SipsCo(SIPSコイン)仮想通貨の買い方や今後を考察

どうも運営です。
2018年4月18日にコインエクスチェンジ(coinexchange)へ新規上場したSipsCo(SIPSコイン)について考察してみました。

ブロックサイズ100MBかも知れない謎のアルトコインです。
SipsCo(SIPSコイン)を購入検討されている方は参考にして頂けると幸いです。

SipsCo(SIPSコイン)の概要(パラメーター)

ジャンル  システム統合支払いシステム
発表内容
公式サイト  http://sips-token.com/
ツイッター
フェイスブック
コイン名  SipsCo(SIPSコイン)
単位  SIPS
供給量(発行枚数)  91,000,000,000SIPS(910億枚)
テレグラム
ホワイトペーパー
ロードマップ
ウォレット  wallet

SipsCo(SIPSコイン)を購入できる取引所

コインエクスチェンジより購入が可能です。
URL:https://www.coinexchange.io/

コインエクスチェンジ(coinexchange)での購入方法はこちらを参照下さい。

coinexchange(コインエクスチェンジ)での買い方・売り方をご紹介

2018.01.12

基軸通貨が購入できる取引所

BTC・ETHを購入するには、日本の仮想通貨取引所への口座開設が必要です。
まずは、基本的に口座開設までには確認ハガキ到着含め、2週間程要します。

しかし、ヒットフライヤーの場合は、本人確認ハガキの到着を待たずに口座開設及び、取引が可能です。

ビットフライヤーはこちら:https://bitflyer.jp

関連記事:仮想通貨取引所で即日(当日)口座開設を行うには

youtube

SipsCo(SIPSコイン)の現在価格

コインエクスチェンジにて御確認下さい。
https://www.coinexchange.io/market/SIPS/BTC

SipsCo(SIPSコイン)の性能等

それではかなり少ない情報ですが考察してみます。。
ちょいちょいこういった全く情報がない上場コインが出るんですが、逆に燃えますよね絶対情報見つけてやろうと^^

公式の情報によるとSipsCo(SIPSコイン)は「システム統合支払いシステム」の開発を行っています。
既存の決済システムに統合可能なブロックチェーン技術ベースのデジタル決済システムです。
下記はどういった事なのでしょうか?

SIPSは、ユーザーがSIPSの開発を通じて複数のデジタル通貨を除くことを可能にします。これらの通貨は、インターンSIPS交換のSIPSトークンに自動的に交換されます。

ちょっと詳しく解りませんが恐らくですが、SIPSはオープンソースで、既存決済システムに統合後、様々な仮想通貨が使用ですきる。
そして送受金の際に、SIPSコインへ自動変換し送金されるという事かな?

そして、公式によると「安定してレート」を目指すとの事です。
ボラが少ないという事ですね。

チーム

チームは公表されていません。

SipsCo(SIPSコイン)の今後について

発行枚数が大変多いです。
しかし、現段階ではコインエクスチェンジに多少の買いが入っています。

とは言っても殆ど1satoshiですが・・・
内容だけ見てはとても有能かと思いますが、やはり人は見た目を重要視するとこがあり、HPのデザインや情報発信の少なさは不安感が出ますよね。。

もし私だったらまずはそういった部分をしっかりブランディングしますが。。
少し話がずれましたが、公式にもありますがブロックサイズ= 100MB(これは目的に合っている必要があります)と謎の記載がございます。

ちょっと謎な部分がありますが、楽しみなコインです。

新規上場した仮想通貨の考察まとめ【掲載コイン数100種類以上!】

2018.02.05

ツイッターでの反応


ABOUTこの記事をかいた人

yamashita

10代の頃からナンパに明け暮れ、気付けば女遊びだけの人生を今まで送ってきました。記事では様々な女性遍歴から女性を口説く為のトークや流れなどを細かくご紹介して参ります。 口先ではなく、全てはノンフィクション(実話)です。 是非、実戦して下さい。