ヒステリー女の特徴とヒス女に多い人相。上手く付き合うための対処法も解説

こんにちは恋愛ライターの榎木(女性)です。
この記事では「ヒステリー女の特徴とヒス女に多い人相!上手な接し方」について解説いたします。

感情を素直に表に出してくれる、いわゆる「喜怒哀楽がはっきりしている女性」は、なんだかんだで好感を抱く男性も多いのではないでしょうか。

ときには振り回されてしまうこともありますが、 「素直に向き合ってくれている」「感情を隠して我慢されるよりマシ」とポジティブに捉えられ、わりとモテる傾向がある ように感じています。

私もそういった喜怒哀楽が豊かな女性は、振り回されつつも憎めない子だな~と好感を抱くことも多いです。
しかし、それは喜怒哀楽がすべてそろっているからこそ。

その中でも「怒」の感情ばかりを表に出し、感情の波が激しい女性と付き合っていくのは、なかなか難しいと感じる男性が多いでしょう。
ちょっとのことで感情的になり、キーッ!となってしまういわゆる「ヒステリー女」とは、できるだけ関係を持ちたくない思ってしまうのは当然ですよね…

今回は……

  • ヒステリー女の特徴を知りたい
  •  彼女がすぐにヒステリーを起こす。どうやって付き合っていけばいい野か悩んでいる
  • 付き合っている彼女がヒステリーな性格かどうかを知りたい
  • 気になる彼女の感情の波が激しいような気がする。もしかしてヒステリー女?

などと、身近にヒステリー女がいる男性はもちろん、今後の出会いの参考にしたい男性も是非チェックしてくださいね。
今回は榎木からヒステリー女の特徴や付き合い方を解説するだけではありません。

顔や身体の特徴から、その人の本性を見極める「人相学」の知識に長けている、 占い師の詩乃原(しのはら)さんからの鑑定もはさみつつ、ヒステリー女についてお話していきます ね♪

ヒステリーの意味とは

そもそも「ヒステリー」とは、何なのかお話ししていきましょう。
ヒステリーはもともと精神病の名称のひとつでした。

 ヒステリーという単語はドイツ語の「Hysterie」に由来しており、もともとは「子宮」を意味する古典ギリシア語から派生している と言われています。
このこともあり、「彼女はヒステリーだ」「ヒステリー女」などと、女性に向けて使用されることが多いものの、男性に使っても必ずしも間違いではありません。

現代、 一般的に使われる「ヒステリー」とは、「激しく興奮してしまい、感情を抑えきれず、激しく泣いたり怒ったりするといった意味」で用いられています 
もちろん人間ですから、喜怒哀楽の中の悲しみや怒りを抑えられないこともありますよね。

何らかの出来事を受けて、泣いたり怒ったりするといった状態があっても、ヒステリー女とは言えないでしょう。
しかし周囲はもちろんのこと、その本人であっても感情のコントロールがきかないほど興奮するのならば、「ヒステリー女」だと言えるかもしれません。

恋人はもちろん、知人としても付き合っていくのは難しいと思えるヒステリー女ですが、 冒頭でも触れたとおり、自分の好みの見た目であったり、そういった喜怒哀楽の感情がストレーでステキだなと好感を持ってしまう こともあります。

また、ヒステリー女も交際する前までは、本性をうまく隠していることもあるでしょう。
いざ付き合ったあと、このヒステリーな感情の波には付き合っていけないかも……と思ったとき、別れるのはなかなか大変です。

そのためヒステリー女とは、できるだけ距離を置いたり、どうしても好きになったのならば覚悟して交際をスタートすることが大切になるでしょう。
なんとなく付き合って、あとから「ヒステリー女」だと気づくパターンがいちばん悲惨です。

 

ヒステリー女に多い特徴

プライドがとても高い

基本的にヒステリー女は、プライドが高い傾向があります。
 自信がなさそうな発言をしていても、どこかプライドの高さを感じられる はずです。

例えば飲み会などで、いわゆる「いじられ役」になったとします。
そういったときの 冗談を真剣に受け取り、場の空気を壊すこともある かもしれません。

確かにいじられ役になっても、度を越した失礼なことを言われたのならば、誰でもイラッとするのが当然です。
しかし周囲からしても、、、

  • そんなことで怒るの?
  • さっきの発言、明らかに冗談なのに

と感じてしまうことが続くようであれば、プライドが高く、ヒステリーな傾向があると言えるでしょう。

 

