失恋した男へ!映画を見て人知れず泣きたい時のオススメ映画

どうもこんにちわ運営の山下です。
失恋した時は男性だって映画を見て枕に顔うずめて泣きたいときがあります。

だって人間だからそんな時もあります。
私も経験しました。

それは、20歳から6年間付き合った彼女と別れたときです。
本当に辛くて1年位魂がどっかにさまよっていましたからね。

そんな辛い失恋をしっている私が、その時に数多く見た「泣ける失恋」映画をご紹介します。
もう色々考えても戻ってこない彼女です。

たまには「男泣き」してみる日があってもいいじゃないですか。
辛いものは辛い!おもっきり泣いて寝ましょう。

辛い失恋を経験した男性は、とても大きな成長をします。
もう二度と辛い失恋を味わいたくないという気持ちが、より彼女にやさしく・より彼女を大事に・より彼女を好きになれます。

辛い片思いの人を忘れる方法9つ。会わないこと以外にできる私が行ったこと。

2018.03.02

失恋した男性に泣けるオススメ映画

それでは私が実際にみて泣いてしまった失恋時に絶対見て欲しい映画を紹介します。
 失恋から傷が癒えるには我慢するより、ひたすら考えて・ひたすら思い出して・ひたすら泣く! 

これが本当に正解なんです。
忘れようとしても無駄なんです、向かい合いましょう。

その中でも鮮明に思い出させてくれるのが映画です。

  • 失恋の傷に塩塗るような悲しい音楽
  • 映画のシチュエーションと元カノとの思い出をかぶせる
  • 出会い・デート。そして別れまでの流れが映画とかぶる

などが映画で流れると、こみあげる物があります。
そして、辛い失恋を乗り越えるための、勇気や活力をえることだってできます。

 

スウィート・ノベンバー


日本公開日:2001年
出演:キアヌリーブス・シャーリーズセロン
号泣度:★★★★☆

実はこの映画、私が6年間付き合った女性と映画館で実際に見た映画です。
その時は失恋していませんでしたが、別れて再度見た時、号泣しました。

あらすじ

キアヌは広告代理店で働く敏腕サラリーマンなんですが、免許更新に行ったときセロンに出会います。
全く相手をしないキアヌに対してセロンは突然「私の11月にならない?」と告白します。

キアヌはどういう意味か解らず拒否をしますが、セロンの天真爛漫な性格にはまっていきます。
そして次第に2人は素敵にカップルへ成長するが・・・

感想

この映画の魅力はサロンの性格が本当に明るくて素敵なんですが・・・これ以上は言いません。
そして、何より「音楽」と「風景」がいいんですよね。

アメリカのサンフランシスコで撮影された映画なんですが、路面電車が走ったりゴールデンゲートブリッジが映ったり最高です。
実は6年付き合った彼女とサンフランシスコに行ったこともあって本当に泣きましたね。

もちろんサンフランシスコに行った事がない方にもオススメなので是非見て下さい。

 

ホワイトライズ

日本公開日:2004年
出演:ジョシュハートネット・ダイアンクルーガー
号泣度:★★★☆☆

これは映画館で見てはいません。
6年付き合った彼女とツタヤでレンタルして見た映画なんです。

あらすじ

ジョシュとダイアンはお互い相思相愛のカップルでした。
しかし、ダイアンはジョシュに別れを告げず突然消えてしまいます。

そこには複雑に絡み合った男女に気持ちが絡んできます。
舞台は2年後にうつり、ジョシュは結婚を間近に控えていますが、町で偶然ダイアンを見かけて・・・

当時の気持ちが蘇りダイアンを探すが・・・

感想

この映画は本当に複雑な男女関係が絡みます。
しかも悲しい結末を迎える女性がいれば、幸せを迎える女性もいます。

何よりエンディングで流れるコールドプレイの音楽を来た瞬間「俺もこんな奇跡が起こったらな・・・」を泣きました。
少しサスペンス的な要素も含んでいますが、全ては感動のエンディングために・・・

