Populous(PPTコイン)仮想通貨の買い方や今後を考察

どうも運営です。
2018年4月20日にコインエクスチェンジ(coinexchange)へ新規上場したPopulous(PPTコイン)について考察してみました。

Populous(PPTコイン)を購入検討されている方は参考にして頂けると幸いです。

Populous(PPTコイン)の概要(パラメーター)

ジャンル  P2Pインボイス(請求書)割引プラットフォーム
発表内容  https://bitcointalk.org/index.php?topic=1866936.0
公式サイト  https://populous.world/
ツイッター  https://twitter.com/bitpopulous
フェイスブック
コイン名  Populous(PPTコイン)
単位  PPT
供給量(発行枚数)  53,252,246 PPT(5325万2246枚)
テレグラム  https://t.me/joinchat/HeQm1Ugjn32zhpJyBza8OA
ホワイトペーパー  http://populous.co/populous_whitepaper.pdf
ロードマップ
ウォレット

Populous(PPTコイン)を購入できる取引所

現在バイナンスにて購入可能です。

基軸通貨が購入できる取引所

BTC・ETHを購入するには、日本の仮想通貨取引所への口座開設が必要です。
まずは、基本的に口座開設までには確認ハガキ到着含め、2週間程要します。

しかし、ヒットフライヤーの場合は、本人確認ハガキの到着を待たずに口座開設及び、取引が可能です。

ビットフライヤーはこちら:https://bitflyer.jp

関連記事:仮想通貨取引所で即日(当日)口座開設を行うには

Populous(PPTコイン)の現在価格

Populous(PPTコイン)の性能等

Populous(PPTコイン)はブロックチェーン技術を使用したインボイスファイナンス(売掛金担保融資)プラットフォームです。
インボイスファイナンスって私も始めて聞いた言葉だったので調べてみました。

売掛金担保融資とは?

売掛金担保融資とは、その名の通りで「売掛金」を担保にして融資を受けるという事です。
すなわちPopulous(PPTコイン)は売掛金を担保にして融資を受けたい人と、融資をしたい人を結ぶプラットフォームです。

また、売掛金担保融資にて融資を受けて支払いが滞った場合は、融資した企業がインボイス(請求書)を譲渡される事で、融資金額を回収します。
日本では一部銀行が行っています。

しかし、その手続きは非常に多く簡素化や改善が中小企業庁によって行われています。
URL:http://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/urikake_kaizen.html

Populous(PPTコイン)はスマートコントラクトでストレスフリー

前項でも紹介しましたが、手続きがとても複雑です。
その為、Populous(PPTコイン)は独自のスマートコントラクトとブロックチェーン技術を組み合わせ、第三者を介さずP2Pで直接つなげ様という事です。

これが実現する事で、融資を受けたい企業と、融資をしたい企業が効率的に繋がり、低コストで行える様になります。

リアルタイムデータベース

またPopulous(PPTコイン)は、XBLデータによって企業の情報を厳重かつリアルタイムで保存しています。
その為、融資する側も安心して決行できると言う訳です。

その情報源は「UK Companies House」になり毎年収集している200万件を超える財務諸表のデータから形成されています。
「UK Companies House」は簡単に説明すると東京商工リサーチや帝国データバンクの様な存在だと思います。

開発にいたった背景

開発の動機となったのは、多くの中小企業が短期的な資金繰りで苦労しているという現状だ。企業側が事業を成長させる上で融資を受けたくても、銀行側は資金の流動性の低い企業への融資を躊躇する。
そこで近年需要が急激に伸びているのが、「インボイス・ファイナンス(売掛金担保融資)」だ 。インボイス・ファイナンスは既に2014年の時点で2兆3500万ユーロを超えており(約 256兆6343億円/前年比6%増)、3兆ドル (約337兆500億円)に達すると予測されている(ハイブ調査)。
ブロックチェーン技術を取り込み、安全性や透明性、利便性を向上することで、さらなる飛躍が期待できる可能性は高い。

銀行からの融資がおりない・・・躊躇している。これは日本だけではなく世界的な問題なんですね。

価格固定による安心

融資に関わる資金は全て「Pokens」と言われるトークンでやりとりされ、価格は取引される法定通貨と1:1で固定されています。
いわゆるペッグ通貨に近い感じです。

確かに融資を受けたけどボラが激しくて目減りしてしまっては意味が無いですよね。。

チーム

不明

Populous(PPTコイン)の今後について

とても今後が注目されるトークンです。
しかも既にインボイスファイナンスを利用している英国全土には4万社以上の企業が存在しています。

これは、Populous(PPTコイン)を使用している企業ではなく、インボイスファイナンスを行っている企業です。
この内、どれだけの企業がPopulous(PPTコイン)を使用するかがとても重要になります。

今までの手続きがスマートコントラクトで融資が早く受ける事ができるのは中小企業にはとても好材料です。
また、英国内だけではなく、仕組み的には世界からの融資を受ける事ができれば面白いですよね!

まぁ国をまたぐリスクは大きいですが・・・

新規上場した仮想通貨の考察まとめ【掲載コイン数100種類以上!】

2018.02.05

ツイッターでの反応

ABOUTこの記事をかいた人

yamashita

10代の頃からナンパに明け暮れ、気付けば女遊びだけの人生を今まで送ってきました。記事では様々な女性遍歴から女性を口説く為のトークや流れなどを細かくご紹介して参ります。 口先ではなく、全てはノンフィクション(実話)です。 是非、実戦して下さい。