女性・主婦がママ活をする時に注意して欲しい4つのこと+男性の選び方講座

どうも運営の山下です。
ママ活が今後とても伸びそうです。

以下、一文は「朝日新聞出版」が運営するメディアに掲載された一部です。

今後『ママ活』が『パパ活』以上の市場規模になる可能性は十分にあり、大手広告代理店などを中心に水面下で『ママ活』ブームを巻き起こそうという動きもあるようです。https://dot.asahi.com

パパ活はドラマの影響もあり一気にトレンドへと上り詰めました。
そして記事に記載される様に、 大手広告代理店の下パパ活以上に「ママ活」がブームになる可能性がとても高い と考えます。

そこでこの記事では「これからママ活」をやってみようと考える「女性・主婦層」に向けて、注意して欲しい点・男性の選び方を紹介します。
ちなみに私は10代後半(19歳~)かれこれ20年近く出会い系やマッチングアプリを使って、様々な女性と遊んできました。

そして私の友人関係には「女性を知り尽くした男性」も多数います。
その中には「俺が女性だったら絶対こいつとは遊びたくない・・・」と思う男性もチラホラ・・・

現状、ママ活を行う上でアプリは切っても切り離せない関係となっているいますので、アプリを使いこなした先輩として最低限気をつけて欲しい4つポイントを書かせて頂きます。
そしてこんな「男性はダメ!」も男性目線で紹介して参ります。

女性・主婦がママ活をする時に注意して欲しい4つのこと

不用意に会ったりしないで

ネット上には様々な男性がいます。
そして、プロフィールや写真だけで判断して「とにかくすぐに会う」ことはやめましょう。

  • この子は本当にプロフィール通りの学歴や趣味をもっているのか?
  • 写真は本当に本人なのか?
  • 本当にママ活を目的とした男性なのか?

こういった部分をしっかり判断してから会うようにしましょう。
その為には 最低でも1週間は時間をかけて、メッセージなどでやりとりするべき です。

男性の中には「プロフィール」「写真」を偽り、女性の目を引き会う男性が存在します。
「この子楽しそうね~今日は時間があるし出会ったばかりだけど会ってみようかしら^^」の考えは捨てましょう。

私も過去に「ノリと勢い」で会った女性が、とてもメンヘラでしつこく追いかけられた経験があります。
必ず、やり取りをして「安心できる男性」と会いましょう。

 

オープンな環境は誰が見ているか解らない

あなたがどういった生活環境で「ママ活」を始めるか私には解りません。
ママ活が一般的に世に広まったとしても、 「それってどうなの?」と疑問視する人も必ずいるということを忘れないで下さい。 

中には「ママ活サイト」や「ツイッター」で不用意に「ママ活募集してます^^」など書き込み女性もいます。
しかし、誰でも閲覧できるサービスを活用した募集は絶対にやめておきましょう。

その理由はオープンなサービスの場合、誰が何処で見ているか解らないからです。
そんな大きなリスクを追って始めるのではなく、会員登録が必要な「閉鎖」されたサービスで行うようにしましょう。

それが「マッチングアプリ」や「出会い系アプリ」だということです。

 

常にリスクヘッジして下さい

必ず「もし誰かにママ活していることがバレたら」を念頭において活動しましょう。

  • 寂しいから癒しを求めて× ⇒ 追っかけしてたバンドを応援したくて○
  • 普段のストレスを発散したくて× ⇒ 私が昔無し得なかった夢(目標)を応援したくて○

などなど、 人に「何故ママ活をしたの?」と聞かれたとき、納得できる返事を考えておくことで「リスクヘッジ」が可能 です。
その他にも「何処でこの子と出会ったのか?」などにも的確に応えられる返答を考えておくと便利ですよね^^

間違えても「マッチングアプリで・・・」などは言わないほうがいいと思います。
私もいい年した男性(アラフォー)ですが、出会いを聞かれた時、本当のことを言わず「この前たまたまBARへ行った時、知り合った女子大生」などと偽りの出会いを用意しています。

 

のめり込むと失う物も

人は何かに熱中してしまうと周りが見えなくなり、それが間違ったことでも正当化しようとします。
もちろんママ活がダメだというわけではなく、あまりにもママ活にのめり込んでしまうと「気付いた時はとんでもない金額を支援していた」などもありえます。