外面が無茶苦茶いい

意外かもしれませんが、ヒステリー女は外面がとても良いといった特徴もありますよ。
 ヒステリー女は承認欲求が強いタイプでもある ので、、、

  • 周りから認められたい
  • 良い人だと思われたい

といった気持ちが強く、気の良い自分を演じることができるのです。

慎重に付き合っていれば、そういった言動の中でも、感情の起伏の激しさを感じられるでしょう。
しかし、とくに恋愛初期においては、つい彼女の外面の良さにコロッと騙されてしまう男性も多いようです。

 

好きな人に対して嫉妬心が強い

あなたが他の異性と談笑をしていただけで、彼女が妙に嫉妬してくることはありませんか?もちろん好きであれば、嫉妬をするといった行為は特別なものではありません。
そして男性としても、愛する彼女から嫉妬されるのは嬉しいですよね。

しかし、その嫉妬の感情として、、、

  • あの女と浮気してるでしょ?
  • 私とあの子どっちが魅力的?今すぐ決めて
  • あのバカそうな女のことが好きなの?

などと、 強い言葉や攻撃的なトゲのある言葉で嫉妬の感情を伝えてくるときには、要注意 です。

ヒステリー女はこの人は自分だけのモノ!と言った独占欲が人一倍強く、それゆえに嫉妬心も強くなっているため、つい攻撃的な態度を取ってしまうでしょう。
さらにその攻撃性が彼氏である男性側ではなく、女性側に向けられるのも特徴ですね。

 

自分にないものを持っている相手に嫉妬する

先ほどは、「自分が気に入っている男性に近づく女性に対して、嫉妬心をあらわにする」といった意味で、嫉妬心が強いとお話ししました。
その他にも、 自分にないものを持っている相手にも、強く嫉妬する傾向がある でしょう。

例えば彼女が学生時代から仲良くしていた女友だちが、ハイスペックな男性と出会い、スピード婚したとします。
そのときにその男性の重箱をつつくような欠点を見つけてネチネチと言っていたり、友達に対して素直に祝福を言葉を向けていないかったりというときには、注意が必要でしょう。

もっと具体的に言うのならば、以下の言動がを見せる女性は、ヒステリー女の傾向があるかもしれませんよ。

  • 友だちに恋人ができたり、結婚を結婚したりといった報告を素直に喜べない
  • 友だちの結婚式に出席後、内容にネチネチとケチをつける
  • 成功者に対して、どうせ〇〇だろうといった勝手な決めつけをする
  • テレビを観ていても芸能人や有名人の悪口が多い
  • 注目を集めているモノや人物に対して、勝手な決めつけをして否定する

 

勘違いがとても多い

ヒステリー女がイライラしているときにその原因を聞いてみると、考えすぎであったり、そもそも勘違いであったりするパターンがとても多いです。
 ヒステリー女は最初に聞いた情報で感情が昂ぶってしまうため、あとからの情報が耳に入らない傾向があります 

例えば第三者から「ヒステリー女ちゃんは最近遅刻が多いって、メンレバちゃんが言っていたよ」と聞いたとします。
そのあとすぐに続けて「これまでこんなことはなかったし、ヒステリー女ちゃんは何かあったのかな?ってメンレバちゃんはとても心配してたよ」といった情報が入ったとします。

しかし、ヒステリー女には最初の情報にあった「遅刻が多いとメンレバちゃんに陰口を叩かれた」といった感情だけが残ってしまうのです。
さらに進化していき、「メンレバの奴が私の悪口をみんなに言いふらしている。メンレバは最低女」と強い憎しみを抱いていくでしょう。

そのため、時間が経過すればするほど大きな勘違いで怒っていたり、他人からすると怒っている対象がよくわからなかったりといった状態になるのも特徴ですね。

 

突然怒り出し沸点が低い

ヒステリー女は、まるで瞬間湯沸かし器のように、突然怒り出すのも特徴です。
それはなぜかというと、 頭の中で状況を整理する前に、とにかく怒りの感情が一瞬で湧き上がるため 

