好きな人ができない30代の男性へ。全ての理想を手に入れるのは難しいって話

こんにちわ運営の山下です。
この記事では「好きな人ができない30代の男性」に向けた記事です。

ちなみに私は現在アラフォーでようやく、好きな人ができて結婚に向けて同棲生活を行っています。
もちろんその女性と出会うまで、私も「好きな人ができない」時期が、約10年程ありました。

  • 好きな人が出来ない理由は何?
  • どうすれば好きな人を作れるの?
  • 好きな人と出会う方法は?

などの悩みや、疑問を抱えるあなたには、是非この記事を参考に「好きな人」を作ってもらえると嬉しいです。
タイトルにもあるように、男性って年を重ねるごとに「女性への要望・理想」が高くなっていきます。

それは、あなただけではなく、特に少し多く女性を見てきた30代男性なら皆さんです。
結婚も意識しますから、慎重になる気持ちも解ります。

それでは、具体的に私が好きな人と出会った経緯を、昔話を交えながらご紹介します。

好きな人ができない30代男性の理由

昔のように初々しい気持ちがなくなった

私が初めて心から好きなった人は、今も忘れません。
高校生の時にバイト先で出会った女子大生です。

まあ、叶わぬ恋で終わりましたが、シフトが被ると嬉しくてソワソワしていた時期を思い出します。
しかし、バイト当日になると赤面になってしまい、全く上手く話せない。

そんな男としてまだまだ初々しい時期には、すぐに女性を好きになるのが普通ですよね^^
でも、時は流れて様々な女性を見てきたことで、そういった初々しい気持ちがなくなるのが、30代男性に好きな人ができない理由のひとつです。

 

過去の経験から好きになる前に拒絶する

「あ~この子は昔付き合ったカオリちゃんと同じタイプか~、多分わがままなんやろな・・・」と女性と時間をかけなくても、ある程度の想像がついてしまう。
そうなってしますと、女性に対して「もっと色々知ってみたい!」と言う興味が持てませんよね><

私も20代本当に多くの恋愛を経験して、女性の良し悪しを見てきたので、女性を見れば「あ~この子は・・・」と過去と照し合せていました。
 女性を好きなることって、まず興味を持って、色んな側面を見ていく内に、知らず知らず好きになっていく と思うんです。

でも、過去の経験から「ある程度女性のタイプ」が解ってしまうので、興味があるのは身体だけになってしまい、好きな人ができない・・・
てなるわけです。

高校生の時って、女性と手がふれたり、可愛い仕草をみるだけで好きになります。
でも、30代になると、好きなる人は「一目ぼれ」か「中身」からでないと難しいと思うんですよね・・・

ちなみに私が今同棲している女性は、完全な一目ぼれで、初めて出会った時から、「この子はあかん!惚れてしまいそうだ・・・」と思い、好きになる気持ちが自分でも解りました^^

 

結婚を意識するあまり慎重になりすぎる

「は~周りが結婚していったし、俺もそろそろ相手を探さないと!」と言う気持ちが空回りして、どんどん理想が高くなる。
しかし、そんな人はすぐに出会えるわけもなく、結果的に好きな人ができない日々が続く。

しかも、隣の芝生は青いではないけど、友人の奥様がとっても素敵な女性に見えてしまう
その結果、どんどん慎重になってしまう気持ちも解ります・・・

ちなみに私はバツイチなので、結婚を意識して女性を探していませんでしたが、今の彼女と出会って「結婚して幸せにしてあげたい」と思えました。
つまり、 鶏が先か卵が先かの話で、まずは好きな人を作るのが私には合っていた わけです。

 

出会いが多くて好きになりたい人が選べない

まあ全ての30代男性ではないと思いますが、中には出会いの数が多すぎるモテ男で、好きにな人ができないも理由としてあります。
決して自慢するわけではありませんが、私も一時期ナンパや合コンなどで、多数の女性からモテた時期がありました。

そして、そんな時期って不思議と好きな人ができないんですよね・・・
その理由は以下の理由です。

  • もっと素敵な人が絶対にいる
  • 人として好きだけど、付き合うのは違う
  • は~また付き合う前にやってしまった・・・

などです。
これは特殊な形かもしれませんが、 出会いが多い30代男性ってやっぱりモテるわけで、一夜だけの関係も多くて「好きになる前に終わる」ってある んです。
もっと時間をかければ好きになっていたかもしれないのに、全てを知ったつもり(身体)で、興味がなくなるって訳ですね><

