付き合う前のデート攻略【社会人編】回数や告白について徹底解明!

どうも運営の山下です。
彼女を作るには誰もが必ず通り道、それはデート。

デートを成功させて女性を振り向かすことで「お付合い」が出来ます。
そこでこの記事では、女性との「付き合う前のデート」を攻略していきます。

おそらく付き合う前のデートで気になる点は以下が多いのではないでしょうか?

付き合う前のデートに多い「?」

・付き合う前のデートは何回がベスト?
・何回目のデートで告白すればいいの?
・付き合う前のデートで手つなぐはNG?
・付き合う前のデートの食事の注意点は?

この記事では上記の「?」を解りやすく、私の経験を交えて紹介していきます。
記事を読むことで「お付合い」できる男性・女性が増えることを祈っています^^

ちなみに私はアラサーのサラリーマンです。
現在、彼女とお付合いしており、過去付き合った女性の人数は20人以上、経験人数は600人以上です。

実際の経験に基づいた内容なので、安心して実戦可能です^^

付き合う前のベストなデート回数

ではまず付き合う前に何回デートをするのがベストなのか紹介します。
私の経験上、 付き合う前のベストデート回数は2回 です。

理由は 社会人の場合、予定を3回合わすだけでも大変 です。
1回目のデートを終えて、2回目のデートは2週間後、そして3回目となると1ヶ月以上先になる場合もあります。

その間、 お互いの気持ちがしっかり向き合っていれば問題ないですが、他の男性が女性にアプローチする可能性も あります。
女性は基本押しに弱いので「1回デートをしたからもう大丈夫」と考えている人は安心しすぎです。

私も過去に初デートした女性を、他の男性に横取りされた経験があります。
その為、3回目のデートで告白をするのではなく、チャンスがあれば告白するのがベストです。

 

デートの間隔は?

では2回目のデートで告白するとして、ベストなデート間隔はどうなのか?
基本的に1回目のデートから2回目のデートの間隔は1週間以内を徹底しましょう。

例:1回目が日曜日だった場合、土曜日or日曜

理由は1週間以上先延ばしにしてしまうと、熱が冷めてしまいます。
 1回目のデートで盛り上がっても、間が空いてしまうと気持ちがリセット されてしまい、発展が難しいです。

その間LINEなどで熱を保てますが、期間が空くとそれも難しくなります。
話題がなくなってしまいますからね・・・

また、過去の経験として連日デートもオススメです。
例えば土曜日デートをした場合、日曜日もデートを誘うんです。

私の経験ですが、土曜日デートに観覧車を乗ろうとしましたが、営業時間を終え既に止まっていました。
そこで、日曜日(次の日)乗りに行く提案をし、観覧車内で告白した経験があります。

女性があなたに好意を抱いているなら、 連日デートを誘って告白してもOK です。
その際、誘う理由がとても重要です。

「今日出来なかったことを、明日一緒にしたい」これがとても理にかなっています。
何が言いたいのかと言うと・・・・

鉄は熱いうちに打てです。

 

3回目のデートは保険

基本的に2回目のデートで告白するのがベストですが、女性が慎重な場合は3回目のデートで勝負しましょう。
3回目のデートはラストチャンスと思ってください。

私の経験上、 3回目のデートで告白せずデートを終えると女性は友人関係へシフトチェンジ します。
3回目までは予定がスムーズにあったのに、4回目から突然予定が合わなくなった・・・こんな経験がある人も多いはずです。

その理由は女性の心理状態として「3回目のデートで告白がなかった・・・私と付き合う気が無いのね・・・」と判断するためです。
そしてその気持ちを決して女性は、打ち明けません。

 

付き合う前のベストなデートスポット(場所)

それでは付き合う前におすすめのデートスポットについて紹介します。
これもデートの回数によって大きく変わってきます。

まさか1回目も2回目も同じ内容のデートスポットを行っていませんよね?
基本的には1回目は落ち着いて話ができて、誘いやすいデートスポットがオススメです。

1回目のおすすめデートスポット

まず 1回目はとにかく相手に自分のことを知ってもらうのが目標 です。
その為、アウトドア系はオススメできません。

理由は話をする時間が限られてしまうからです。
そして1回目は女性にデートへ応じてもらいやすいスポットがベストです。

以上のことを考えたオススメデートスポットは以下です。

  • 映画デート
  • ドライブデート
  • シンプルに飲みデートorランチデート

がベストです。
とくに映画デートは女性を誘いやすいオススメのデートスポットです。
そして映画の時間をしっかり考えてみれば、その後必然的に夕食でじっくり話をすることも可能です。

 

2回目のおすすめデートスポット

そして2回目のオススメデートスポットの紹介です。
と言いたい所ですが、2回目のデート内容は基本的に1回目のデート時に決定している可能性が高いです。

メンレバの「2回目のデートの誘い方!タイミングはこの瞬間だった!」でも紹介していますが、2回目のデートは1回目のデート中に誘うのがベストです。
そして2回目のオススメデートスポットは、女性の「趣味」や「行きたい場所」をヒアリングできていれば決定しているはずです。