だからこそ、周囲としては突然怒りだしたのか、そもそも何に対して怒っているのかが分からない……といった状況に陥りがちです。
彼女に理由を聞こうとしてもヒステリーを起こしているので難しく、とにかく落ち着かせようとなり、根本的な問題を解決できないことが多いでしょう。

そのためまた同じことでヒステリー起こすといった、負のループが生じることもありますよ。

 

ネガティブな発言が多い

プライドが高く、自分の思い通りにならないと感情的になるヒステリー女は、勝気な印象を抱く方も多いでしょう。
しかし、根本的な考えとしてはネガティブな傾向があります。

  • 彼が去っていき、一人になるのではないかといった不安
  • 周囲から勘違いされ、嫌われているのでは

といった ネガティブな感情が爆発し、怒りに変わっているケースもとてもに多い ですね。

そのためSNSなどでは、普段の言動とは異なり、どうせ自分なんて……といったネガティブな投稿が目立ちます

 

怒るとまるで別人

普段は可愛らしくニコニコしていたり、クールな美人タイプであっても、怒り出すと全くの別人になるといったところもヒステリー女の特徴でしょう。
 このヒステリー女が自分の彼女!?と思ってしまうほど、ガラリと印象が変わってしまう かもしれません。

顔立ちや言葉づかいなど、まるっきりの別人になります。
私の周りでも、ときどきヒステリーを起こす知り合いがいたのですが、本当に普段の印象と大きく変わっていましたね。

彼女が怒り狂っている現実よりも、そういった突然鬼になったかのような別人に変身する姿に驚きました

 

人のせいにする傾向がある

ヒステリー女は 基本的にプライドが高いため、何事も人のせいにする傾向があります 

例えば「今の職場でミスが多いのは、周りがきちんとサポートしてくれないからだ」と決めつけたり、「そもそも私が就職活動をしていたときには、求人の質が悪かった。だからこんな職場で働くことになったのだ」などと、とにかく自分ではなく外部が全て悪かった!と決めつけます。

どんなに無理のある話であっても、とにかく結論は私が悪くない!周りが悪い!といったところに落ち着きますよ。

 

モノに対しての扱いが悪い

全員ではありませんが、 一度ヒステリックな状態に陥ると、モノに当たってしまう女性も多い ようです。
女性は男性よりも腕力がないため、感情的になると彼氏にモノを投げたり、ときには身の回りにあるモノを壊したりといった傾向があるでしょう。

そのため普段の生活でも、モノに対しての扱いが悪い傾向もあります。
日常生活でもすぐにモノを投げたり、飲み物を飲んだコップをドンッと大きな音を立てておくようなタイプの女性は、ヒステリーな一面があるかもしれません。

 

ヒステリー女に多い人相

こちらの項目は占い師の詩乃原(しのはら)が担当します。
 人相とはその人物の顔のつくりや特徴から、本来持っている性格や運勢を導き出すもの です。

もちろん感情の波が激しい「ヒステリー女」にも特徴があります。
具体的に人相学としてヒステリーを起こしやすい女性は下記のようなタイプになるでしょう。

アゴが尖っている

憧れている人も多いであろう ほっそりとした尖った顎ですが、執着心が強い人に多い人相になっています 
とくに顔の中でもアゴだけが出っ張っているように感じる人相は、何事にも執着心が強く、執念深いといった性格がの持ち主であることが多いでしょう。

自分が気に入った人やモノは、絶対に手放したくないと言った考え方をしています。
それだけでなく、 自分の手元にないけれども欲しいと感じた人やモノに対しても、周囲とぶつかったとしても、最終的に自分の手元に来れば良いといった考え方をしている よう。

そのため感情を露わにして人のモノを強奪しようとする、トラブルメーカーになりがちです。

 

頬の骨が前に出ていてほっそりとしている

 目尻の下の部分の頬の骨が目立ち、全体的にほっそりとした顔立ちの方は、プライドが高い 傾向があります。
とくに何か実績がなくても「自分はやればできるから」と言った、根拠のない自信を抱いている人も多い人相ですね。

そのため自分の思い通りにならないと、周囲の迷惑も考えずに騒いでしまうタイプだと言えます。
ただしこの人相の持ち主は、 一度感情を爆発させるとケロリとしてしまい、後腐れがありません 

ヒステリー女の中では、最も扱いやすいタイプだといえます。

 

