社会人の営業は出会いが多い!その理由を現役営業マンが語ります。

どうも運営の山下です。
社会人になって営業職についた場合、出会いは他の業種より多いのか?少ないのか?

答えはもちろんYESです。
営業職は間違いなく出会いを増やすことが可能です。

そのソースは私で、21歳から今日まで約15年以上にわたり営業職を務めてきましたが沢山の出会いがありました。
営業職になったから出会いが増えると言うこともありますが、それよりメリットを感じるのが「コミュニケーション能力の向上」などです。

つまり、出会いの場所で成功するか成功しないかは、結局自分の行動であって「コミュニケーション能力」が多分に関係します。

  • これから営業職に転職を考えている人
  • 社会人初めての就職を営業職にしようと考えている人
  • 既に営業をしているが出会いがない人

こういった人には是非この記事を参考にしてもらえると幸いです。
それでは具体的にご紹介させて頂きます。

社会人の営業は出会いが多い理由

社内だけでなく社外での出会いもある

社会人の出会いのきっかけの中に「社内恋愛」がございます。
しかし、男性ばかりの職場や「おばさん」しか女性スタッフがいない場合、社内での出会いは期待できません><

そこで期待するのがクライアント先など社外の出会いです。
営業職の場合、テレアポメインの営業ではない限り、 外勤が中心となり様々なクライアントと日々顔を合わす ことになります。

私も昔よくありましたが「山下君は彼女いないの?内の若いスタッフと合コンしてあげてよ^^」や「内のスタッフで気に入ってる子がいるからご飯でも行ってあげてよ^^」などお願いされることがあります。これは外勤が多く、クライアント先と直接話す機会が多い営業職の特権です^^

 

コミュニケーション能力が向上する

学生時代の私は決して「よく喋る」方ではなく、どちらかと言うと静かな落ち着いた性格でした。
しかし営業職についた21歳から「テレアポ営業」を行い、嫌でも毎日人と話す生活が続くことで、気付いた時には「人と話すことに億劫な気持ち」が無くなっていたんです^^

それだけではなく、訪問営業を行うことによって「人が何を考え、何を悩むのか?」などを考えるようになったんです。
これは 社会人の出会いとは直接的な関係はありませんが、いざ女性と接した時、「あっ!この子はこんな話が好きなんだな!」「今の話は興味ないな」などがわかるよう になります。

そして、様々な社長と日々話すことで「話の話題」が自然と増え、会話の引き出しが増えます。
その結果、女性との会話でも活かすことができ、女性をトークで笑わせたり・感動させたりできる話術が身につきました

こういったメリットを得られるのも営業は出会いが多い(掴む)と言われるゆえんです。

 

接待などで夜の女性と出会うこと

これは営業だからと言うわけではないですが、営業は特にこういった機会が増えます。
その理由は先ほども話をしましたが、代表と直接コミュニケーションを取ることができ、気に入ってもらえた場合には会食などに呼ばれます。

ちなみに私も良く、新地・ミナミ・銀座・六本木などのキャバクラ・ラウンジに連れていってもらいました。
そしてもちろんそこで出会った女性と深い関係になったり、お付合いをしたこともあります。

これは個人的な意見も含みますが、キャバクラ・スナック・ラウンジなどを楽しめる男性は女性からモテます。
その理由はおそらく「もしかしたらこの子と付き合えるかも?」と言う、淡い自信がどこかにあるからだと思います。

少し話がそれましたが、 夜の店で働く女性との出会いは「お客」ではなく「接待」される側として行く方が、間違いなくモテます。  つまり営業職は「よし!今月山下君の頑張りで売上もついたし新地連れてってる!」となり、接待される側になることが多いので出会いが増えるんです^^

 

給料が単純にいい

これは営業で何を売るかにも左右されることですが、インセンティブがつく営業職は間違いなく他職より給料がもらえると考えます。
しかも、新卒だからなど関係なく契約を取ればとるだけ給料が増えます。

