ワンナイトラブをやめたい女性は「流されない強い意思」を持とう|監修元ナンパ師

どうも山下です。
「またワンナイトラブをやってしまった・・・やめたいもう辛いよ。」

そういった方へ元ナンパ師の視線でワンナイトラブのやめかたを紹介します。
私はストリートナンパをはじめ、マッチングアプリやクラブ、そして合コンなどで数多くの女性とワンナイトラブを繰り返しました。

そういった過去の経験から「ワンナイトラブのやめかた」は「流されない強い意志」を持つことが需要だと感じます。
ワンナイトラブを繰り返す女性の殆どは「その時だけの感情」で動く傾向があります。

  • ダメだと解っていても一緒にいたくて・・・
  • 彼の言葉や押しに負けてしまって・・・
  • ワンナイトラブをした帰りの電車が辛い・・・

こういった悩みを抱える女性に是非読んで頂き、ワンナイトラブをしてしまう考えを変えてもらえると嬉しいです。

山下について

10代の頃から女遊びに目覚めトータル600人以上の女性とあそぶ(経験人数)
出会いの形は「ナンパ」「合コン」「パーティ」「紹介」「アプリ」など多岐に渡り、現在は大事な彼女と同棲中

ワンナイトラブをやめたい方へ

ワンナイトラブをやめるメリット

ワンナイトラブを始めて経験した人は、一緒に居てとても楽しかったし見た目もタイプで「このまま付き合えたら嬉しいな♪」と期待で心躍ります。
しかし、 彼らはその日限りの関係を求める「遊び人」が殆どで、ほぼ「付き合う」ことはないと解った瞬間、自分が行った行動に「嫌気」 が出ますよね。

そこでワンナイトラブをやめたいと思う女性へ、まずはやめることで得られえるメリットを紹介します。

 

悲しい気持ちにならなくていい

ワンナイトラブにいたる過程「出会う⇒ 一緒にご飯へ行く ⇒ 口説かれる ⇒ 自分が褒められ優越感に浸る ⇒ 彼を信じていいのか悩む ⇒ 信じて家 or ホテルへ」までが楽しい時間です。
しかし、この後に続くのが 「信じて家 or ホテルへ ⇒ 帰りの電車でまたワンナイとした自分が嫌に ⇒ 彼の連絡が減る ⇒ やっぱりかと悲しい気持ちへ」 ではないでしょうか?

この記事にたどり着いている時点で、ワンナイトラブに対して「良い印象」がないのは明らかですよね><

  • 彼の家から電車に乗って帰る寂しい時間
  • 「今日はありがとう♪」の返事がなかなか来ない時間
  • 返事が来ても「ワンナイト前」とは明らかに素っ気ないLINE

こんな悲しい気持ちで、悩むこともワンナイトラブをやめることで、バイバイできます。

 

付き合える確率を高める

私含め、ワンナイトラブを狙う男性の殆どは口だけです。

  • もちろん付き合いたいと思ってるよ
  • もっと一緒にいたいし、色々しりたい
  • 俺も彼女いないし○○と一緒にいると楽しい

こんな思ってもいない言葉を投げかけます。
はい、私も同様に色恋ネタを使って女性をその気にさせていました。

しかし、その殆どが今晩限りの言葉で、あなたの身体しか見ていません。
そして、そういった遊び人の男性はもちろんですが、普通に真面目な男性もワンナイトをします。

悲しいかな私の経験や、真面目な男性であってもワンナイトラブをした女性と付き合おうと思いません。
もちろん100%ではないですが・・・

その理由は 「軽い女性」だとレッテルを貼られるのと、もしかしたら自分と付き合って「同じ事をするのでは?」と考えてしまうから です。
すなわちワンナイトラブを断ることで嫌われる方が、付き合う確率は高くなるということです。

男性の心理は「あ~また会いたい(抱きたい)な~!はぁ・・・」の気持ちです。
そして2回目も断る事で、男性は「諦めるか」「付き合うか」の2択に追いやることが可能です。

そこで 一番男性を振るいにかけるキーワードは「私は付き合わないとしない」 です^^

 

ワンナイトラブをやめるデメリット

「やめるメリットはあっても、デメリットなんてないでしょ?」とお考えのあなたへ。
実はデメリットが存在します。

それは男性の中には「身体の相性」をひじょうに大事にする人がいるんです。
人それぞれ付き合う上で、一番大事にする相性が変わります。

  • 服の相性
  • 食の相性
  • 趣味の相性
  • 性格の相性
  • 身体の相性

様々あります。
この相性を大事にする優先順位は過去の恋愛経験がとても関係しています。

すなわち、相性が合わなくて「別れた」経験があったり、別れるまではいかなくても「付き合っていて楽しくない」と感じさせる相性です。
身体の相性を大事にする人は、過去に相性がよくなく「レス」になった経験がある可能性大です。

ちなみに私も身体の相性をとても重要視します。
もちろんそういったことが好きだからでもありますが、愛情を確かめ合う行為の相性が悪いと必然的に関係悪化にも繋がります。

小数ではありますが、こういった考えをもつ男性もいて、付き合う前に「ワンナイトラブ」を望む男性がいるということです。
そしてそういった男性と付き合う機会をなくすことがデメリットへ繋がります。