鼻筋が細く細め

 細い鼻筋の持ち主は自分では動かず、周りを思うがままに動かしたいといった自己主張が強い人相 です。
さらに自分なりのルールがあり、それを親しい人たちにも守ってほしいと要求します。

そして思い通りにいかないと、自分では動かないにも関わらずヒステリーを起こし、無理にでも周りを動かそうとするでしょう。
ヒステリー女の中でも、厄介なタイプだといえますね。

 

目と目の間が狭い

 目と目の間か狭いタイプの人は、一つの事柄に執着する 傾向があります。
もちろんそれが恋愛以外のことに向いているのであれば、とくに問題ないでしょう。

しかし、執着している部分によっては、自分の考えを通そうとするあまり感情的になり、ヒステリックな一面をのぞかせることもあります。

 

三白眼は嫉妬心が強い

目の割合として、 黒目の部分がやや小さく、白目の部分の面積が多いいわゆる「三白眼タイプ」は、執念深く嫉妬心が強い傾向がある人相 

また一度相手を好きになると、一途というよりも欲に溺れやすくなり、相手を離したくないと言った思いが強くなります。
そのため女友だちの存在などを許さず、主に異性関係で一人でヒステリーを起こす傾向があるでしょう。

 

白目が青白い

白目は年齢を重ねていくことに、やや黄色く濁っていきます。
これは自然な老化現象なのですが、 ヒステリーな女性は白目が青白いのが特徴 です。

その他にも白目が青白い人物には神経質な傾向があり、自分のルーティンと合わない言動を相手がすると、激しく怒り狂うといった感情的な一面を見せそうです。

 

ヒステリーになる女性心理

認めて欲しい……承認欲求が働く

そもそもヒステリーになるときには「自分の考えを認めて欲しい」といったところからスタートする女性も多いようです、 誰かから否定されることを恐れ、あなたが正しい!と言ってもらうために、ヒステリーになるといった選択をします 

周りからすると、とりあえず彼女のヒステリーを抑えるために、あなたが正しいよ!と言ったとしても、 彼女自身は「自分が正しいから、やっと周りがそれを認めてくれた。やっぱり自分は正しい人」だと認識 します。

そのため、自分の意見を通すためにますますヒステリーな傾向が強くなっていく……といった、悪循環に陥るでしょう。

 

自分の話を聞いてほしい

ヒステリー女は、自分の気持ちを相手に強く訴えたいことも多いでしょう。
そういったときに冷静に話し合いができれば良いのですが、ヒステリー女はまるで瞬間湯沸かし器のように、一気に頭にカッと血が昇ってしまいます。

そうなると、冷静な話し合いは不可能です。
とにかく 私の話だけを聞いて!!となり、だからといって冷静に道筋を立てて話すこともできないため、さらにイライラとしてヒステリー起こす……といった、こちらも悪循環に陥ってしまう でしょう。

 

とにかく一人になりたくない

勝気で強気な性格のように思えるヒステリー女ですが、メンタル的にはネガティブな傾向を持っています。
 一人になりたくなく、また誰かから否定されるのが怖いと感じている でしょう。

 他人には攻撃的で辛口な批評をするのに、自分がされるのは極端に弱い のです。
そのため多少強引な手を使ったとしても、周囲をつなげ止め止めておきたいといった思いがあり、ヒステリーな部分をのぞかせるようになるはずです。

実際にヒステリーを起こしているとき、少しでも愛情があるのであれば、周りは何とかフォローしてくれますからね。

 

自分の責任だけは徹底的に避けたい

何かで自分にとって不都合な出来事が起こったとき、それを絶対に自分の責任にされたくない!といった思いから、ヒステリーを起こすパターンもあります。

周囲も彼女の責任ではないと思っている事柄であっても、基本的にネガティブ思考を持っているため、 このままでは自分の責任になってしまうから、そうじゃないと周りに早く訴えなくては!といった思考になっていきます 

結果的にそのトラブルはどうでも良く、もはや彼女がヒステリーが起こしていることが問題になっていても、本人はまったく気付かずに、とにかく自分の責任じゃないから!と言ったことを訴え続けます。

 

