キスを焦らすテクニックで女性をその気にさせる方法。元ナンパ師監修

こんにちわ運営の山下です。
この記事では「キスを焦らすテクニックで女性をその気にさせる方法」について、元ナンパ師が解説します。

始めにお伝えしますが、 本記事は「かなり遊び人向けの記事」になっています 
好きな女性を振り向かせて、付き合いたい!と考える初心な男性には向いていません。

  • 遊び人になってもっと女性をその気にさせたい
  • キスを焦らして女性からキスさせたい
  • キスを焦らすメリット、デメリットって?

などが気になる男性は、是非参考にしてもらえると嬉しいです^^
ちなみに私は既にナンパは引退済ですが、大阪にて名の知れたナンパ師として活動していました。

キスを焦らすメリット

自分が女性より優位に立てる

キスを焦らす。
例えると、飼い主にドッグフードを出されて「待て!」と言われている状態と同じ。

つまり飼い主と犬で例えるのはとても女性に失礼ですが、上下関係が生まれやすいんですよね。
あなたが逆に女性からキスを焦らされたらどう思います?

「俺ってからかわれてる?」や「もしかして俺より上手?」と感じるはず。
 キスにかかわらず「焦らす」って相手を「もう早くして下さい><」と服従させる心理も含まれている わけです。

案外喜ぶ女性が多い訳

キスを焦らすと喜ぶ女性が多いのは、基本女性ってM気質が多いから。
後述で解説しますが、S気質な女性への焦らしは基本NGです。

本記事の内容と関わらず、女性に嫌味なくちょっとS気質を出せる男性はモテますよね♪

関連記事:モテる男の性格はちょっとSが多い?!優しさは必要なかった!|元ナンパ師監修

 

相手とキスできる判断しやすい

遊び人あるあるですが「この子キスできるかな~堅そうだけどな~」と探りを入れる時、キスをぶっつけ本番で行うのではなく、一回テストクロージングを挟みます。

 つまりキスするような雰囲気で一回焦らしに似た行動を行い、女性の反応を見る わけ。
焦らして女性が顔を遠ざけず、まんざらではない行動を取れば、もっと焦らしてキスしたくなる雰囲気を構築させていきます。

焦らして女性が「何~やめてよ~」と避けるようであれば、再度トークで不信感を払拭し、チャンスを伺いキスを狙っていくのが、女性を口説く基本的な戦力です。
話がそれましたが、キスを焦らすって「テスト的に女性の好意を知る」ためにも使えます^^

 

我慢できず女性からキスしてくる

キスを焦らして、女性がキスを我慢できず口を近づける。
近付けてきた口を避けて「だめ~さっきキス嫌いって言うてたやんw」って言葉で焦らすドSな対応が大好きな筆者です。

って私的な話は置いといて、キス焦らしが成功すると、目の前にドックフードを置かれた犬のように「待てといわれても我慢できず」キスをしたくなるんですよね。

つまり しっかり雰囲気を作ることができれば、さっきまで「キスは付き合った人しかしない!」と豪語していた女性でも「コロっと」キスしてきます 
もちろん焦らしは慣れが必要ですが、とても強い武器です。

 

キスで感じさせることができる

我慢して手に入れて物と、我慢せずとも手に入れた物って思い入れも、気持ちも違います。
空腹時に我慢して食べた焼肉と、満腹で食べた焼肉は、同じ店でも味が全く変わるはず。

キスも同じで、焦らされることなくキスするのか?
焦らされてキスするのか?

で大きく感触や感じ方が変わってきます。
なんと言うか、 普段は普通のキスなのに、我慢して我慢してキスしたい気持ちが爆発して「ディープキス」になっちゃうみたいな… 

あなたも同じような経験があるはずです^^
 焦らすだけで、キスだけでも女性を感じさせることは十二分で可能 だと私は思っています。

 

キスを焦らすデメリット

ちょっとSの女性はイラつかせるだけ

前述で触れましたが、焦らすって行為は「M気質の女性」に絶大な効果があります。
半面、 S気質な女性には「は~キモ…」と思われ、イラつかせるだけ です。

焦らす前に女性が「Mなのか?Sなのか?」を見極めるのは難しいですが、ちょっとでもSと感じたら焦らすのは少しにしておきましょう。
不機嫌になられた時の対処法が解っていない男性は難しいですからね^^

とか言いつつ表面Sは裏ではドMってことも良くあるので、私は果敢に挑戦しますけどね^^

 

自分好きのナルシストと思われる

正直言って、キスを焦らす男って間違いなく「自分に酔いしれてるナルシスト」です。
かく言う私も自分が好きです…(遊び人に自分嫌いなネガティブはいないはずですけど><)

つまり キスを焦らすことで、女性から「こいつナルシストでちょっと気持ち悪い…」と思われる可能性もあります 
特にあなたよりも確実に格上の女性に、キスを焦らすような行為をしてはNG。

冷静に考えて下さい。
あなたが逆にブサイクで興味のない女性に、キスを焦らされても「あ~そんなことされても俺は嬉しくないけど…」と逆に冷めませんか?

