HTMLCOIN(HTMLコイン)仮想通貨の買い方や今後を考察

どうも運営です。
2018年5月25日にコインエクスチェンジ(coinexchange)へ新規上場したHTMLCOIN(HTMLコイン)について考察してみました。

HTMLCOIN(HTMLコイン)は数少ない ICOを行わずに取引所へ上場しているトークン となりますので是非チェックして下さい。

HTMLCOIN(HTMLコイン)を購入検討されている方は参考にして頂けると幸いです。

HTMLCOIN(HTMLコイン)の概要(パラメーター)

ジャンル  強力な教育基盤を提供する事業
発表内容  https://bitcointalk.org/index.php?topic=507215.0
公式サイト  https://www.htmlcoin.com/
ツイッター  https://twitter.com/HTMLCOIN
ディスコード
コイン名  HTMLCOIN(HTMLコイン)
単位  HTML
供給量(発行枚数)  9,000,000,000HTML(90億枚)
テレグラム  https://t.me/officialhtmlcoin
ホワイトペーパー  https://docs.wixstatic.com/.pdf
ロードマップ  https://www.htmlcoin.com/roadmap
ウォレット  https://www.htmlcoin.com/wallets

HTMLCOIN(HTMLコイン)を購入できる取引所

コインエクスチェンジより購入が可能です。
URL:https://www.coinexchange.io/

コインエクスチェンジ(coinexchange)での購入方法はこちらを参照下さい。

coinexchange(コインエクスチェンジ)での買い方・売り方をご紹介

2018.01.12

 

基軸通貨が購入できる取引所

BTC・ETHを購入するには、日本の仮想通貨取引所への口座開設が必要です。
まずは、基本的に口座開設までには確認ハガキ到着含め、2週間程要します。

しかし、ヒットフライヤーの場合は、本人確認ハガキの到着を待たずに口座開設及び、取引が可能です。

ビットフライヤーはこちら:https://bitflyer.jp

関連記事:仮想通貨取引所で即日(当日)口座開設を行うには

 

youtube

 

HTMLCOIN(HTMLコイン)の現在価格

 

HTMLCOIN(HTMLコイン)の性能等

それでは公式サイトなどを元に考察してまいります。
まずみなさんHTMLはどういう意味かご存知ですか?

web業界に携わる人であれば意味をご存知でしょう。
HTMLは「Hypertext Markup Language」略になります。

現在公開されているwebサイト・webアプリの殆どはHTMLにて構築されています。
HTMLCOINと名づけた理由は公式に記載があります。

「Htmlcoin」という名前は、このマークアップ言語の遺産を、私たちが達成しようとしていることの象徴として賞賛し、想起させることを目的としています。デジタル経済に参加するすべての人が利用できるオープンなビジネスモデル。公式サイトより引用

 

具体的なHTMLCOIN(HTMLコイン)のビジネス

HTMLCOIN(HTMLコイン)は構築するプラットフォーム通して、フリーランスが技術・能力・スキルを磨くのに必要な情報を提供します。
そして最終的にクライアントに対して質の高いサービスを提供できるよう努めていくのが根幹ビジネスです。

その為に、HTMLCOIN(HTMLコイン)はプラットフォームへeラーニング機能を設置し、web開発・プログラミング・オンラインマーケティングなどの新しいスキルを学ぶカリキュラムを促進します。
フリーランスにチャンスを提供する課題に直接取組んでいきます。

またプラットフォームの学習プログラムを拡張させ、数百人~数千人規模の参加者が集まる訓練所へ進化させると言っています。

プラットフォームで出来る事
■eラーニングプログラム
■モバイルアプリ対応
■フリーランスとクライアントを繋げる

 

まだまだその他にもプロジェクトが進行中

公式サイトの「ロードマップ」によるとプラットフォーム開発以外にも様々なプロジェクトが進行しています。

・電子商取引プラグイン(ワードプレス)
・ブロックチェイン技術に無人機のGPS座標を登録する特許
・Dapps開発(ゲーム)
・換金プラットフォームへのERCトークン追加
・P2P融資プラットフォーム

