ママ活で最初に送るメッセージを解説|最初から要望を送るのはNGです。

どうも運営の山下です。
この記事ではママ活を行う為に「マッチングアプリ」をインストールして、「プロフィール」を作成した次のステップ。

女性へのファーストメッセージについて詳しく解説して参ります。

  • 何通メッセージをママ候補に送っても返事が返ってこない><
  • 最初のメッセージはどんな内容がいいの?
  • ママ候補から返信してもらいやすいメッセージってどんな内容?

などなどメッセージに関して悩みを抱える男性は、参考にして頂けると幸いです。
ちなみに私は19歳から出会い系アプリや、マッチングアプリを利用し、数多く(300名以上は間違いなく)の女性と深い関係になってきました。

過去の経験で得た「女性が興味を示して、返信してくれるメッセージ」を具体的に紹介していきます^^

ママ活で最初に送るメッセージを解説

ママ活のファーストメッセージで重要なことは3つあります。

  • 何故あなた(ママ)にメッセージを送ったのか?
  • あなたはどういった環境にいるのか?
  • ママが返信しやすい質問をそえる

この3つがとても重要です。
まさか今まで最初のメッセージで「ママ活希望!」「支援希望!」なんて送っていませんよね?

ワンナイトラブをしたいから、いきなり女性に「ワンナイトラブしましょう!」なんて送るのと同じです。
まずはじっくりママ候補と距離を縮めることを念頭に考えましょう。

 

メッセージを送った理由

女性は必ず「何故私にメッセージを送ったのか?」「誰でも良くてみんなにメッセージを送ってるんじゃ・・・」と考えます。
その為、星の数ほどいる女性の中から「何故あなたにメッセ」したのかをシンプルに伝えましょう^^

  • ○○さんと同じ趣味を持っているので
  • お住まいが近かったので
  • 年上の女性で音楽が好きな女性を探していて
  • とても初恋の人に似ていたので
  • 松雪康子さんのような雰囲気の年上女性がタイプで

など、女性のプロフィール+外見からヒントを得て、メッセージぼ冒頭に伝えましょう。

 

あなたの現状を共有する

2つ目は「あなたの現状」を女性に共有しましょう。
あなたの状況とは以下のイメージです。

  • ○○大学で弁護士を目指している大学生です
  • メジャーデビュー目指してバンド練習に励んでいるフリーターです
  • ○○ユースで将来1軍の試合に出るため練習を頑張っている大学生です
  • 今流行のプロゲーマーを目指して専門学校に通っています

など、あなたが今どんな状況にいるのかを、ママ候補へしっかり共有しましょう。
「プロフィール見ればわかるし書かなくていいか~」ではなく、「プロフィールを見なくてもわかるように書いておこう」の発想を持ちましょう。

そして、あなたがママ候補へ状況を伝えることで、女性に対して「現状」を聞きやすくします。
「人に名前を聞く前に、まず自分が名乗る」のと同じ考えですよね^^

 

ママ候補への質問を添える

そして最後が「質問」を添えることです。
ママ候補へメッセージを送った理由+あなたの現状を伝えても「だから?」で終わってしまう可能性が高いです。

人は不思議なもので 「質問されたメッセージ」をそのままにしておくと「気になって」しまい、返信しないと気持ち悪くなる んです><
ですので必ずメッセージには「質問」を最後に添えるようにしましょう。

あと、必ず1メッセージに1質問にして下さい。
1つのメッセージで2つも3つも質問されると、質問を返信するのが「面倒」になり、返信率がダウンします。

  • ○○さんはどんな音楽(映画など趣味にちなんで)がお好きなんですか?^^
  • 最近大阪に引越ししてきたばかりなんですか、おすすめのたこ焼き屋さんとか知りませんか?^^
  • 年下の男性には興味ありませんか?><

などがベターな質問です。

最初のメッセージテンプレート

はじめまして!
年上の女性で音楽の趣味をもつ人を探していましたのでメッセージしました^^

昨年名古屋から引越ししてきて、今は○○大学で将来会計士を目指して頑張っています!
○○さんはどんな音楽がお好きなんですか?

年下でも良かったら返事もらえると嬉しいです^^
宜しくお願いします^^

 

最初メッセージでママ活のことを絶対に伝えない

まずは仲良くなることが目標

冒頭でも少し触れましたが以下の内容はファーストメッセージで絶対NGです。

  • ママ活をしたくてメッセージしました
  • お金がしんどくて支援してもらえないでしょうか?

つまり「ママ活」「支援」の2つのワードは出してはいけません。
その理由として、あなたがママ活と言うワードや内容を知っていても、女性が知っているとは限らないからです。

 一番ベストな付き合いは「ママ活しよう!」ではなく、自然と出会い支援してもらう。
そしてその行為が「ママ活」なんだと、後で女性が気付く出会いです。 

逆にあなたが女性から突然メッセージで「援助して欲しいです><」と言われて、返事しようと思いますか?
必ず「いやいやそんなこと求めてないし!」となるはずです。

その為、まずはママ候補と仲良くなることを徹底して意識して下さい。
たわいもない内容をしっかり繋げて、ママ候補が「あ~なんか年下君とメッセージしてると楽しいな~会ってみたいな~」と思わせたら、あなたの勝ちです。

 

仲良くなってきた時に本題へ

そしてある程度仲良くなったところで、本題に入ります。

女性:今日もバンド練習お疲れ様~どうだったセッション?^^

あなた:ありがとうございます~!とてもうまく行きました^^ もっと練習したいんですけど大学生はお金がなくて・・・ 今からバイト頑張ってきます><

女性:そうなんだ?!練習ってどれくらい必要なの?!大学いって練習もして、さらにバイトって大変じゃん><

あなた:今のスタジオはまだ安い方なんですけど1時間3500円です>< 毎月バイトの給料を全部つぎ込んでますw

女性:そうなんだ~なんか私に協力できることある?!

あなた:いえいえ!いつも元気をもらえて嬉しいです^^ 早く○○さんに音楽聴いてほしいです! あっ今度セッション見に来てくださいよ!

これはかなり話が上手くいったケースのテンプレートですが、女性は仲良くなってくると「情」が芽生えだします。
そして「年上の女性」だと言うことで、母性本能が働き「助けてあげたい><」を感じ出します。

ここで初めて「助けてくれたら~」というか、まずは一度会ってみて「もっと応援したい!」と思ってもらうかはあなた次第です^^

ママ活のメッセージフロー

では最後にわかりやすくママ活のメッセージフローチャートを紹介します。
是非、これまで返事がなかった人・これからママ活を始める大学生も参考にして下さい。

  • 1、ファーストメッセージを送る(送った理由・あなたの現状・質問)
  • 2、趣味の話題・地域の話題などで女性との距離を縮める
  • 3、夢・目標に向って頑張っていることを共有
  • 4、しかしバイト+学業+練習がしんどい、もっと集中したい

4の段階でママ候補から「大丈夫~応援してあげたいな^^」など、ママ活OKを匂わす返答があった場合、しかっり話を詰めましょう。
しかし、全く反応がない場合、そのままメッセージを続けていても意味がないので、一か八かで「もし良かったら助けて貰えないですか><」とおくりましょう。

ママ活で成功したいなら「損切り」は重要で、どんどん「支援してもらえるママ」を見分けていきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

yamashita

10代の頃からナンパに明け暮れ、気付けば女遊びだけの人生を今まで送ってきました。記事では様々な女性遍歴から女性を口説く為のトークや流れなどを細かくご紹介して参ります。 口先だけではなく、実際の実績基づいた内容なので、是非、実戦してみて下さい。