セカンドパートナーとは?セカパトが欲しい人へ探し方やメリット・デメリットを紹介

どうも運営の山下です。
ファーストパートナー(結婚相手)の他に、悩みや気晴らしに気軽に会えるパートナーはあなたにいますか?

昨今こんな言葉を耳にした人もいるはずです。
それは「セカンドパートナー」です。

この記事では「セカンドパートナーとは?」から、セカンドパートナーを作るメリット・デメリット、そして探し方まで詳しくご紹介して行きます。
ちなみに私は結婚し、離婚も経験しています。

そして結婚生活をおくっていた際、セカンドパートナーがいた経験があります。
その方が原因で離婚にいたったわけではございませんので、始めに伝えておきます。

  • セカンドパートナーって何?
  • セカンドパートナーとはどんなことをするの?
  • セカンドパートナーって結局浮気でしょ?
  • セカンドパートナーを探して作りたい

こんな疑問や希望を抱えるあなたには、是非読んで頂けると幸いです。
セカンドパートナーは「身体の癒し」ではなく、「心の隙間」を埋める役割が大きいと考えて下さい。

それでは、具体的にご紹介して参ります。

セカンドパートナーとは?

セカンドパートナーの言葉を知ったのは、先日TVで放送された某番組です。
タレントの「熊田曜子さん」がTVでセカンドパートナーの存在を告白したことで大きく取り上げられました。

セカンドパートナーとは

セカンドパートナーとは結婚相手(ファーストパートナー)とは別に、 肉体関係はないものの「恋愛感情」をもつ異性のパートナー を指します。
結婚した当初は幸せな気持ちばかりですが、時間が経つにつれファーストパートナーとの間に溝が生まれ、息苦しい生活を過す人も多い。

そんな時に、独身時代の「ときめき」を思い出し”あの時をもう一度”とノスタルジックな気持ちを共感できる人がいると、日々の生活に光が生まれます。
結婚という一種の「契約」を忘れて、独身時代のような初々しいデート、次はいつ会えるんだろうと心が高ぶる気持ちを生んでくれる存在

それが「セカンドパートナー」です。

しかし、一線(肉体関係)を越えてしまうと結婚生活が破綻してしまう、背徳心をもっていないと不倫関係となんら変わりません。
「友達以上でありながら、不倫未満の関係」の言葉が最もシンプルでわかりやすい。

もちろんのことながら過度なスキンシップはなく、 キスなどのファーストパートナーを不安にさせるような行動は慎み 、手繋ぎ・感情だけのプラトニックな関係です。

以上がセカンドパートナーの意味となりますが、当の本人同士は様々なメリットを手に入れることが可能です。
しかし、後述でも紹介しますが、結婚相手にとっては不快感しか感じないですよね・・・

 

セカンドパートナーのメリット

セカンドパートナーを作ることで得られるメリットを具体的に紹介します。
といってもあくまでもパートナーを作った側のメリットで、 作られた側(夫・妻)は不快感しかない と考えます・・・

結婚生活を割り切れる

結婚生活が長くつづくと色んな不満やストレスを抱えるようになります。

  1. もう夫・妻の言葉一つひとつに怒りを覚える
  2. 結婚生活が辛すぎて一緒にいる意味が解らない
  3. もう私は何事もなく老っていくだけなのか

などの悩み・ストレスを「セカンドパートナー」を作ることで、割り切ることが可能ですよね。
「今週末あの人に会えるなら我慢できる」と言う、目標や目的をもつことで人は「頑張ろう!」という気持ちを持てます。

結婚生活に活路が見出せない人に、一筋の光を照らしてくれる存在ってとても心強いですよね。
つまり セカンドパートナーは結婚生活を破綻させる可能性もあり、存続させる存在でもある わけです。

 

相談に乗ってもらえる

結婚生活は様々な悩みを生み出します。

  1. お金の悩み
  2. 子育ての悩み
  3. 配偶者との悩み(レス・会話など)
  4. 老後の悩み

こういった悩みを配偶者と出来れば問題ないですが、仕事や子育てで中々深く話せない人もいます。
だったら 親友に相談すれば・・・・と思う方もいますが、誰にでも親友がいるわけではない んです。

