恋愛相談は誰にすべき?悩みを相談する相手の選び方と注意点を解説

こんにちは恋愛ライターの榎木です。
皆さんは恋に悩んだとき、誰に相談しますか?自分にとって話しやすい相手というのは大前提なのですが、適当な相手に話をしてしまうと、後悔してしまうかもしれません……。

 恋愛相談の相手はあなたの愛を左右する可能性も高いので、慎重に見極めるべき です。
今回は、、、

  • 恋愛相談をしたいけれども相手がいない
  • 恋愛相談をしない方が良い人っている?
  • 恋愛相談をするならば女友達、男友達どちらがいいのかな?

など恋の相談をする相手に悩んでいる方またはアドバイスが欲しいと思っている方は、是非チェックしてくださいね。

相談相手の選び方は、悩みの内容で決めるが◎

基本的に恋愛相談の選び方は、悩みの内容で決めるのがベストだと思います。
例えば 彼氏に浮気をされているかもしれないと悩んでいるのであれば、過去に同じような経験をした女友達の方が、より具体的なアドバイスをもらえます よね。

他にも実は浮気経験がある……といった男友達に聞いてみるのも良いかもしれません。
逆にずっと片思いをしている相手がいるけれど振り向いてくれないと悩んでいるのに、常にモテモテで恋人が途切れないタイプの女友達に相談しても、今ひとつ共感を得にくいでしょう。

このように内容によって、誰に相談をしようか決めると良いですね。
また、 違った立場から複数の人に相談をして意見を集めてみると、それぞれのアドバイスは違ったとしても、結果としてあなたなりの答えが見つかる こともありますよ。

 

恋愛相談に最適な相手と特徴

共感してもらえる「女友達」に相談する

恋愛相談で頼りになるのは、何と言っても女友達です。
男心のわかる男友達の方が良いんじゃない?のと思うかもしれませんが、 まだ自分の中に迷いがあったり、状況を整理しきれていなかったりするときには、女友達がおすすめ ですね。

話ながら自分の気持ちを整理できる

女友達は男友達よりもあなたの話をしっかり聞いてくれるので、 話しながら自分の気持ちを整理することができる でしょう。
自分一人では答えが出しきれないといった問題を抱えているのであれば、女友達に思い切り話を聞いてもらいましょう。

もちろんたくさん話を聞いてもらったあとには、お礼を伝えるのを忘れずに^^

 

男心がわかる「男友達」に相談する

恋愛の悩みであれば、男心のわかる男友達に相談するのも良いですね。
 悩みの対象の彼が同じタイプだとは限りませんが、より的確なアドバイスをしてくれる可能性が高まります 

先ほどの女友達は話しているうちに自分の気持ちが整理されていくといった状態もありますが、男友達の場合はそういったダラダラとした話は嫌う傾向があります。
そのため、 自分なりに答えが出ている状態で、最終確認として聞いてもらうといった形がベスト 

男友達の状況に配慮が必要

ただし気をつけたいのが、その男友達に彼女や奥さんがいないか?といったところです。
そういった相談を持ちかけようと二人きりで食事をしたり、頻繁に連絡を取り合ったりという行為はとっても嫌われます。

いわゆる「相談女」ってヤツですね。
どうしても相談したいのであれば 一度のみにしておいたり、彼女も同席してもらったりと、相手に配慮する必要があります 

自分の都合でガツガツ連絡を取るのは、絶対にNGですよ!

 

同じ境遇を経験した人に相談する

こちらは性別ではなく、経験をもとに相談相手を決める方法です。
彼の浮気で悩んでいるのであれば、同じような経験をした人の方が参考になるアドバイスがもらえるかもしれません。

とくに 周囲からすると笑われてしまうような悩みでも、自分にとっては大問題というケースもありますよね 
そういったとき、やはり同じ経験者に聞いた方が親身になってもらえます。

理解者だからこそ前向きな言葉をくれる

これは私の経験ですが、以前付き合っていた入籍間近の彼氏に浮気をされてしまったことがあります。
そういった経験がない女友達も、もちろん話を聞いてくれたのですが、、、

  • あんたの見る目がなかったの
  • 榎木にも何か問題があったから、浮気されたのでは?