 

ワンナイトラブのやめ方

では本題でもある、ワンナイトラブをやめたい方へやめ方を紹介します。
まず、大前提としてあなた自身が「変わらないと」ワンナイトラブをやめることはできません。

男性のタイプを変える

私の経験上、ワンナイトラブへ誘う男性のタイプは決まっていると考えます。
そして、 ワンナイトラブを繰り返す女性のほとんどは、ワンナイトを目指す男性のタイプを好んでいる傾向 があります。

もちろんあなたに「男性のタイプを変えろ!」と強要するつもりもありません。
あくまでもアドバイスです。

まだ10代後半~20代前半なら男性のタイプだけで出会いを求めてワンナイトになっても若気の至りですまされます。
しかし、20代中盤~の女性がワンナイトラブをしていると聞くとやっぱり男性だけではなく、女性の友人も引きませんか?むしろ話もできなかったり・・・

それなら今まで好きだった男性のタイプを思い切って変えてみてはいかがでしょうか?
黒髪短髪のイケイケ爽やかボーイから、インテリメガネの男性へなど。

 

交友関係を変える

私の周りには以前まで「遊び人」しかいませんでした。
もちろん遊びたいので、自分から好んで「遊び人」のツレを作っていました。

しかし、最近ではどちらかと言うと副業を伸ばしたいため、そういった集まりに重きを置いて交友関係を広めています。
すなわち何がいいたいのか言うと、あなたがワンナイトラブをしてしまう理由に、あなた以外の原因がありませんか?と聞きたいのです。

あなたの交友関係が「とても派手に遊ぶ女性が多い」場合、どうしてもその影響を受けます。
「昨日さ~マッチングで出会ったイケメンとワンナイした~w」とかが当たり前のように話される環境にいると、どうしても感覚がづれます。

  • ワンナイトラブって当たり前のことなんだ!
  • みんなやってるし私もいいか^^
  • やっぱり男は外見が大事だよね~

などなど、あなたが本当は「いけない」と考えていることも「それは間違いだった」と考えてしまいます。
もし本当に「ワンナイトラブをやめたい!」と考えていて、それが交友関係の「合コン」「クラブ」などであれば、キッパリ切って交友関係を変えてみましょう。

そうすることで、出会う男性も変わり、結果的にやめられる方向へ繋がります。

 

流されない強い意志を持つ

私の経験上、ワンナイトラブを繰り返す女性に共通点があります。
それは、「流されやすく、自分の意思を持っていない女性」です。

その女性は大きく2つに別けられます。

自分に自身がない女性

その場の空気や雰囲気に負けて、心ではだめだと解っていても、「彼に嫌われるかも・・・」と自分に少し自身がない女性です。
「せっかく出会った素敵な男性と付き合いたい!嫌われたくない!だから今日は、今日だけは信じてみる」と毎回考えてしまう女性のタイプです。

この手の女性は「自分に自身をもとう!」と簡単なことをいいたくないですが、よく考えて下さい。
目の前にいる男性が素敵と思うなら、考え方を変えましょう。

 「こんな素敵な男性が、口説くくらい私も素敵な女性なんだ」と。 

もし男性に「今日は一緒にいたいな~」と言われたら、上の言葉を思い出してください。
そして 「私は素敵な女性なんだから、もっと安売りせず大事にしよう」と考えましょう。 

 

自分が綺麗なことを知っている承認欲求が高い女性

男性からチヤホヤされていないと落ち着かない女性です。
こういった女性は とにかく誰かに「可愛いね~」と承認して欲しいタイプで、ワンナイトラブを繰り返す傾向 があります。

私も数多くの女性を見てきましたが、とくにクラブやマッチングアプリにて出会いました。
このタイプの女性がワンナイトラブをやめたいなら、まずは自分自身でしっかり承認(褒める)ことから始めましょう。

「私綺麗なのか?」の不安を払拭する為、男性と出会い「可愛いね~綺麗だね~」と言ってもらうことで安心します。
すなわち、自分では綺麗かどうか判断できないという事ですよね。

まずは自分自身でしっかり自分を褒める「今日もばっちりだ!」と言う事と、過去のことを思い出す。
「大丈夫今まで素敵な男性が口説いてきたんだから私はきっと綺麗で可愛い!」と思うようにしてみまよう^^

 

ワンナイトラブをやめたいまとめ

男性目線でワンナイトラブをやめる方法ってちょっと斬新ですが、参考にして下さいね。
それではコンパクトにまとめます。

  • ワンナイトラブをやめると付き合える確率がアップ・自分を傷つけない
  • デメリットは「身体の相性」を大事にする男性との出会いを疎遠する
  • やめたいなら「男性のタイプを変える」「交友関係を変える」「流されない強い意志を持つ」

メンレバでは男性目線の、女性向け記事を多数かいています。
是非、あわせて読んでくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

yamashita

10代の頃からナンパに明け暮れ、気付けば女遊びだけの人生を今まで送ってきました。記事では様々な女性遍歴から女性を口説く為のトークや流れなどを細かくご紹介して参ります。 口先ではなく、全てはノンフィクション(実話)です。 是非、実戦して下さい。