 

エターナルサンシャイン

日本公開日:2005年
出演:ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット
号泣度:★★★★★

この映画は本当に反則です。
6年間付き合った彼女と別れた時、もう何回も見て泣きました。名作です。

あらすじ

ジムには本当に好きで好きでしかたない彼女ケイトがいました。
しかしその幸せな時間は終わりを迎えます。

失恋の中で辛い日々を送るジムの元に手紙が届きます。
「ケイトはあなたの記憶を全て消しました。今後一切関わらないように」

ジムは仲直りをしようと思っていましたが、この手紙を見て差出人の下へ向かうが・・・

感想

この映画を見ると絶対にあなたは彼女との楽しかった日々を思い出し、そして映画と照らし合わそうとします。
そして泣きます。辛い辛い失恋の記憶を簡単に消すことができたらいいなって思います。

でも、それはとてもとても大切な記憶を消すことなんだよって思い気付かされます。
最後まで映画をみた時あなたは間違いなく、彼女と行った思い出の場所へ行きたいと思います。

きみに読む物語

日本公開日:2004年
出演:ジライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス
号泣度:★★★★☆

2000年から2006年までの6年間でおそらく400本弱みた映画の中でも泣ける度は高いです。
誰もがオススメする映画ですが、それにはやはり理由があります。

あらすじ

お世辞でも育ちがよいと言えないジライアンが、夏休みに町へやったきたレイチェルに一目ぼれした所から物語りは始まります。
現在と過去を行き来する中で、語られる愛の物語は誰もが涙をこぼす。

感想

正直いいますが物語りはベタです。これでもかって言うくらいベタです。
でもそれが良いんですよね。

現在と過去を行き来するんですが「あ~ジライアンは本当にレイチェルを好きなんだな~」って思います。
こんな恋愛おれもしたかった・・・もっと大事にしてあげればよかった・・・と思わせてくれます。
現在huluで公開中です。


フローズンタイム

日本公開日:2006年
出演:ショーン・ビガースタッフ、エミリア・フォックス
号泣度:★★★☆☆

これはつい先日みた映画なんです!
といっても失恋中ではないので、ちょっとノリで見たんですが最後ちょっと泣けました。

あらすじ

大好きだった彼女と別れて辛くて不眠症に陥るショーン。
不眠症を生かして何か出来ないかと考えたショーンは、24時間営業のスーパーでバイトを始める。

しかし不眠症が数週間続いたショーンに不思議な力が宿る・・・

感想

これだけ聞くとなんだ~ファンタジー系は泣けないよ!って思われるかもしれません。
しかし男性が大好きなおっぱいが何度も登場したり、ちょっとコメディー要素があったりと終盤までアキがきません。

そして男ってこうやって失恋を乗り越えて新たな恋をスタートするんだなって、清清しい気持ちになります。
かならず映画を見終わった後、新たな恋へ気持ちが向き始めます。

クラッシュ

日本公開日:2004年
出演:サンドラ・ブロック、ドン・チードル
号泣度:★★★★☆

これも6年間付き合った彼女と一緒に映画館でみた映画です。
この映画は恋愛系ではないです。しかし、様々な人と人が絡み合うストーリがー感動を誘います。

あらすじ

クリスマス間近のロサンゼルスが舞台。ドン・チードルは相棒と共にパトロール中、追突事故に会う。
しかし、近くでは黒人男性の死体も発見される。
そして様々な人々の運命が交わり始める。

感想

最初はアメリカの人種差別を取り上げた映画だと思う程、差別がひどく見ていて気分はよくないです。
しかし、人には怒りや悲しみ、そして孤独をみんな抱えて生きている。

それでも人は頑張って生きていくしかない。そして今一緒にいる大事な人を絶対に大事にしよう。
そう思える感動の一作です。

特に燃え上がる車に乗車している黒人女性を助ける白人警察官のシーンはむちゃくちゃ考えさせられます。

 