もし場所がまだ決定していない場合、女性がインドア派なのか?アウトドア派なのか?で大きくわかれます。

インドアでまったり好きな女性の場合

  • 家デート
  • 美術展デート
  • 水族館デート
  • 漫画喫茶デート
  • カフェデート(猫カフェ等)

などがインドアが好きな女性にオススメのデートスポットです。
ここで気をつけて欲しいのは、インドアは女性に対して下心与えかねない点です。

かならず、女性が断ってきたら素直に受け入れて違う場所を提案しましょう。

 

アウトボアで活発好きな女性の場合

  • ドライブデート
  • 観光デート
  • 食べ歩きデート
  • 山、海デート(季節に合わせて)
  • スポッチャデート
  • 釣りデート

などがオススメのデートスポットです。
1回目のデートで自分のことを知ってもらったので 、2回目は距離を縮めるデートスポットがオススメ です。

プチまとめ

付き合う前のデートは、1回目と2回目で目的が全く違う為、目的を達成できるように場所を決めるようにしましょう。

 

付き合う前のデートで告白する方法

それでは「付き合う前のデートで告白する方法」です。
先ほどの項目で、ベストなデート回数を紹介しました。

では「デート回数」と「告白までのデート回数」は「=」なのか?
それは「NO」です。

あくまでも最適なデート回数は2回です。
しかし、告白までのデート回数は「好意」の度合いによって違います。

 女性から「付き合いたい」「好きオーラ」などを感じた場合、1回目のデートで告白しても問題ない です。
しかしそれを感じるのがとても難しいし、経験がとても重要です。

そこで可能な限り女性が発する脈ありサインをまとめて記事を紹介します。
私が過去に女性から感じた脈ありサインなので間違いありません。

 

付き合う前のデートで手を繋ぐのはOK

この「?」も多いのではないでしょうか?
「付き合う前のデートで手を繋いだら嫌われる・・・」など思っている男性は、その考えを捨てましょう。

 一番重要なことは「手を繋ぐタイミング」 だと考え方を変えましょう。
一番ダメなのは、手を繋ぐ理由がないのに、いきなり女性の手を繋ごうとすることです。

また手を繋いでいいのか解らず、ぎこちない行動をとってしまう人も多いです。
これもマイナス効果です。

例えば人ごみが多い場所だったり、足元が悪い場所などは、手を繋ぐ理由付けができています。
逆算して考えるとそういう理由を作ればいいんです。

関連記事では「女性と手を繋ぐ方法」をご紹介しているので、あわせて読んでくださいね。

 

じゃあ付き合う前のデートで許されるボディタッチは?

私の経験上、手を繋ぐまでが許されるボディタッチです。
キスやハグは女性の心理に「この人ちゃらい?」を芽生えさせます。

男性なので早まる気持ちは解りますが、ちゃんと告白してOKをもらうまでは我慢しましょう。
ちなみに私は付き合う前に「H」をしたことがありますが、殆ど女性と付き合うことが出来ずじまいです。

理由は「ヤリモク」「浮気しそう」など、やはりマイナスの印象が発生するからです。
今デートをしている女性と付き合いたいなら、ちゃんと段階を踏んでいきましょう。

せっかく出会った素敵な出会いを一次的な欲求で、台無しにしないように気をつけましょう。

 

付き合う前のデートの食事代・店選びについて

では続いて付き合う前のデートで飲食店に入った時の「支払い」や、店の選び方を紹介します。
「やっぱり食事代は全額出すべき!」「いや~割り勘でしょ!」など色んな意見があります。

付き合う前の食事代について

私の経験上、食事代は絶対に全て払った方がよいです。
下記は男性の意見をアンケートした数字です。

Q.初めてのデートをするとき、食事などの代金はどうするのが妥当だと思いますか?
男性が多めに負担……36.3%
男性が全額負担……50.3%
割り勘……13.4%

マイナビウーマン

実に半数の男性が「全額負担」をおこなっています。
大学生ならまだしも、社会人になって女性に負担させるのはちょっとナンセンスです。

しかし、 女性が何度も支払いの意思を出した場合、受け入れましょう 
プライドが高い女性や、貸しをつくりたくない女性に多く、2度・3度「払うよ!」と言われてるに断ると不機嫌になります><

個人的は「払う意思」を出す女性は、絶対に大事にしましょう!
私の経験上、お金の管理がちゃんとできる女性です。

割り勘がダメな理由

割り勘がダメな理由は、 たかが数千円で女性と付き合うチャンスが無くなる からです。
そして、女性は決して「割り勘にするなら付き合いません!」と口に出しません。

フェードアウトしていくのが落ちです。
あたらしい女性との出会いにあふれているなら別ですが、出会いが限られるならそこは男らしく支払いましょう。

割り勘に対する女性の意見

最後のツイートのご意見はとても関心しますね!

