簡単に「手を繋ぐ方法」を手繋ぎ大使が紹介!初デートもこれでOK!

どうも手繋ぎ大使の山下です。
今回は女性と手を繋ぎたいけど、恥ずかしくて言い出せないしタイミングが解らない・・・と言う悩める子羊男子へ記事を書かせて頂きます。

この記事を読んで頂くことで簡単に「手を繋ぐ方法」を習得可能です!
この方法は私だけではなく私の友人も実際に利用する方法です。

手を繋ぐことは女性との距離を縮める最初のステップです。
まずはファーストステップ「手を繋ぐ方法」をマスターして初デートなどで意中の女性と距離を縮めよう!

簡単に女性と手を繋ぐ方法

それでは具体的に紹介します。
みなんさんは手の繋ぎ方に種類があることはご存知ですか?

まずはこの種類とそぞぞれの心理をしりましょう。
 この内容が「簡単に女性と手を繋ぐ方法」につながっていきます 

 

ちょっとギクシャク?シェイクハンド繋ぎ

これはごく一般的な手を繋ぐ方法です。
カップルではなく深い関係にいたっていない男女に多い手のつなぎ方です。

人ゴミが多く迷子にならないように手を繋いだり、足場が悪い場所で女性を助けるときなどに多く利用されるつなぎ方です。
理由としてはシンプルに手のひら同士が交わるだけで、感単に繋ぐことが出来るからです。

すっと手を差し出したときは基本的にこの繋ぎ方になりますよね^^
そして 手を上から覆いかぶさっている側が、主導権を握っています 

また女性の心理状況や性格は、どちらかと言うと慎重なタイプです。

・手が上に覆いかぶさるほうが主導権を握る
・女性との関係がときほぐれていない距離があり
・女性の性格は慎重派

 

カップルご用達!恋人繋ぎ

続いてがカップルに多い恋人繋ぎと言われる手の繋ぎ方です。
シェイクハンド繋ぎとは違い、手のひらだけではなく指と指が絡みあいます。

その為、お互いがしっかり意識して繋ぐ必要があります。
さっと手をだして恋人繋ぎにすることはとても難しいです。

女性との距離はカップル以上と思って頂いてもいいと思います。
もしくはワンナイトラブを過した男女だったりも・・・

・手が上に覆いかぶさるほうが主導権を握る
・女性との関係ほぐれていて好感もあり
・女性の性格は積極的

 

指先だけを繋いでくる「指先繋ぎ」

すいません><
先に言っておきますがこの繋ぎかたは、個人的にむちゃくちゃ好きです。

男性が女性を好きと言うより、女性が男性のことを好きだけど男性がきづかない・・・
そのなイメージを彷彿させますよね。

男性の大きな手の小指だけを、女性が恥ずかしそうに指繋ぎする。
これはそうったシチュエーションがとても多いです。

・女性が男性に惚れている
・流されやすい甘えた女性が多い

 

あなたは心理学を学んだことがある男性になりました

ここまで3種類用意した手つなぎの種類と女性の傾向は覚えましたか?
それではこれからあなたは「なんちゃって心理学生」です。

ここで学んだ内容を元に、女性へ心理学を投げかけることで「簡単に手を繋ぐ方法」が完成します。
私がいつも使用しているトークスクリプトはこうです。

男性「あっ!実は俺学生の頃、少し心理学学んだことあるんやけどさ~○○って手を繋ぐ時、どんな繋ぎ方する?」

女性「えっ!?それは彼氏ってこと?」

男性「彼氏って特定するんじゃなくて、好意をもってる男性に対して^^」

女性「う~んこうかな~><」

男性「○○ちゃんって見た目と違って、甘えたな所あるんやね!」

女性「え~なんでなんで~!わかったん?!」

男性「その繋ぎ方は指繋ぎって言って・・・」

こんなイメージですね。
あとはそのまま手を繋ぎ続ければいいんです。

もしここで手を放されてしまったら、あなたの好感度がまだそこまで達してないと言うことです。
この手法は 手を簡単に繋ぐことができるだけでなく、その後の対応であなたに対する好感度もわかります 

また、シェイクハンド繋ぎから恋人繋ぎへのステップアップも飛び越していきなり恋人繋ぎすることも可能ですよね^^
いままで「人混みにわざといったり」「足場のわるい場所にいったり」「勇気を出して手を差伸べたり」といった好意も必要ないです。

ちょっと会話をすればいいんですからね^^
それではみなさんも是非つかって下さいね。

運営より

初デート後に「lineがこない・未読無視」される男性が行う7つのタブー

2018.04.26

ナンパのテクニック集|成功するやり方を計600人斬以上のナンパ師が教えます。

2018.05.14

ABOUTこの記事をかいた人

yamashita

10代の頃からナンパに明け暮れ、気付けば女遊びだけの人生を今まで送ってきました。記事では様々な女性遍歴から女性を口説く為のトークや流れなどを細かくご紹介して参ります。 口先だけではなく、実際の実績基づいた内容なので、是非、実戦してみて下さい。