転勤で周りには親友と言える関係がいないくて、交流もない。
そうなってくると悩みを抱え、不安なまま生活を過すことになります。

そういった時に同じ悩みを持つ異性がいると、とても心強い存在となります。
そしてそこにお互いを必要とする恋愛感情が芽生えれば尚更ですよね・・・

 

気持ちを若返させる

セカンドパートナーを作ることで「あの時の気持ち」をもう一度かんじることが可能です。
あの時とは前述で少し触れましたが 「独身時代」の恋愛感情 です。

  1. 異性からの好意を感じるあのソワソワした感情
  2. つぎいつ会えるのかな・・・とその人を思う感情
  3. もっと気に入られるのはどうしたらいいのかな・・・
  4. 来週のデートはどんな服装で行こうかな

このような既婚者では味わえない気持ちが、あなたの気持ちや心を若返させます。
人は目標や目的を失った時から老いが進むと言われます。

そんなあなたにポッカリ空いた「心」を埋めてくれる存在がセカンドパートナーですよね。

 

セカンドパートナーのデメリット

結婚相手(夫・妻)を不安にさせる

どれだけ「不貞行為」がないと言葉でいったとしても、そんなことを信用できないし、信用したいとも思えません。
「その人はセカンドパートナーで、身体の関係はないです!」と言っても、恋愛感情がある時点で一線を越えるのは時間の問題と考えるのが当たり前です。

もし、あなたの配偶者が同じことをした場合、あなたは心から許せますか?
「あ~セカンドパートナーね~じゃあ良いよ^^」なんてならいないはずです。

つまり、本当に不貞行為がないとしても配偶者は不愉快極まりないというわけです。
だからと言って隠れてセカンドパートナーと会えばいいことではなく、その時点で「配偶者」に言えない関係ですからね・・・

 どれだけ正当化しても、配偶者にその気持ちは伝わらない ことを肝に銘じましょう。

 

結婚生活を破綻させ離婚になる

セカンドパートナーは前項メリットの結婚生活を割り切る気持ちを持たせます。
しかし、その反面「配偶者を不安」にさせ、ストレスを与えることになり、喧嘩を増やしてしまい遂には離婚に発展することも十分考えられますよね。

どれだけ口頭で不貞行為がないと告げても、そんな証拠はどこにもなく、 配偶者から理解を得ることなんか不可能 です。
セカンドパートナーと出会い、恋愛感情を抱くのは自由です。

ただ、その一方で「プラトニックな関係」でも、あなたのとった行動を悲しむ人がいることを忘れてはいけません。
それは配偶者だったり、お子様だったり・・・

 

世間体は許さない

どれだけバラエティー番組やタレントさんが「セカンドパートナー」の存在を正当化したって、所詮それは「芸能人だから許せること。」と思われても仕方ありません。
例えばあなたと配偶者の中で「不貞行為」がなければ、恋愛感情を抱くセカンドパートナーがいてもOKとします。

しかし、周りの目(世間体)はどうでしょうか?
小学生の子供がいた場合、保護者・ママ友にセカンドパートナーの存在が明るみになると、一気に広がります。

そしてあなたがどれだけ「不純な関係ではない」と説明した所で、手を繋ぎ歩く姿をみた人は誰一人信用しません。
そうなってくるとあなただけではなく、お子様・男性なら社内に良くない評判が流れることだって考えられます。

以上のようにセカンドパートナーを作るのは、メリット・デメリットともに大きく、浅はかな気持ちで探すものではないと思います。

 

セカンドパートナーが欲しい人がすべきこと

背徳心を必ずもち、深追いしない心

セカンドパートナーは決して「素敵なこと」ではなく、 配偶者には良かれと思われない こと。
この気持ちを必ずもっておかないと、間違いなく「一線」を越えてしまいます。

そしてあなたがしっかり背徳心を持っていたとしても、パートナーがその気持ちをもってないと、関係を継続するのは難しくなります。
「別にこんなことみんなやってることだし、手を繋ぐだけじゃなくキスもしたい・・・」とあまい誘惑を受けても、しっかり断れる強い意思があなたにありますか?