女性も同じように感じているわけです。

 

遊び人だと思われる

キスを焦らす最大のデメリットは「遊び人」だと思われるです。
もう既に理解頂いていると思いますが、 キスを焦らすなんて行為は普通の男性なら行いません 

キスをしなれている、場慣れしている男性だから、緊張せず焦らす行為ができるわけです。
 女性目線でみると「あ~この人遊びなれてる・・・」と思われます 

本命の女性なら焦らすなんてことせず、真面目な男性を装いましょう。
遊び相手の女性なら、たくさんキスだけじゃなく焦らしてあげて下さい^^

 

キスを焦らし女性をその気にさせるテクニック

顔を近づけ目→口元を3秒以上づつ見つめて少し笑う

キスを焦らす上で最も重要な行為は、距離を詰めるです。
どれだけあなたが女性の顔を凝視しても、目を10秒以上見つめても、距離があっては意味がありません。

  1. 女性と30センチほどの距離に顔を近づける
  2. 女性の目を見つめる3秒
  3. 次に女性の口を見つめて少し微笑む

を行い、一気にキスの雰囲気を作りましょう。
過去の経験から、 女性が「いきなり何?恥ずかしいし…見やんといて…><」と辱める(はずかしめる)ことが出来れば、あなたの勝ち です^^

この段階で女性に逃げられる機嫌を損ねられるようなら、まだあなたの口説きが女性に達していません><
最後、トークを組み立てましょう♪

関連記事:雰囲気作りの方法!エッチやキスの雰囲気作りは7つの階段を駆け上がりムードを作れ!

 

頭をヨシヨシして顔を斜めにする

次に 女性ともう一度目を合わせて、女性の頭をヨシヨシしながら、顔を斜めに傾けて下さい 
殆どの女性は、この段階で「あっキスされる…」と考えます。

理由は「顔を斜めに傾けるってことはキスしやすく」する為だからですね^^

そのまま 顔を女性に近づけキスする勢いで向かい続けて、、寸止めして焦らします 
よく言われる「あごをくいっと上げる」なんてことはやったことがありませんし、やる必要もないし、余計にナルシスト感が出るので止めておきましょう。

ちなみに頭をヨシヨシするのは、服従させる意味の含まれており、あなたに好意があり甘えた女子なら、一気に親密な雰囲気を構築可能です。

 

唇にキスではなく鼻(オデコ)にキスする

焦らした次は、女性の鼻orオデコにキスをしてください。
そのまま引き下がるのではなく、 どこかにキスすることで、キスされた事実を女性に植え付けます 

 どこでもいいのでキスするだけで、口元への抵抗も減ってくれます しね^^
ここまで進められたら女性から、キスされることもあるし、女性が拒否しない限り、もう充分キスを焦らすことができています。

後はあなたのタイミングでキスをしてくださいね^^

 

女性をキスで焦らす時の注意点

焦らしすぎないようにする

1~2回の焦らしなら問題ありませんが、3回も4回も焦らすのはNG。
流石に女性も怒るし、せっかくキスできる流れだったのに、台無しになる可能性もあります。

そして女性の気持ちは「女心と秋の空」と言われるように、一度「もういい!」と言われると中々、機嫌を戻してくれません…
 女性がすねる姿が可愛くて、焦らしたく気持ちも解りますが、せめて2回に留めて おきましょう><

 

余計な言葉を発しないこと

  • キスしたい?w
  • あっ今キスされると思ったやろ?
  • 早くキスして欲しい?

など焦らしながら、不必要に言葉を発するのはNGです。
男なら 表情や指先の動きなどで、焦らす行為に色気を加え、女性を場の雰囲気に飲み込ませるくらいの演出をしましょう 

特に目は口程に物を言うといわれる通り、目の「強弱」を駆使してくださいね^^

関連記事:色気のある男になりたい!特徴・出し方を学び「セクシーでモテる色男」を目指せ!

 

キス以上の発展も焦らしでスムーズに

キスを焦らした場所にもよりますが、もしカラオケや人気が少ない所だったら「移動する?」と問いかけましょう。

おそらく 女性から「どこ行くん?」からの「もっとちゃんとキスできる所?」と言いつつもう一度キスすれば、殆どの女性は断りません ^^
そのままタクシーでスマートに家やホテルに移動しましょう♪

キスを焦らすことで、ただのキスではなく、ディープキスに変わり。
キスだけで感じさせることもできる。

加えて、焦らしたままで家やホテルにも誘導可能。
是非、あなたも女性を「焦らす」を習得し、女性を口説く武器にしてくださいね^^

またメンレバ(当メディア)では他にも多数の「口説き落とす関係」の記事を、実体験を元に書いていますので、合わせて読んで下さいね。

ABOUTこの記事をかいた人

yamashita

10代の頃からナンパに明け暮れ、気付けば女遊びだけの人生を今まで送ってきました。記事では様々な女性遍歴から女性を口説く為のトークや流れなどを細かくご紹介して参ります。 口先ではなく、全てはノンフィクション(実話)です。 是非、実戦して下さい。