ヒステリー女と上手く付き合うための対処法

怒ったら絶対に刺激せず折れる

彼女がヒステリーな状態に陥っているときに、冷静な話し合いは諦めてください。
彼女を言葉で説得するのではなく、とにかく あなたは感情を落ち着け、極力刺激せずに「自分もココが悪かったね~」と譲歩するのが良い でしょう。

しかし彼女がヒステリーを起こしている内容によっては、あなた自身も腑に落ちないこともあるかもしれません。
なぜ自分が謝らなければならないのだと、抵抗感を覚えるときも多いでしょう。

しかし残念ながら、ヒステリー女には何を伝えたとしても、刺激してしまうだけなのです。
とりあえずその場を落ち着け、 彼女が冷静に話ができるようになってから、自分の思いを丁寧に話すようにしてください ね。

 

誤解されるようなことは言わない

彼女に ヒステリー起こして欲しくないからと、妙なご機嫌取りをするような言動は、慎んだ方が良い でしょう。
そうなるとあなたという存在は、自分にとって最高の理解者だと思われてしまいます。

その上であなたが彼女に否定的な言動をしたのならば、ヒステリーを起こされる原因になるためです。
とくに異性として恋心を抱いているのでは?と誤解されそうな言動は慎みましょう

ヒステリー女はプライドも高いため、あなたの思わせぶりな言動に心揺さぶられたあとに、実は興味がなかった……という展開になった際には怒りをぶつけてくる可能性が高く、ときには大きなトラブルに発展するかもしれません。

 

言い負かそうと理論的に説明しない

最初の「怒ったら絶対に刺激せず折れる」にもつながりますが、ヒステリー女は理論的に説明をしても、納得してくれる存在ではありません。
 相手を説得しようと理論的に説明をしても、彼女の逆鱗に触れるだけ です。

そもそもヒステリー女は理論的なものよりも、自分の感情で動きます
つまり感情を理論的に抑えようとしても、上手くいきませんよね。

もし理論的に説明をする必要が生じたのならば、一度彼女の感情に寄り添い、そのあとに解説をすると受け入れてくれるかもしれません。

 

出来る限り深く関わらない

そもそもの話になってしまいますが、 ヒステリーな傾向がある女性とは、できる限り深く関わらないのが正解 です。
ヒステリー女と関わりを持つと一方的に理不尽な感情をぶつけられたり、それによりあなたが気遣いをしなければいけなくなったりと面倒なシーンが多々あるでしょう。

あなたも心身共に疲弊してしまい、情緒不安定になってしまうかもしれませんよ。
もし会話をするとしても当たり障りのない部分を褒めるなどして、できるだけ関わらないようにすると良いでしょう。

 

基本的に女性は男性より少しヒステリーである

最後に 女性は男性と比べて、理論よりも感情で動きやすい傾向があります 
そのため男性からすると、、、

  • ヒステリーだなぁ
  • そんなにヒステリックにならなくても

と感じる部分もあるでしょう。
また、女性は生理前後でホルモンバランスが変わるため、一時的にヒステリーを起こしやすくなることも珍しくありません

そういったこともあり、女性は男性よりもヒステリーな存在だと感じるでしょうね。
しかし、彼女のヒステリーによって大いに振り回されたり、ときにはモノを投げつけられたりといった、 生活に支障が出るレベルにまで達しているときには、できるだけ彼女と距離を置いた方が良い でしょう。

ヒステリー女と過ごす日常は常に気を使ってしまい。
あなたも自分らしい生き方ができなくなってしまうのではないでしょうか。

将来的なことを考えたとしても、家族がちょっとした出来事がスイッチになり、ヒステリックにキーキー言っているという環境は好ましいものではありませんよね。

もし現在交際している彼女がヒステリー女で悩んでいるのであれば、我慢をしてそのまま付き合いて行くのではなく、もっと安心した恋愛ができる相手に目を向けて見ると良いのではないでしょうか

ヒステリー女と別れるのはいろいろと難しいと感じることもあるかもしれませんが、その先にはあなたらしい生き方や人生が待っているはずです!

ABOUTこの記事をかいた人

詩乃原(しのはら)

タロット、西洋占星術、宿曜を得意とする占い師です。鑑定歴は気づけば10年を超えました。恋愛を中心に年間200人以上を鑑定。現在は鑑定だけでなく、恋愛カウンセリング&占いで悩める男女を少しでも良い方向へ導けたらいいなと活動をしています。