 

もちろん例外もある

しかし例外もあります。
それは女性からデートに誘ってきた場合です。

誘ってきたのが女性なのに、払ってもらって当たり前みたいな雰囲気をだされたら、「●●●●円ね」と徴収しましょう。
とくに 初デートを向こうから誘ってきて、会計時に払う素振りがない時、懲らしめてやりましょう 

 

付き合う前のデートでベストな店

では付き合う前のデートでベストな飲食店を紹介します!
基本的には回数によって、選択する店を変えましょう。

 1回目のデートからいきなり「ディナーコース」みたいな高級雰囲気は、ちょっと女性が引いてしまいます 
女性の心理は「なになに?いきなり告白?もっとフランクに喋りたいのに><」が本音です。

私の経験上、1回目のデートはとにかく女性と話しやすい空間がベストです。
居酒屋チェーンはちょっとダメですが、個室でちょこっとお洒落な店なら何でもいいと思います。

ちなみに 下心を見せず、女性と距離を縮めたいならカウンターの店がいい です。
そして大事な2回目のデートは、ハシゴがベストです。

私の場合、 1件目は行ってみたかったラーメン屋などで「サクッと」終えて、2件目にお洒落なBARを選択 します。
1件目のフランクの感じから、2件目のシットリ大人っぽい店のギャップがまたいいんです^^

 

付き合う前のデートの女性心理を考察

付き合う前のデートの女性心理を私の経験から考察してみます。
少しデートの話から離れますが、「AIDMA」という言葉を聞いたことはありますか?

AIDMAは消費者の購買するまでの行動を表した言葉です。

A(Attention)認知・注意

I(Interest)興味・関心

D(Desire)欲求

M(Memory)記憶

A(Action)行動

これらの頭文字をとって「AIDMA」といいます。
ではこれが「付き合う前のデート」とどう関わってくるのか説明します。

 

付き合う前の女性心理を「AIDMA」に置き換える

付き合う前のデートを「AIDMA」に置き換えてみると以下の様になります。

A(Attention)認知・注意=男性のことを知り、どういった男性なのかを判断する

I(Interest)興味・関心=男性に対して好意を抱く、もっと知りたいと思う

D(Desire)欲求=男性と付き合ってみたい、もっと時間をともにしたいと思う

M(Memory)記憶=男性のことを日々の中で思い浮かべるようになる

A(Action)行動=男性と付き合うための行動に移る

このように、付き合う前のデートや日々の暮らしの中で女性心理は変わっていきます。
最終的な目標「行動」を起すためには逆算してデートを計算する必要があります。

1回目のデートで「行動」まで女性心理を成長させるのは至難の業です。
しかし、2回目のデートでは「行動」まで成長させることが可能です。

1回目のデートで「欲求」まで女性心理を成長させ、2回目のデートまでの間「記憶」を呼び起こします。
そして2回目のデートで「行動」を起させます。

 

付き合う前のデート中の会話を考察

前項の「女性心理とAIDMA」を元に付き合う前のデート中の会話を考えます。
まずは自分を認知してもらうために、仕事の内容、年齢、住まい、趣味、好きな食べ物、スポーツ経験、恋愛経験などを話していきましょう。

会話を進める中で、女性が興味を抱いた内容を掘下げて話をしていきます。
そうすることで女性と共通の趣味・好みが共有され好感度をあげることが可能です。

とても簡単に説明していますが、会話は奥が深くとても難しいです。
どうしても女性と会話が続かないという方は関連記事をあわせて読んでくださいね^^

 

とにかく一緒に”楽しむ”ことが出来れば恋は成熟する!

付き合う前のデートに関して、過去の経験を交えながら紹介しました。
しかし、この内容通りにデートをしても付き合うことはできません。

一番大事なことは「 お互い”楽しむ”時間を共有する 」です。
ここがぶれてしまうと告白はおろか、2回目のデートも出来ません。

デートは儀式ではないです。決まりきったコースもありません。
本当に好きな女性なら「女性が喜ぶことはなんだろう?」が自然と考えているはずです。

「そういえばこの前LINEでアイスが好きだって行ってたな!」
「ちょっと調べて一緒に食べてみたいな~」
「喜んでる●●ちゃんの顔をみたいな~」

って自然とリサーチすると思うんです^^
そうやって考えてる時間も楽しいじゃないですか^^

女性は高級なディナーや高級なプレゼントより、どれだけ私のことを考えてくれているのか?をとても気にします。
付き合う前のデートを制して、素敵な彼女を作りましょう!

運営より

 

ABOUTこの記事をかいた人

yamashita

10代の頃からナンパに明け暮れ、気付けば女遊びだけの人生を今まで送ってきました。記事では様々な女性遍歴から女性を口説く為のトークや流れなどを細かくご紹介して参ります。 口先だけではなく、実際の実績基づいた内容なので、是非、実戦してみて下さい。