 

仕事が忙しくて好きになるほど一緒に時間を過せない

30代になると、仕事でも中間管理職になって、上司と部下に挟まれる時期です。
そんな時は、どうしても 恋愛よりも仕事に重きを置いてしまって、好きな人ができない理由 となります。

私も20代後半~30代前半まで、ほぼ全てを仕事に捧げてきました。
もちろん出会いはありましたが、時間をかけてじっくり好きになっていくのが、面倒に感じてしまうんですよね><

その結果、時間をかけて人を好きになる女性と出会っても、考え方が会わず恋愛に発展しない、好きになれないで終わりを迎える訳です><
じゃあ、同じように仕事が忙しい女性ならば!と思っても、すれ違いから好きになるまで発展しない。

まあ一番はほぼ毎日顔を合わす、職場の女性を好きなることが出来れば最高なんですけどね^^

 

一目ぼれするほどの女性と出会うことがなくなった

先程少し触れましたが、私が初めて出会った好きな人はバイト先の女子大生です。
今思い返せば、まったくかわいくなかったのに、なぜ好きになったのか?

その理由はまちがいなく、 当時と今の気持ちや経験の違い だと考えます。
おそらくあなたにも同じような経験があるはずです。

30代になって一目ぼれなんかするわけないと思っていた私が、一目ぼれした理由は、もちろん外見がとんでもないストライクだった。
そして、それよりも「待ち合わせの時間」に2時間以上遅れても、笑顔で「ありがとう」と言って走り寄ってくれたことです。

その瞬間、一目ぼれして好きな人に変わりました。
あなたが最後に一目ぼれした女性はいつですか?^^

 

偽りで固められた出会いが多い

まあこれは私の理由なんですけど、30代を越えて若い女性と出会うと、良く見せようと年齢を偽ってしまう。
その結果、 自分の中で女性に偽った後ろめたい気持ちから、好きになってもダメだと諦める ようになります。

私は年齢が理由でしたが、おそらく少なからず偽りが理由で、好きな人ができない男性もいるはずです。
つまり、もっとシンプルに考えると「好きな人ができない」ではなく「好きな人を作れない」が理由です・・・

 

好きになる前に諦めることが多い

「好きになってもどうせ俺のことを好きになる訳がない、だったら好きなっても時間の無駄」
つまり、あなたが良いなと思っていても、女性から好きになられる可能性が低いと判断し、好きなる前に諦めるです。

これも、過去の経験上がとても強かったり、好きになった女性との年の差が気になってだと考えます。
なんか30代も過ぎて、 好きな人が出来て、叶わなかった時の辛い気持ちを味わうなら、いっそ最初から諦めた方がいい と思いますよね。

でも過去の経験上、好きな人に年齢って関係ないと思うんですよね。
「恋は盲目」って言いますし、事実私の友人に30代でありながら女子大生と付き合っている男性もいますから。

 

男友達と遊んでいる方が楽しい

これは決して、女性ではなく男性の方が好きと言うわけではなく、男友達や趣味の時間に費やすほうが楽しい。
その結果、好きな人が出来る機会を作らずに過しているというわけです。

私も20代後半~30代前半まで、男友達と一緒にワイワイ飲みに出るほうがとても楽しくて、出会いなんていらないと思っていました。
でも今同棲している、女性とは男友達と飲みいった場で、偶然出会った女性です。

だから、決して男友達と遊びことが楽しいのが悪いのではなくて、 「この子いいな~」って思う女性が現れた時に、勇気を出して声をかけることが出来るかが重要 なんです。

 

引きずっている女性がいる

私には他の記事で紹介しているように、ずっと引きずっていた元カノがいました。
関連記事:元カノと復縁したい男性へ|1年越しに復縁した体験談と行った行動とは

過去の恋愛をひきずったまま、次の恋愛に進めない。
そうなると、 引きずっている女性と、新しい女性を比べてしまいます 

結果、好きな人ができな理由に繋がっていくわけです。
「この子可愛いけど・・・やっぱり元カノには叶わない・・・」とね。

これは決して元カノだけではなく、過去に好きだったが、叶わなかった・片思いで終わった人も含まれます。
つまり、 今あなたの心にいる「好きな人」との、関係をハッキリしないと次に進めない状況 だと言うわけですね。