と言った突き放した発言をされたことがあります。
確かに私の見る目もないなど責任はゼロではありませんが、ショックを受けて傷ついている直後にさらに追い打ちをかけられ、非常に悲しい気持ちになりました

しかし、同じく浮気をされた経験のある女友達は優しく寄り添ってくれ、「私は別れてからこんな幸せがあったよ~」などと前向きな言葉をかけてくれ、救われた気持ちになったのを覚えています。

 

1番の理解者「親」に相談する

親に恋愛相談ができるのであれば、思い切って話してみるのも良いかもしれませんね。
 なんだかんだであなたのことを理解してくれたので、心に響くアドバイスをもらえる でしょう。

その 他にも仲の良い兄弟や姉妹に打ち明けるのも良い かもしれません。
ただし関係性が近いからこそ、、、

  • あの男とどうなったの?
  • 結局あの悩みは解決したの?

など最後の最後まできちんと説明する必要はあります。
あと自分でも忘れかけていた数年前の恋愛ごとを持ち出され、今さらダメージを受けることも^^;

 

口の堅い年上に相談する

さまざまな人生経験を積み、さらに自分よりも他の人と関わってきた年上の相手は、恋愛相談の相手としておすすめです。
 同年代の友達では出てこない視点から、的確なアドバイスをもらえることも多い ですね。

また 年上の人も、年下から恋愛相談をされると案外嬉しい ものです。
さらに口の固いタイプであれば、今後も良い相談相手になってくれるかもしれません。

ただし、、、

  • 上から目線で一方的にアドバイスをしてくる
  • そんなことで悩んでるの?若いねぇ~などと茶化してくる

タイプの年上は、他人の恋愛相談を娯楽として楽しんでいるだけの可能性が高いのでやめたほうが良いですね。

 

恋愛相談しない方がいい人の特徴

口が軽いスピーカータイプの人

恋愛相談にかかわらず、口が軽い人には軽々しく自分について話さない方がよいですよね。
あなたの恋愛相談や悩みも、他人とのネタの一つとして面白おかしく話されてしまうかもしれません

そういったスピーカータイプは、あなたとしてもこの人は秘密を打ち明けてはいけない相手!だとすぐにわかるでしょう。
厄介なのが、コミュニケーション能力のある人物です。

顔が広く、誰とでもすぐに親しくなれるようなタイプの場合、悪気なく周囲にあなたの恋愛相談の内容をばらしてしまうことがあるからです。
自分としても話しやすいので、つい深い部分まで打ち明けてしまって、ダメージを負うことも多いですよ……。

交友関係が広い人は魅力的ではありますが、大切な相談をする相手としては少々気をつけた方が良いでしょう。

 

自分の意見を押し付けるプライドが高い人

人から恋愛相談をされたとき、なぜか上から目線でアドバイスをするような人もいます。
そういった人も、話していて嫌な気持ちになるだけなので避けた方が良いでしょう。

何か相談をして現状報告をしたときに「だからあのとき、ああ言ったじゃない」だから「だからあなたはダメなのよ」などとダメ出ししてくるような相手はNGです。

こういったコミュニケーションが許されるのは、デ●ィ夫人くらいです。
またプライドの高い人は、自分のアドバイス通りにあなたが従わないと機嫌を損ねるなど、不要な人間関係トラブルに発展するので相談はやめておきましょうね。

 

否定的な意見が多い人

会話がいつも「でも~~」から入るような、とにかく否定的な意見が多い人も恋愛相談の相手としてはふさわしくないでしょう。
あなたの考えも全て否定され、どんどん自信をなくしてしまうからです。

またそういった人物は、みんなと違った道を歩む自分がカッコイイなどと少々勘違いしている節もあるので、アドバイス通りに従ったとしても良い結果がついてくるとは限りません

とりあえずこのタイプの人とは、話していてもあなた自身も気持ちが良いものではないので、そもそも恋愛相談をしようとは思わないかもしれませんけどね…

 

恋愛経験が乏しい人

生き方や人生の相談であれば、自分のことを理解してくれる相手がベストですが、 恋愛相談に関してはある程度経験を積んだ人の方が良い でしょう。
恋愛経験が乏しいと、やはりアドバイスもぼんやりとしたものになってしまいます。

また相談を受ける相手としても、どう答えてよいのかわからないので、気を使わせてしまうかもしれません。
相手や恋愛相談の内容によっては、それって自慢なのでは?と誤解される可能性もあるので、やめておきましょう。

 

恋愛がうまくいっていない人

先ほども恋愛経験が乏しい人にも繋がりますが、恋愛がうまくいっていない人にも相談をするのはやめておきましょう。
まず自分の恋愛でいっぱいいっぱいになっていることが多く、他人の相談に親身になって答える余裕がないからです。

