マッチングアプリで初めて会うまでの期間は短い方が絶対いい理由

どうも運営の山下です。
この記事では、マッチングアプリで出会った女性と初めて会うまでの期間についてご紹介しています。

ちなみに私は過去マッチングアプリと言われるものがない時代、mixiやGREE・モバゲーなどからネットでの出会いを盛んに行ってきました。
最近ではティンダーを始め出会い系でも多くの女性と出会い、累計600人以上の女性と深い関係に至っています。

だからと言って遊び目的だけではなく、真剣な交際に至った経験もございます。
アプリを通じての出会いには、合コンや紹介などは違う不思議な感覚があります。

  • マッチングアプリで出会ってから1週間、そろそろ初デートの誘いをしてもいいかな?
  • まだ出会って3日しかたってないけど、会うのはまだ早いかな?
  • もうかれこれ1ヵ月間メッセージをやりとりしてるけど、これってやばくない?

などなど、様々な「会うまでの期間」に対して、過去の経験を元に助言させて頂きます。
是非、これからマッチングアプリを始める人も、既にやりとりしている女性がいる人も、参考にして頂けると嬉しいです。

マッチングアプリで会うまでの期間は短い方がいい理由

マッチングアプリを始めたばかりの人は、女性と会うまでの期間に迷いを覚えるのは当たり前です。
「う~んもう四日もメッセージを続けているけど、そろそろ会う約束を取り付けたほうがいいかな・・・」など、 悩みは耐えませんが結論から申し上げると「なるべき早く会う方がいい」が答え です。

ちなみに私は「出会った当日にデートした女性」や「3ヶ月ダラダラとラインをして会った女性」など多種多様です。
そんな経験から間違いなく「会うまでの期間が短い方がいい理由」を具体的に紹介します。

「会ってみたら違った」がアプリは多いから

マッチングアプリは1度も会ったことがない男女が、数枚の写真と簡単なプロフィールで異性を判断します。
そこに実は落とし穴があります。

私の経験上、 マッチングアプリで会う女性のことを「ドンドン美化」する傾向があります。  すなわち「もしかしたらもっと綺麗かも・・・」「きっとポッチャリと言ってるけどそこまでだろう・・・」などなど、勝手な解釈で女性を想像で綺麗にまとめます。

そして一ヵ月の時間をかけて、ようやく会う約束を取り付けデート当日に。
そしてドキドキしながら待ち合せ場所に言ってみると・・・

  • 想像していた人じゃない・・・
  • 話してみたけどやっぱり会うと全然会わない・・・
  • 女性が全く電話と反応が違う・・・

などが本当に起こってしまうんです。
すなわち、 自分が期待していた以下の女性が現れた時のテンションの下がりようが凄い んです><

これは男性だけではなく、女性があなたを見て、テンションを下げることもあります。
どれだけ時間をかけても実際に会った時の、フィーリングには勝てないという事です。

会わないと解らないことの方が本当に多いので、会うまでの期間は短い方がいいわけです。

 

出会いの機会損失に繋がる

そして前項の続きになりますが、会ってみて残念だった時あなたの脳裏に過ぎるのは・・・

「俺は何故会うまでにこんな時間をかけていたんだ?もっと早く会うことで判断できていれば、Bさんに会えていたかも知れないのに><」

 会うまでに期間に時間をかけすぎることで、他の女性とのやりとりより優先してしまったことに後悔 します。
つまり、その他の出会いの機会を損失する「機会損失」がそこに発生してしまうんです。

すなわち、会うまでに期間を短縮することで「より出会いの数」を増やし、女性との出会いの回転率を向上させることも出来るわけです
「俺はそんなに出会いの数がない!」と思う方も多いと思います。

しかし、あなたがその女性とやり取りしていた期間、他の女性とやりとりしていたら、いい出会いが会った可能性もありますよね^^

 

タイミングを逃す可能性大

これは前項とまた違ったデメリットですが、私は恋愛を後述詳しく紹介しますが、「フィーリング・タイミング・ハプニング」だと考えています。
つまり、会うまでに期間に時間をかけすぎてしまうと、会うタイミングを逃してしまうということです。

 マッチングアプリをしている女性は、アプリ内だけの出会いだけではありません。  もしかしたら、リアルな合コンに誘われて他の男性とデートをして告白される可能性も「0」ではありません

同時にあなたがモタモタしている間に、他のアプリ会員の押しに負けて初デートをして告白されることだってあります。
「メッセージしてるからこの人は大丈夫、俺だけを見ている^^」と言う安心は捨てましょう。