何事にも「節度」が重要です。
これ以上は「ダメ」だと自分の中で、リミットラインを設けて「のめり込まないように」しましょう。

最初は「ま~お茶だけならいいか~」から始まり、会っていく内にそれだけでは満足できずに「一線」を越えてします・・・
もちろん「相思相愛」で、あなたに守るべきものがないのであれば問題ないです。

しかし、 家族やご主人・会社の地位など守るべきものがあるなら、「相談に乗ってもらうだけ」「男性の頼りになってあげたい(精神面)」と最初の段階で「ここまで」を決めましょう。 

 

ママ活で選んで欲しい男性

目標・夢をもった男性

もちろん「私はイケメンじゃないとダメ!」「体格がいい男性しかダメ!」など外見的な最低ラインはあると思います。
しかし、外見だけでママ活してしまうと「支援」することが無いことに気付き「変な関係」に陥ることが目に見えます。

  • 彼の音楽にほれ込んだから「支援」してメジャーデビューして欲しい
  • 将来弁護士になる夢をかなえてあげたいから、私は支援する
  • 今は売れないお笑いかもしれないけど、いつか日の目を見るまで応援してあげたい

など、「何か」に対して支援する。
その代わりのとして「相談に乗って欲しい」「一緒にいる時は1人の女性としてトキメキたい」があって、お互いの目的が合致します。

ママ活をする時は必ず「何か夢とか目標はあったりするの?^^」と聞くようにしましょう。
その回答が「ありません!今バイトやめたので稼ぎたいので!」などは、あなたに会うメリットが正直ないと考えます。

 

身体を迫らない男性

もし身体の関係を迫ってくる男性がいた場合、それはただの「やりもく」の可能性大です。
あなたの目的はなんですか?まさか身体関係が目的ですか?それはママ活ではありません。

マッチングアプリで初めて会うときも「夜限定」だと言ってきたり、「飲みに誘ってきたり」はちょっと危険ですよね><
もちろん、回数を重ねて「お互いフリー」の状態で、支援関係がなく「身体の関係」にいったたならそれは問題ないですけど^^

このように最初から「性欲」を満たそうとママ活する男性は避けるようにしましょう。
間違った方向に進むのが目に見えます・・・

 

口が堅い男性

あなたとのママ活をツイッターやSNSで、簡単にバラすような男性は絶対に避けましょう。

  • ツイッターで「ママ活なう~!」
  • 友人に「昨日この人とママ活してきたわw」
  • このママは金持ってるしお前もメッセおくれよ!

など、平気で関係をバラす男性は長く付き合っていくことも出来ないし、あなたの生活環境の害にしかなりません。
かならずママ活で男性にあったら「この関係って誰にも言わないでよ~^^」と口頭だけでも言っておきましょう。

 

ママ活はプラトニックな関係が大事

ママ活はまだまだ新しい出会いの形です。
先攻してトレンドとなったパパ活は「身体の関係」を行いことも多いと聞きます。

もちろん「相思相愛でお互いフリー+支援なし」なら、それもいいと思いますよ^^
だって恋愛に年の差なんか関係ないですから。

しかしママ活はもっと「胸を張って言える活動」になって欲しいなと思います^^
 夢や目標があって能力もあるのに、育ってきた環境で実現できない若い男性 はたくさんいます。

そういった男性を応援して男性は夢・目標に専念できる。
そしてあなたは「相談に乗ってもらえて、若い男性と接することで若いパワーをもらえる」そんなプラトニックな関係がママ活の目的であって欲しいです^^

まあこんな綺麗ごとは通らないと思いますが・・・
メンレバでは今後も「男性」と「女性」双方の目線で、ママ活を追っていきたいます。

良かったら関連記事も見て下さいね!

ABOUTこの記事をかいた人

yamashita

10代の頃からナンパに明け暮れ、気付けば女遊びだけの人生を今まで送ってきました。記事では様々な女性遍歴から女性を口説く為のトークや流れなどを細かくご紹介して参ります。 口先だけではなく、実際の実績基づいた内容なので、是非、実戦してみて下さい。