セカンドパートナーが欲しいなら「ダメなことはダメ!」と自分に強い意志を持てる人でないと必ず良からぬ方向へ加速します。
私の経験上、 恋愛ほど心のブレーキをかけることが難しい感情はありません 

以上のことから、セカンドパートナーは既婚者同士の方が「守るべき者・物」がある為、深追いしないプラトニックな関係を結べると考えます。
独身の場合は「私には配偶者がいないから・・・」と、一方的な行動に出られる可能性も高まりますからね・・・

 

異性の求められる存在になる

だれでもセカンドパートナーを作れるわけではありません。
恋愛感情が必須なセカンドパートナーなので、やはり異性から恋愛対象になる必要が必須です。

  1. この人なら相談に乗ってもらえよう
  2. プラトニックな関係を貫けそう(一線を越えない)
  3. 一緒にいてとても落ち着く、そして嫌なことを忘れさせてくれる
  4. 人として尊敬できる存在である
  5. 異性として魅力を感じてもらえる

以上のことがらは、セカンドパートナーを探すなら必要です。
その理由は、 ファーストパートナー(配偶者)よりも格下の異性をわざわざリスクを背負って会うメリットがないから です。

しかし、安心して下さい。
決して「容姿」が良くなければダメだというわけではありません。

セカンドパートナーは容姿よりも内面が必要で、男性は「包容力」を磨き、女性は「女性を捨てないこと」が重要です。

 

バレた場合の言い訳を考えておく

もしセカンドパートナーの存在が配偶者にバレた場合、しっかりと納得させる理由を考えておきましょう。
そうしないと、冷静に考えることが出来ず「軽はずみな理由」になり、喧嘩や離婚の原因となります。

そしてその 理由は「お互い(パートナー間)」でしっかり、共有しておきましょう。  もし理由に違いがあると、どちらかが「嘘」をついていることになりますからね・・・

  1. 相手の人にも家庭があって、あなたが思っているような行為は絶対にありません。
  2. ごめんなさい・・・不安にさせるようなことをしてしまって・・・でも恋愛感情はなく只の友人です。

などなど・・・必ず、恋愛感情はあります!などと言わないようにしましょう。

 

しっかりルールを設ける

もし運よくセカンドパートナーと出会いえた場合、必ずお互いの中でルールを設けましょう。
それは一線を越えないことはもちろん、お互いのプライベートに深く干渉しないなどです。

  1. 連絡はどのように取るのか?
  2. もし街中で知り合いに出会ったらどうするのか?
  3. どちらかが手繋ぎ以上のことを求めた段階で別れる

などなど、二人でしっかりルールを作っておきましょう。
つまりリスクヘッジをしましょうというわけです。

 

会いたくても頻度は一定に保つ

人間という生き物は「感情」が高ぶってしまうと、自我を忘れて行動をします。
つまりセカンドパートナーと出会って、最初はプラトニックな関係までとルールを設けていても、気持ちを制御するのは至難の業。

そして、たとえ手繋ぎだけの関係を維持していたとしても、 会いたい気持ちを抑えられず、会う頻度を増やしてしまうと配偶者にバレる可能性も高まります。  いつもの生活習慣を乱すような行動は絶対に止めましょう。

必ずパートナー同士で「会う頻度」は週に1回、もしくは月に2回などルールを設けると良いです。
ちなみに私がセカンドパートナーと会っていたのは、決まって金曜日の夜でした。
それ以外の日は決して会うことはなく、連絡も昼間だけにするルールを設けていましたが、、、

 日々のルーティンが崩れたとき、必ず人は「ん?」と言う疑問を覚えます。  そうならない為にもしっかり会う頻度は一定を保ちましょう。

 