私は過去たくさんの女性とメッセージしてきましたが、突然メッセージが止まる、ラインの返事がこなくなるなんてことは多くありました。
それだけ 女性は様々な男性からアプローチされていると言うことを考えて行動 しましょう。

「じっくり時間をかけて仲良くなってから^^」は、正直言って真面目すぎます。
他の男性はもっと出会いに積極的です。

 

知れば知るほど不安になることも

「それは聞きたくなかった・・・・」メッセージを長くすることで、対面では引かないこともメッセージだと「引いてしまう」こともあります。
私も過去に素敵な女性とティンダーで出会い2週間程、メッセージをしましたが突然女性から「シングルマザー」と告白され、引いてしまいました。

それを隠すこともよくないですが、隠すなら隠し通して欲しかったし、デート中に告白してくれていたら対応が変わったかもしれません。
これは女性だけではなく、 あなた自信も不用意な言葉のせいで女性の機嫌を損なわせて、一ヶ月のメッセージ期間が「ぱー」になることも 考えられます。

ちなみに私は過去に自分のミスとして、仕事内容を詳しく説明した時に、元カレが同業界にいるということで会うこと断念されたこともあります。
マッチングアプリで会うまでに期間は、お互い盛り上がったその時がベストです。

無駄な会話をダラダラ続けるのは、リスクを生じることに繋がります。

 

マッチングアプリで会うまでの期間でベストタイミングは?

ではマッチングアプリで出会った女性と会うまでのベストな期間はいつなのか?
まずその考え自体を変えないと、マッチングアプリでは成功しません。

会うまでに期間は決めるものでなく、タイミングが全てです。
つまり、 会話の中でいかに会うタイミングを作っていくかが重要 となります。

例えばあなたは焼肉に行った時、肉の食べごろを時間で測っていますか?
違いますよね?目視で確認して「あ~そろそろだな~」と食べるはずです。

マッチングアプリの女性と会うタイミングはまさしくそうなんです。
食べごろ(会う)をしっかり狙っていくことが大事になります。

 

マッチして当日や翌日は?【遊び相手ならOK】

過去にティンダーではないですが、YYCなどのいわゆる出会い系アプリでは「出会ったその日に遊ぶ」ことをしていました。
決して会うことには難しいことではなく「お互い暇で会うことに同意」できれば可能です。

しかし、これは主観ですが 当日や翌日に会える女性は「恋愛対象」にしない方が良い です。
その理由は、他の男性ともノリで会ったりする「軽い女性」の可能性がとても高く、遊ぶだけならまだしも真剣なお付合いを求めるならNGです。

もし女性から「今日は何してるんですか?」と聞かれた場合、私の場合「遊び相手」と割り切って会うようにします。
よってマッチして当日・翌日はおすすめできません!

 

マッチして1週間後は?【1番おすすめ!】

個人的に一番ベストな会うまでに期間は「1週間前後」です。
 お互いのことをある程度知ることも可能で、「会いたいの熱」が一番高ぶるタイミング です。

もちろん会話の進め方や、誘い方にもよりますが「恋愛対象になりやすい女性」が多い印象です。
また恋愛に対しても前向きで、付き合うまでに期間も「フィーリングさえあえば付き合ってみよう!」のタイプが多い。

逆に1週間やりとりをしてみても「会う話にならない」女性は、個人的にターゲットから除外します。
それは前項でも紹介いたしましたが、機会損失に繋がりやすく、恋愛に慎重すぎる女性で「付き合うまで」も同様に時間をかけるからです。

  • 会うまでに時間をかける = 付き合うまでに時間をかける
  • 会うまでに時間をかけない = 付き合うまでも時間をかけない

と思っていただけると解りやすいですね。

 

マッチして2週間後は?【慎重な人向け】

ではマッチして2週間後はどうなのか?
 2週間あればお相手の様々な情報を得ることも可能 です^

  • 女性の趣味
  • 女性の仕事内容
  • 週末の過し方

などの情報から 最適なデートプランも提案可能 です。
しかし、何度も言うように最初から2週間後に約束を取ろう!と考えるのではなく「せっかくなので会ってみたいですね」と早い段階でジャブを打つことが重要です。

つまり、1週間前後で会う話しをして結果的に、2週間後になるのはOKだということです。

 