つまり お金を多く手に入れることが出来るため、自分磨きにお金を費やせたり、出会いの場(クラブ・パーティー)などへ行く回数も増えます。  普通は月に1回行く所を、月に2~3回行くことになれば出会いが増えるのは当たり前ですよね。

ちなみに私も21歳の時、必死に頑張り手取り40万を数ヶ月連続で取得し豪遊した経験があります。
今思えば「貯金しとけよ!」と思いますが、あの時経験したことは今でも財産になっています。

 

緊張しない強いハートを持てる

女性の前で緊張してせっかくの出会いを無駄にしてしまう・・・
そんな経験ありませんか?

営業の場合、何度も言いますが毎日の様に様々な人と話をします。
中には個人経営の綺麗なエステオーナーやネイルサロンオーナーさんもいます。

そんな時に緊張していては営業になりませんよね><
最初はもちろん緊張しますが、 場数を踏む事で緊張することはなくなり、自然と綺麗な女性と話すことが出来る んです。

これも社会人の出会いと直接的な関係はありませんが、いざと言うときに「緊張せず落ち着いて自分をアピール」できるのも営業職の特権です。
出会った女性は逃がさない!と強いハートと営業で培ったクロージングは恋愛において強い武器となります。

 

自由な時間を作れる

営業職は外勤が多い。
これは先ほどお話しましたが、言い方を変えれば「自由な時間」を作ることも可能です。

あっ!もちろんちゃんと数字の達成をしてからですよ^^
私が良くやっていたことは、夕刻に「空アポ」を入れて、そのまま直帰する悪い方法です。。

そして何をしていたのかと言うと、友人に誘われた合コンなどに良く行ってました^^
これも営業職だから出来る特権なんです。

どうしても内勤中心の場合は、基本早退と言う理由でしか早めの退社は出来ません><
しかし、 営業職は自由にスケジュールを立てることが出来るため、「時間が合わないから無理・・・」などで出会いのチャンスを無くすことがありません ^^

 

見た目にもこだわりが出る

これは男性の性格にも関係してきますが、営業職の場合、基本的に社内に「ちょっと遊び人」の上司が必ずいます。
そういった先輩から・・

  • スーツの着こなし
  • モテる女性受けの良い時計
  • ビジネスシューズのこだわり
  • オン・オフのスーツの着こなし

などなど自然と学ぶことが出来るんです。
ちなみに私が21歳の時に就職した営業会社にも遊び人の先輩がいました^^

でもとにかく営業が強く女性からもモテる素敵な先輩だったので、靴から時計からスーツからバッグなで全て真似した時だってあります^^
そうすると不思議と気持ちが「出来る営業マン」になって仕事面や出会い面でもうまくいくんですよね~面白いです。

 

最後に

私は社会人になって営業をやってきてよかったです。
それは出会い面ももちろんですが、得たものがとても多いからです。

  • 若いときにかなり遊べた
  • コミュニケーション能力を向上できた
  • 女性の前でも緊張しなくなった
  • 服や小物にも気を使う様になった
  • 高級スナック・ラウンジなど若くして体験できないことが出来た
  • そして大切な出会いも摘むことができた

などなど、ここでは紹介しきれない程のメリットを得ることができました。
しかし、悲しいかな営業には向き不向きはあり、向かない人には「ストレス」しかなく、すぐ転職してしまう男性もいます。

まあ今の世の中「石の上にも3年」なんていう言葉より、いやならすぐに辞めよう!の思考が増えているので、一度営業を試してみるのもおすすめです^^
メンレバでは「社会人の出会い」に関して多数の記事を書いていますので、合わせて読んでくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

yamashita

10代の頃からナンパに明け暮れ、気付けば女遊びだけの人生を今まで送ってきました。記事では様々な女性遍歴から女性を口説く為のトークや流れなどを細かくご紹介して参ります。 口先だけではなく、実際の実績基づいた内容なので、是非、実戦してみて下さい。