上記のように色々なプロジェクトが動いています。
個人的は「電子商取引プラグイン(ワードプレス)」がやはり気になりますね^^

これは是非実現して欲しいです。
具体的にはHTMLCOINをデジタル通貨として使用できるプラグインを開発しています。
ワードプレスで構築するwebサイトが多いので、実現した場合は大きな材料となりますね。

 

既に大企業・ベンチャーキャピタル(投資ファンド)・地方自治体へ交渉中

公式によると既に多くの企業や自治体と関わっています。
今後パートナーシップをメディアにて発表していくとのこと。

公式をGoogle翻訳した詳細は以下となります。

業界における進歩的な動きを示し、「ブランド名」としての地位を確立します。政府からの早期の肯定的なフィードバックは、脆弱なグループを現地市場に統合するための実用的で費用対効果の高い方法として、当社のプラットフォームへの関心が高いことを示しています。公式サイトより引用

 

BTCとETHの重要性を認識した独自ブロックチェーン

私たちのブロックチェーンプラットフォームを開発するとき、私たちは暗号世界と世界にBitcoinとEthereumの重要性を認識しました。両方のコインの側面を利用したプラットフォームを構築したかったのですが、使いやすく、すべての人がアクセスできるプラットフォームを構築したかったのです。その結果、分散型のモバイルアプリケーションを使用するBitcoinとEthereumの両方と同等の互換性を持つオープンソースのブロックチェーンコミュニティが実現しました。 Html BlockchainはBitcoinとEthereumのハイブリッドです。ブロックチェーンインフラストラクチャのUTXOモデルを利用していますが、Htmlcoinブロックチェーン固有の変更が加えられています。 Htmlcoinブロックチェーンプラットフォームは、スマートコントラクトの実用化に焦点を当てています。従来のインターネット企業のコンプライアンス要件を満たすために、オラクル、データフィード、および第三者からのアイデンティティモジュールを導入しています。また、分散アプリケーション開発にも焦点を当てています。Htmlcoinは、企業や個人の数多くの環境で使用できる分散型アプリケーションを多数提供するよう努めています。公式サイトより引用

上記の通り、HTMLCOIN(HTMLコイン)は独自のブロックチェーンを構築しています。
公式によるとUTXOはEthereum仮想マシン(EVM)と互換性を備えており、 EHT用に開発されたすべてのスマートコントラクトもUTXO上で機能させることが可能 

また、BTCとEHTの両方を組み合わせているので、BTCとETHはUTXO上に同時に存在させることが可能です。

 

チーム

https://www.htmlcoin.com/meet-the-team

 

HTMLCOIN(HTMLコイン)の今後について

これは個人的な意見なので購入する際は必ず他の記事をみて判断して下さい。
私はこの記事を書いている途中で一部保有するコインをBTCへ換金し購入しました。

Htmlcoinブロックチェーンの性能や事業内容などは、どれも魅力的です。
またICOを行っていないのと、価格もまだまだ安いです(5月25日時:9satoshi)

コミュニティーも活発です。
ツイッター:47837フォロー
フェイスブック:5000いいね・5200フォロー
テレグラム:11630名

そしてチームもしっかり公表されていますので安心できますよね。
その他にも「Yahoo!FINANCE」でも記事になっています。

個人的にもかなり楽しみなトークン上場で今後の動向が気になります。

新規上場した仮想通貨の考察まとめ【掲載コイン数100種類以上!】

2018.02.05

ツイッターでの反応


ABOUTこの記事をかいた人

メンレバ編集長 山下

10代の頃からナンパに明け暮れ、気付けば女遊びだけの人生を今まで送ってきました。記事では様々な女性遍歴から女性を口説く為のトークや流れなどを細かくご紹介して参ります。 口先ではなく、全てはノンフィクション(実話)です。 是非、実戦して下さい。