あの夏いちばん静かな海。

日本公開日:1991年
出演:真木蔵人、大島弘子
号泣度:★★★★★

これは昔深夜番組で放送されていたとき初めて見た時から、3本の指に入る好きな映画です。
北野武 監督映画です。

あらすじ

聴覚障害があり茂はごみ収集の仕事している。ある日、粗大ゴミの中に一枚のサーフボードを拾う。
そして茂るはサーフィンを始める。

感想

何が良いって今の時代はスマホが存在しますが、この映画はスマホと言うか携帯自体がないんです。
そして真木蔵人、大島弘子がカップルなんですが、お互い聴覚障害なんです。

なんだろうこんなシンプルに素敵な恋愛って今じゃありえないよなって思います。
なにをするにもLINEや電話ってこの時代だからこそ見てほしい映画です。

最後のエンディングシーンは涙が止まりません。
もしあなたに素敵な彼女ができたとき、必ず大事にしようと思える映画です。

今でもたまに見たくなります・・・

 

グッドウィルハンティング

日本公開日:1997年
出演:マットデイモン、ベンアフレック
号泣度:★★★★☆

この映画と出会ったのはもうかれこれ10年以上です。
今になってもたまに見たくなる心をスッキリとさせ、涙が自然と流れ落ちる映画です。

あらすじ

小さい時から児童養護施設で育ったマットとベンは、大人になってからも仲が良く地元の不良グループでした。
マットは幼い時から天才的な頭脳をもっているが周囲から孤立していた。
しかし、マットが大学清掃のバイトを始めることによって人生が大きく動き始める。

マットの才能に気づいた数学教授のランボーは、精神分析医のショーンを紹介します。
最初は心を閉ざしていたマットだが、徐々にショーンへ心を開いていく・・・

感想

映画が始まって中盤までは淡々とストーリーが進みます。
中盤からのマットとショーンの駆け引きや、マットの葛藤は引き込まれます。

またベンアフレックがとても良い演技をするんです><
幼馴染として昔から仲が良かった二人が、最後に選んだ選択は涙なしでは見れません。

 

ミリオンダラーベイビー

日本公開日:2005年5月
出演:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク
号泣度:★★★★☆

この映画は6年間付き合った彼女と見た最後の映画かな?
とにかくクリント・イーストウッド監督の映画はどれも凄く素敵です。

あらすじ

ロサンゼルスに構える寂れたボクシングジムへ入門を申し出たヒラリー。しかしクリント(オーナー兼トレーナー)は女性の入門を拒む。
しかし、ヒラリーの真剣な気持ちに打たれたクリントは許可しトレーナーとなります。

ヒラリーは父をクリントは娘をなくしている、厳しいトレーニングの中で2人の間は次第に歩みよります。
そしてヒラリーのボクシングレベルは徐々に固まっていくが・・・

感想

とにかく最後の30分くらいが強烈すぎます。
なんというか見ているのも辛いほど、心にずしっと憤りや悲しみがおしよせ涙なくして見れません。

ハッピーエンドをもとめる方にはオススメできません。
この映画を見ることで、失恋なんかで悩んでいる自分がとてもちっぽけに思えるはずです。

 

リトル・ダンサー

日本公開日:2001年
出演:ジェイミー・ベル、ジュリー・ウォルターズ
号泣度:★★★★☆

この映画も6年間付き合った彼女と見に行った映画です。
当時おそらくミニシアター系でみた気がします。

あらすじ

1984年のイギリス北部にある炭坑町が舞台。
11歳のビリーは炭坑労働者のパパと兄トニー、おばあちゃんと暮らしています。

ある日、ビリーの通うボクシング教室のホールにバレエ教室が移ってきたことで大きく人生が回り始めます。
ふとしたことでレッスンに飛び入りしたビリーは、バレエに特別な開放感を覚えます。

