供するアプリによって、同じファン同士のコミュニティーをより発展させ、1人で試合観戦するのは・・・と億劫な人たちが集まってみんなで観戦も可能です!

そしてアプリを使って、ダイレクトに支援する事も可能なようです。
通常、支援を行う場合、いくつかの契約等が必要となり敷居は高いです。

支払いは「NANJ SDK」により行われます。
ロードマップでは2019~2020年にかけてスポーツ業界へ広告を通じて訴求を行います。

Googleなど大手WEBサービス法人が、仮想通貨関連の広告を禁止予定の中、どういった媒体へ広告を行っていくのかも注目したいですね!

 

NANJCOIN(NANJコイン)開発費ロックアップ

公式よりロックアップに関する発表が伝えらました。
「開発費15%(45億枚)を2018年5月1日から2019年4月30日までロックアップ」と決定しました。
これを受けて価格上昇が行われています。

ロックアップは価格高騰の材料になる可能性が高く、今後も動向が気になります。
※ロックアップとは簡潔に説明させて頂くと「鍵をかけて自由に売買できなくする」と言う意味です。

メリットは総供給枚数がが減ることにより、1枚当たりのトークン価値を高める事があります。
昨年リップルがロックアップを行う価格が高騰しております。

ロックアップのメリット
・市場に供給するトークン枚数が減るため、トークンの価値を高めることが可能
・需要と供給にあわせてロックアップ分を放出して市場を安定させる
・運営側が大量のNANJコインを一気に売却するのではという不安感をなくす

ここで少し気になったのは、ロックアップされてNANJコインの保管方法です。
ちなみにリップルの場合、エスクローというサービスを取り入れています。

その為、運営側が勝手にロックアップを開放できない仕組みをとっています。
NANJコインのロックアップ保管方法も気になる所です。

 

NANJCOIN(NANJコイン)チーム

公式サイトへ「MEMBER」が追加されました。
代表取締役CEO 森 裕司
代表取締役CEO&CFO 石 靖士
代表取締役CEO&CTO 小野良太
代表取締役CEO&CMO 弘田大介
取締役CCO 向井利邦
取締役CIO 下川和人
取締役CBO 谷口征嗣

がメンバーとして公表されました!
気になる方はフェイスブック等で調べてみてもいいかもしれませんね^^

個人的に調べてみましたが、お一人だけおそらく・・・と言う方にたどり着きましたがとてもお若そうでした!
みなさんWEB関係の会社を運営されているのかな?

 

NANJCOIN(NANJコイン)今後の可能性

この機会にスポーツ関係の支援について色々調べてみると既にサービスを行っている会社もあります。
例えば「ALLEZ! japan」様々な選手やチームにクラウドファンディングが可能です。

そして、支援してくれた人には、支援金額に応じてサービスがあります。プライベートレッスンやサイン等様々です。
では、NANJCOIN(NANJコイン)のメリットは何があるのか?と考えますよね。

大きな違いは運営であると思います。
仮想通貨は、中央集権ではなく、非中央集権です。

運営会社を徹底的に透明化することで、より安心して支援する事が可能です。
本当に支援した金額は全て選手に回っているのか?
手数料を少しでも低くして出来る限る支援金に回したい。

等、選手にとってもファンにとってもメリットは大きいと思います。
また、発行枚数が多く感じますが今後Burnやロックアップを行いコイン自体の価値を高めていくと考えます。

そしてコミュニティーが活発でセルフロックアップ等も行ったいますので、興味がある方は是非ディスコードへ参加してみましょう!
日々数千人のオンライン人数でとても賑わいがありますよ^^

ディスコードはこちら:https://discordapp.com/invite/xa94m8F
※ディスコードとは仮想通貨関連にてよく利用されるチャットツールです。

ちなみに私も少量ですが購入させて頂きました^^
他記事にて「NANJコインが幾らまで高騰するのか予想してみた!」も考察しておりますので是非ご閲読下さい^^

 

運営の能力が高い

既にNANJコインを購入されていて、ツイッターやディスコードを確認している方はわかるはずです。
他の国産トークに比べ、運営からの情報発信が早い!これは保有するユーザーにとってとても安心できます。

先日のコインエクスチェンジによる一方的な「DOGE建て取引開始」の時も、情報がリアルタイムで発信されました。
そういった連絡連絡相談「ほうれんそう」が実に早く、不安感を払拭しています。

その後、コインエクスチェンジへの交渉によって「「DOGE/NANJ」は取引を中止しました。
取引所優位な体制の中、取引を取りやめるに至った交渉能力は凄い事です。

 

NANJコインサポート制度

NANJコインでは、サポートー制度があります。
ユーザー自身がNANJコインの繁栄に協力すると言う、新たな試みが始まるようです^^

関連記事:NANJコインがNANJサポート制度を発表

 

Cosplay Tokenとパートナーシップを締結

2018年6月初日にNANJコインは「Cosplay Token」プロジェクトとパートナーシップを締結しました。
今後は国内・世界に向けたマーケティング活動に加え、経済的な結びつきが強いカテゴリにて新しい価値を共に創っていくとのことです。

締結のメリットは?

・双方のプラットフォームを横断してもトークンの相互互換が可能
・ユーザーの利便性が高まり流動性が向上する
・「共存共栄」による相乗効果が見込める

締結の詳細はこちら:https://nanjcoin.com/blog/wp-content/uploads/2018/06/

 

国内仮想通貨取引所へのアプローチ

コインポストの取材によると「国内仮想通貨取引所」へのアプローチも行っているとの事です。
しかし、上場時期など具体的な公表はございません。

金融庁や仮想通貨関連の団体によって、しっかり体制を整えて段階で国内上場も期待できそうですね。
現在、公式サイドとしては取扱取引所の分散を図る動きを活発化させています。

NANJコインの取扱取引所を分散させるメリットは以下の通りです。

・取引所を増やし広告訴求が可能
・分散し一極集中している売り圧を解消
・アビトラを行うユーザーが増え流動性向上に繋がる
・ホルダー増加による市場健全化
・世界的な経済圏構築を目指す上での布石

などがございます。
まず、外堀(海外)を固めてといったかんじでしょうか。

今後も新しい情報が入り次第、更新して参ります。

新規上場した仮想通貨の考察まとめ【掲載コイン数100種類以上!】

2018.02.05

 

ツイッターでの反応


ABOUTこの記事をかいた人

yamashita

10代の頃からナンパに明け暮れ、気付けば女遊びだけの人生を今まで送ってきました。記事では様々な女性遍歴から女性を口説く為のトークや流れなどを細かくご紹介して参ります。 口先ではなく、全てはノンフィクション(実話)です。 是非、実戦して下さい。