マッチして1ヵ月後は?【他の人を探すべき】

正直これは持論ですが、論外です。
もちろん女性になんらかの事情があってどうしても会うことができない場合はOKです。。

例えば・・・

  • サービス業で繁忙期の為
  • 現在実家暮らしで距離が離れている(引越しのタイミングで)
  • 来月まで研修で遠方にいる

など物理的な要素がない限り、私は「会うまで一ヵ月」を要するのは、デメリットしかないと考えています。
もちろん運命の様な女性とマッチングアプリで出会った場合は例外ですが・・・(そんなこと会ってみないと解りませんよね><)

「1ヵ月も約束が出来ない=出会いに積極的ではない」、そして「あなたにそもそも興味がない」と考えた方が良いです。
もし 私なら「ストック」して他の女性と同時進行 させます。

 

マッチングアプリで会うまでのやり取り(ライン含む)のコツ

マッチングアプリで会うまでのライン

マッチングアプリで会うまで絶対避けて通れないのがラインなどでのやり取りです。
私がいつもマッチングアプリで会うまで心がけているコツをご紹介します。

基本的な流れは先程も少し触れましたがこんなイメージです。

  1. 女性のプロフィールを見て話題を膨らませて共感する
  2. 仕事内容について共有(内容・休日・終業時間など)
  3. 週末の過し方を共有
  4. 1~3のやり取りから得た情報で最適なデートプランを提案
  5. 日程調整

です。
一貫して私が気をつけていることは「女性に質問する時は、まず自分の情報を提供する」です。

  • 例「お疲れ様です^^ 僕はサスペンス映画が大好きなんですが、カオリさんはどんな映画が好きですか?」
  • 例「おはよう~!今日は会社の飲み会で今梅田です^^ カオリさんは週末楽しんでますか?」

です。人は手の内を先に明かされると、教えないと失礼だと心理的に感じます。
今まで聞いても無視される男性は是非参考にして下さい。

デートの誘い方などは「初デートの誘い方は日程や場所にダブルバインドを含ませると成功率アップ!」にて詳しく紹介していますのでご閲読下さい。

 

会うまでに絶対NGなやり取り

では逆にマッチして会うまで絶対にNGなやり取りは何か?
それはあなたの目的によって左右されますが、真面目な出会いを目的としているなら「下心」です。

関連記事「下心バレバレは見抜かれている?下心をなくす方法を元ナンパ師が伝授」にて詳しくご紹介していますが、 はやる気持ちを抑えられず、あなたが気が付かない内に女性へ下心を見せている時があります 

私が遊び目的でマッチングアプリをしていた時期、合えて下心を見せて「振るいにかけていた」時期もあります。
例えば・・・

  • 女性がどこに住んでいるか聞く(女性から聞かれたらOK)
  • 夜遅めのデートプラン提案
  • いきなり個室(家・カラオケなど)を提案
  • アルコールの強弱確認

これらは会う前から質問すると女性は明らかに「遊び目的?」を察します。
真面目な出会いを探しているなら絶対NGです!

 

結局はタイミング・フィーリングが最も重要

メンレバでは様々な記事で取り上げている言葉があります。
それは・・・

恋愛はタイミング・フィーリング・ハプニングです。

恋愛はこの3つが全て重なることで成熟します。
マッチングアプリはこの3つが重なりやすい環境で、アプリに登録している時点で目的(出会い)は一致しています。

誰も趣味仲間をもとめて登録していません。
 メッセージでお互いの趣味や思考を共有することで、ある程度のフィーリングを実感して、会うことで答え合わせ を行います。

そして、そのフィーリングは会うタイミングがなければ何時までたっても確認出来ません。
「マッチングアプリで中々女性と出会えない・・・・」と 悩んでいる男性は、今までの行動より「1テンポ・2テンポ」会うまでに期間を縮めてみましょう 

そうすることで歯車がかみ合ったように、多くの女性と出会えます。
もちろん、女性との会話を盛り上げてからですけどね誘うのは^^

関連記事:lineが続かない時の話題とタブーを徹底解説!

メンレバではこの記事以外にも様々な恋愛記事を書いていますので、あわせて読んでくださいね^^

ABOUTこの記事をかいた人

yamashita

10代の頃からナンパに明け暮れ、気付けば女遊びだけの人生を今まで送ってきました。記事では様々な女性遍歴から女性を口説く為のトークや流れなどを細かくご紹介して参ります。 口先ではなく、全てはノンフィクション(実話)です。 是非、実戦して下さい。