教室の先生であるウィルキンソン夫人もビリーに特別な才能を見出します。
それからというものビリーはバレエに夢中になるが・・・

感想

とにかく映画をみて思ったこと。
どれだけ厳しい厳格な親でも、やっぱり息子が可愛いということです。

そして自分の才能はどこに転がっているか解らないということ。
大人になって子供の頃の夢を諦めた人は是非見て下さい。

最後のビリーが○○だすシーンは涙が自然に出てきました。
なんか失恋なんてどうでもいいと思わせてくれる純粋な映画です。

 

天使のくれた時間

日本公開日:2000年
出演:ニコラスケイジ・ティアレオーニ
号泣度:★★★★☆

あらすじ

「if」もしあの時違った選択をしていたら、自分の人生はどんな方向に進んでいたのか?
ニコラスは学生時代の恋人(ティア)と再会を約束するも、果たされることなく13年後にビジネスの世界で大成功を収める。

そんなある日のクリスマスイヴに、ティアから電話が…
折り返しすることなく、過去の恋人としたニコラスですが、よく朝目覚めると全く違った世界が広がっていて、そこにはティアと子供二人の姿が…

感想

もしあの時、別れることなく、彼女と付き合っていたら。
そして、もし別れなかった人生を体験できるなら。

そんなことを深く考えさせられる映画です。
映画の冒頭、ニコラスが彼女に発した言葉を、映画終盤、逆の立場で発する瞬間、涙がこみ上げてきます。

映画を見終わった後、あなたが思い浮かべる女性はいったい…

 

映画を見てスッキリした失恋男性へ

いかがでしたでしょう。
この記事で紹介させて頂いた映画は恋愛関係以外の内容もありますが、スッキリ泣けます。

失恋したときに映画を見ることで、気持ちが晴れてちょっと気持ちが楽になったんではないでしょうか?
しかし、映画を見ただけでは完全に失恋した心を癒せません。

私も同じ経験をしたことがありますので、気持ちはわかります。
こんな言葉はごぞんじでしょうか?

目には目を、歯には歯を

目をやられたら目をやり返せ!歯をやられたら歯をやり返せって意味です。
これは失恋にも言えます。

結局、 失恋の痛みは恋愛でしか癒すことはできません 
「寂しさ紛らわすだけなら誰でもいいはずなのに~」と言う歌の歌詞がありますが、本当にもう一度好きになれる相手を探すことが失恋の治療です。

失恋映画を見てひと時の安らぎを得ても、朝になればまた失恋の辛さが襲います。
「そんな事を言っても本当に好きになれる相手がいない・・・」

もちろんわかりますよ、その気持ちも。
一度じっくり周りを見渡してください。

あなたのそばでいつも相談を乗ってくれる異性が必ずいますよ。
私の場合は、会社の派遣社員の女性でした。

その女性と向き合うことで、失恋を乗り越えました。
それでも、本当に好きになれる相手がいないなら、出会い系アプリでもナンパでもやってみよう。

メンレバでは様々な記事を公開しておりますので、合わせて読んでいただけると幸いです。

■男性に読んで頂きたい記事
1回目の初デートで「いつも終わる人」が行う7つのタブー

■女性がもし読んでくれていたら見て頂きたい記事
セフレ関係にならない為の接し方を男性が教えます。

■映画を見る時間がない!という方には「泣ける音楽」特集もあえります。
夜に聞きたい泣ける歌!邦楽10選【人知れず一人泣きしたい男性へ】

ABOUTこの記事をかいた人

メンレバ編集長 山下

10代の頃からナンパに明け暮れ、気付けば女遊びだけの人生を今まで送ってきました。記事では様々な女性遍歴から女性を口説く為のトークや流れなどを細かくご紹介して参ります。 口先ではなく、全てはノンフィクション(実話)です。 是非、実戦して下さい。