セカンドパートナーの探し方

ではセカンドパートナーのメリット・デメリット、そして探す上での心得を知った人へ。
具体的に探し方をご紹介します。

ちなみに記事の冒頭でお話して私のセカンドパートナーは、今はもう過疎っている「mixi」の、30代~からの友達作り的なコミュニティーで出会いました。
最初は複数人で会いましたが、いつしか二人で連絡をとるようになり、二人で会うようになりました。

そして恋愛感情を抱くようになった流れです。
ここでは「不貞行為」がなかったと言っておきます。

では、その他にはどんな探し方があるのか?
まずセカンドパートナーを探すあなたは「既婚者」です。

つまり、恋活・婚活などと言ったパーティーでの出会いは「相手を欺くこと」になります。
そうなってくると探し方はどうしても限られてきます。

 

既婚者同士の飲み会で探す

世の中には「セカンドパートナー」を探すまでも行きませんが、気晴らしに既婚者同士で集まって飲みたいと考える人が多数います。
そういった集まりは中々、オープンに募集されるわけではありません。

しかし中には「既婚者飲み会サークル」なるものが存在します。
例えば、「BRANCH」というホームページが存在し、毎日のように日本全国で「ランチ会」などが開催されています。

こういった場所でパートナーを探すのも宜しいのではないでしょうか。
ただ恋愛に発展しやすいのか?というとオープンなサークルなので、少し難しいかと考えます。

 

出会い系アプリで探す

つづいては出会い系アプリです。
私も長年活用させて頂いておりますが、まちがいなく出会いはあります。

そして あなたと同じように結婚生活に不満を抱き、話を聞いて欲しいとフランクな出会いを求める男女がたくさん います。
やはり同じ目的をもった者同士が一番話を早いですからね・・・

またアプリという閉鎖された空間で、お互いのプライベートな部分を知る・知られることなく、やりとりも可能です。
ちなみに私が利用しているアプリは「交際ステータス」と言う項目が存在し、既婚者の異性を絞って探すことだって出来ます。

このアプリは「ワクワクメール」と言いますので、気になる人はのぞいて下さい。
デメリットは「アプリ」の存在を見られた場合です。

もし出会い系アプリを行うなら、アプリのインストールが必要ないサイトを選択して下さい。
ちなみに「ワクワクメール」はサイト登録可能です。

関連記事:セカンドパートナーが欲しい人におすすめアプリ・サイトを徹底考察!ネトナン師監修

 

同窓会で探す

おそらく個人的はこの探し方が一番綺麗なのではないかと思います。
もし、私が再婚してセカンドパートナーを求めるなら間違いなく「同窓会」に参加します。

やはり学生時代の同級生と淡いノスタルジックな感情をそのままに恋愛をできるのは「同窓会」が最適です。
しかし、毎年のように開かれる同窓会は少なく、待っていてはいつになるか解らないのがデメリットですね。

 

セカンドパートナーはプラトニックな関係を貫くことが重要

個人的にはセカンドパートナーはおすすめできません・・・
その理由は 何度も言いますがプラトニックな関係を貫く意思を持つことが本当に難しいから です。

かならず、どちらかがルールを破ってしまい、引き返せない関係にいたると考えます。
「大丈夫、私は家庭を破綻させるようなことはしない」と考えるのは、実際にセカンドパートナーを作ったことがない人だから言えることです。

恋は盲目と言われるように、始まった恋は止めることが難しく、恋愛から少し離れた生活をしていたあなたは特に感情的になってしまいがちです。
もしそれでも・・・と言うならかならず「言い訳」と「ルール」を考えること。

そして最後に、あなたの軽はずみな行動で「泣かしてしまう人」、失う者・物もあることを忘れないで下さい。
メンレバでは、様々な恋愛記事を公開していますので、合わせて読んでくださいね^^

ABOUTこの記事をかいた人

yamashita

10代の頃からナンパに明け暮れ、気付けば女遊びだけの人生を今まで送ってきました。記事では様々な女性遍歴から女性を口説く為のトークや流れなどを細かくご紹介して参ります。 口先だけではなく、実際の実績基づいた内容なので、是非、実戦してみて下さい。