またあなたの相談内容がハッピーな内容であった場合、自分はうまくいっていないのに自慢のつもり!?と、勘違いされてしまうこともあります。
私も先ほども少々お話ししましたが、入籍間近だった彼氏に浮気されて落ち込んでいたときがあります。

その相談をしているときに、相手が突然「私の方はさ、彼が海外転勤になりそうで、結婚して一緒について来て欲しいと言われているんだけど慣れない土地で暮らすのは不安。榎木だったらついていく?」と言われ、答える余裕がなかったことがあります。

彼女としては自慢のつもりではなかったとは思うのですが、自分が卑屈になっていたこともあり、思わずデリカシーのない相手だなと感じてしまいましたね……。

 

好きになってしまいそうな人

 男友達の場合、完全にこの人は友達!と言える相手に相談するのが良い でしょう。
ちょっとでも好きになりそうな相手は、避けた方が良いですよ。

それはなぜかと言うと、あなたの過去の恋愛事情を知られてしまうためです。
こんな風に片思いをしていたんだ~ということがリアルに伝わってしまうため、今後の展開次第で付き合ったときに、彼が不安な気持ちになるかもしれません。

恋の駆け引きであえて恋愛相談をする以外は、完全な友達に話しすることをおすすめしますよ。

 

身近に恋愛相談する相手がいない場合

SNSや掲示板で相談する

SNSや掲示板を利用して、恋愛相談をするのも良いですね。
とくに SNSでは片思いアカウントのような、恋愛に特化したアカウントを作成している人もいます 

そういった人たちと流れが同じような境遇ですから、いろいろと悩みを共有できるかもしれません。
私の知り合いもつくっていて、悩みを解決してもらうというよりも不安や愚痴を吐き出して反応がもらえる~と、楽しそうに活用しています^^

 

電話占いなどの恋愛相談サービスを利用する

お金はかかりますが、電話占いや恋愛相談サービスカウンセリングを利用するのも良いでしょう。
お金を払うのはちょっと……と思ってしまうかもしれませんが、 有料だからこそ相手は親身にあなたの話に耳を傾けてくれます 

また、相手はこれまで 何百人も相談を受けてきた占い師であったり心理学を学んだカウンセラーだったりするので、より的確なアドバイスがもらえることも多い です。

「相談を受けるプロ」と考えたら良いかもしれませんね。

関連記事:初めて電話占いする人へ。失敗しない相談の仕方や注意点を「現役占い師」が教えます。

初めての電話占い。失敗しない相談の仕方と占い師の選び方を現役占い師が解説。

2021.05.07

 

恋愛相談アプリを使う

最近では恋愛相談に特化したアプリも登場しています。
そういったアプリならば気軽に相談ができるでしょう。

暇なときには他の人の相談に答えることもできるので、 恋に悩んだときの良い気分転換にもなる かもしれません。

  • みんれん
  • マッチQ
  • トークパス

などがメジャーです。

 

客観的に見て自問自答する

誰も頼れない状態であれば、自らの立場を客観的に見て、冷静に判断することで悩みを解決する方法もございます。
例えば、、、

もし友達が、あなたの同じ境遇でいる時、あなたは「その恋」を応援できますか?

その答えが「応援できない」のであれば、その恋は諦めるべきと言えます。
 恋は盲目と言われるように、渦中の人は思考が鈍ることが多々あるんです 

一度、悩んだら立ち止まって、客観的に自分を見る。
それだけで、悩みが少し解決の方向に進むこともありますよ^^

 

恋煩いになる前に早めに相談しよう

恋愛の悩みは一人で抱えていても、どんどんネガティブになってしまうことが多いものです。
一人ではなく他人が関わっていることですから、 暗い気持ちになったときには誰かに相談をして、次にどのような行動を起こせば良いのかを考えてみましょう 

しかし、恋愛相談をする相手としてふさわしいのか?と見極めるのは、割と難しいものです。
そのため、 いきなりあなたのヘビーな恋愛相談をするのではなく、まずはちょっとした恋愛に関する相談ごとをして、どのような反応を見せてくれるのかをチェックしてから本題に入るのも良い かもしれませんね。

あなたにとって最適な相談相手が見つかりますように……!
榎木(筆者)にもコメント欄から気軽に相談してくださいね^^

ABOUTこの記事をかいた人

yamashita

10代の頃からナンパに明け暮れ、気付けば女遊びだけの人生を今まで送ってきました。記事では様々な女性遍歴から女性を口説く為のトークや流れなどを細かくご紹介して参ります。 口先ではなく、全てはノンフィクション(実話)です。 是非、実戦して下さい。