GANACOIN(GANAコイン)仮想通貨の購入方法と今後を考察

こんにちわ運営です。
今回は現在ICO実施中の医療用大麻に関係したGANACOIN(GANAコイン)を考察してみました。

GANACOIN(GANAコイン)を購入検討されている方は参考にして頂けると幸いです。

 

GANACOIN(GANAコイン)の概要(パラメーター)

ジャンル  流通プラットフォームを構築するプロジェクト
発表内容
公式サイト  https://ganacoin.io/
ツイッター  https://twitter.com/ganaproject
フェイスブック  https://www.facebook.com/GanaProject/
コイン名  GANACOIN(GANAコイン)
単位  GANA
供給量(発行枚数)  2,400,000,000GANA(24億枚)
テレグラム  https://t.me/gana_official
ホワイトペーパー  https://cdn.ganacoin.io/wp/GANAwhitepaper_v2.1_eng.pdf
ロードマップ  下記参照下さい
ウォレット

GANACOIN(GANAコイン)ロードマップ

2018年第1四半期:ICOを進める
2019年第1四半期:GANACOIN(GANAコイン)の参加者の拡大
2020年第2四半期:GANA 1.0サービスを開始

 

GANACOIN(GANAコイン)を購入できる取引所

GANACOIN(GANAコイン)はICO(2017年7月21日まで)に参加してトークンを購入します。
仮想通貨取引所にて購入はできませんのでご注意ください。

ICOに参加するには基軸通貨となる以下の仮想通貨を保有する必要がございます。
・ETH(イーサリアム)

仮想通貨 ICOのプレセールとクラウドセール情報【2018年8月更新】

2018.01.25

 

ICOで集まった資金の使用用途

上記の様に資金用途が明確になっている為、確証はできませんが安心できる材料です。

 

基軸通貨が購入できる取引所

BTC・ETHを購入するには、日本の仮想通貨取引所への口座開設が必要です。
まずは、基本的に口座開設までには確認ハガキ到着含め、2週間程要します。

しかし、ヒットフライヤーの場合は、本人確認ハガキの到着を待たずに口座開設及び、取引が可能です。

ビットフライヤーはこちら:https://bitflyer.jp

関連記事:仮想通貨取引所で即日(当日)口座開設を行うには

 

youtube

 

 

GANACOIN(GANAコイン)の現在価格

GANACOIN(GANAコイン)の下記価格は ICO時と公売時の比較 になります。

トークンレート:1ETH=20,000GANA

プライベートセール:16.67% 「1ETH = 20,000 + 6,000 GANA(+ 30%ボーナス) | ハードキャップ= 10,000 ETH」

公売:83.33%「1ETH = 20,000 + 0〜2,000 GANA(+ 0〜10%ボーナス) | ハードキャップ= 50,000 ETH」

 ICO期間中、GANACOIN(GANAコイン)は20,000~60,000のETHに集める予定をしております。 

 

GANACOIN(GANAコイン)の性能等

それではGANACOIN(GANAコイン)について考察させて頂きます。
まずGANACOIN(GANAコイン)の大きな目的・ビジョンを紹介します。

GANAはブロックチェーンとAI技術を使用して、大麻産業を次のレベルに引き上げます。ブロックチェーン技術は、消費者と企業の両方から収集されたデータを透過的に管理するために使用されます。GANAは、質の高い認証システムとビジネスインテリジェンスプラットフォームを提供します。ロードマップの終わりに、人工知能に基づいた個人援助サービスが大麻利用者に提供される。ガーナは、大麻業界で最大のデータ所有者になることを目指しています。当社のプラットフォームは、消費者、栽培者、流通業者、コンテンツおよび製品メーカー、研究機関、およびマーケティング会社にとって有用である。

公式サイトよりGoogle翻訳

日本ではもちろん禁止されている大麻(医療大麻含め)ですが、アメリカ(州レベルで合法・非合法)や欧州地域では医療の側面から合法化が進んでいます。
そういった医療大麻を海外では「Medical Cannabis」「 Medical Marijuana」と呼んでいます。

世界的に医療大麻の合法は進んでいますが、その歴史は浅く「産地や成分」を透明かつ安全に管理する整備が追いついていないのが現状です。

 

GANAはブロックチェーン技術で医療大麻産業に革新をもたらす

GANAはブロックチェーン技術で医療大麻産業へ 3つの革新 をもたらそうとしています。

 

1、ビッグデータの蓄積

GANAは独自モバイルアプリケーションを通じて映画、音楽、デジタルコンテンツ、お勧め製品をユーザー向けに発信します。
それらを購入したユーザーはGANAへ「趣味」「居住地域」「病歴」などを提供する代わりに「GANAコイン」を報酬として受け取ります。

そこで得たビッグデータはブロックチェーン技術によって分散管理され「信頼性」「透明性」を得ます。
もちろん高いセキュリティでデータ改ざんからも守ります。

 

2、GANA AIの導入

モバイルアプリケーションで得たビッグデータを元にGANA AIが「利用者」「生産者」「流通業者」「コンテンツ/製品メーカー」「研究機関」「マーケティング会社」など、医療大麻に関る全てのユーザーへ最適なサービスを提供します。

 

3、医療用大麻と新薬の開発に貢献

通常、新薬開発には膨大な量の臨床試験が必要で、多量の「時間」「費用」を要します。
しかしビッグデータとGANA AIによって新薬開発の「時間」「費用」をコストダウンさせます。

 

チーム

https://ganacoin.io/team

アドバイザーを務めるセバスチャンソラノは「dreamfields」のCEOを努めています。
dreamfields」はカリフォルニア州ロサンゼルスに本社を置き、大麻産業における継続的な革新と成長に尽力しています。

また医療用大麻の研究・製品開発を行う「ADVANTIS」社もパートナー企業となっています。

 

GANACOIN(GANAコイン)の今後について

医療大麻は世界的に合法化が進んでおり、その可能性から大手企業の参入が進んでいます。

ビールの「コロナ」や「モデロ」、ウォッカの「スヴェドカ」といった人気ブランドで知られる米コンステレーション・ブランズは、大手飲料メーカーとして初めて、そしてフォーチュン500企業としても初めて、大麻ビジネスに参入する。

forbesjapan

また、アメリカでは大麻関連企業の株取引が高騰するとかしないとか?
それだけ注目されているという事です。

 

新規上場した仮想通貨の考察まとめ【掲載コイン数100種類以上!】

2018.02.05

 

ツイッターでの反応

 

ABOUTこの記事をかいた人

yamashita

10代の頃からナンパに明け暮れ、気付けば女遊びだけの人生を今まで送ってきました。記事では様々な女性遍歴から女性を口説く為のトークや流れなどを細かくご紹介して参ります。 口先だけではなく、実際の実績基づいた内容なので、是非、実戦してみて下さい。