 

好きな人を作る方法

全ての理想を叶えようとしない

これは至極一般的な「好きな人」を作る方法です。
私が今同棲している彼女も、この方法?メンタル?で好きな人になりました。

私は30代前半まで、本当に理想が高くて、好きな人は現れないと思っていました。

  1. 身長が高くて猫顔でツンツンしている
  2. 仕事をしっかり頑張っている
  3. ご両親がしっかりしている
  4. 年齢は絶対20代前半

などなど・・・それは出会いがそれなりに合ったからです。
でも、結局今好きな人は「1、2」だけで、その他は理想通りではありません。

それでも好きになったのは、 自分の市場価値が20代に比べて30代になると下がっていると実感していたから です。
20代ならそこそこ仕事を頑張って、それなりに収入があれば女性からも好かれます。

それは、これから将来性を見越して好きになってくれるからです。
でも、30代になると女性からの見方が明らかに変わります。

「えっ?30代でまだ年収がそれだけ?」や「30代なのに平社員って大丈夫」など、口に出さなくても心でつぶやいています。
つまり何が言いたいのかというと、女性が求める30代の男性像になっていないなら、妥協しないと一生独身のままになるぞ!ってことです。

 

粗探しをせずに良いところが探す

これは前述に関連することになりますが、どうしても30代になると、女性の良い所ではなく、悪い所を探す癖がついてきます。
若いときは、女性の悪いところなんか全く気にせずに、良い所だけを見ていたのに、何故、30代になるといわゆる粗探しをしてしまうのか?

諸説色々あると思いますが、、、

  1. 女性よりも優位に立ちたい
  2. 恋愛を減点形式で考えてしまう
  3. 女性をすぐにランク付けしてしまう

などが個人的な考えです。
でも、 この考えをもっている時点で、どんどん人を好きになることを遠ざけています 

ちなみに私の彼女は「箸の持ち方」がとても汚いです。
でも、今ではそれさえも好きになっています。

その理由は、 それも彼女の特徴なんだと理解するようになったから です。
もちろん、浮気癖があるなど、付き合っていく上で支障があることは論外です。

人って「2つの棒が寄り添って人が完成」します。
好きな人のダメな部分を、自分がカバーして支えあって行くのも、悪くないじゃないですか^^

まあ私も決して完璧な男性ではないのに、女性に全てを求めるのはおかしいかなって思いますしね。
しかも、30代の男性が求める好きになれる女性って、殆どが年下になるので、「俺が一人前の女性に仕上げる!」くらいの気持ちがあってもいいじゃないですか^^

 

好きな人のレベルを4つに分ける

最近私が読んだ本に「ファクトフルネス」があります。
本中に、分断本能が紹介されているのですが、人は先進国と途上国など、大きく2つの世界が存在すると本能的に考えると言われています。

つまり、この好きな人が出来ないに落とし込んだ際、 好きな人・好きじゃない人の2つだけではなくて、もっと細分化(4つ)して考えようってわけ です。
「何を言ってんだお前?」と思われた方はすいません><

もっとシンプルに説明すると・・・

  1. 全てがパーフェクトで大好き!
  2. 性格はちょっと難ありだけど好き
  3. 恋愛対象にはならないけど人として好き
  4. 全く好きになれない

の4つの分類で考えることで、簡単に好きな人はできると思うんです。
好きな人ができないと考える男性って、「1」の全てが好きじゃないとダメ!と考えている人が多い

でも、「2」のようにちょっと難はあるけど「好きな人」ももっと大事にして行くことで、心底惚れる好きな人に変わる可能性もあるんです。
そして「人として好きな女性」も、もしかしたら恋愛対象に変わる可能性も秘めているはずです。

すなわち、「あ~この人はダメだ!」「この人いいな~」の2つ以外にも、考え方に遊びを持たせてることによって、好きな人を作るわけです。

 

結婚したい!を意識せずにまずは好きになる気持ちを持つ

いきなり結婚を意識して「好きな人」を見つけると、どうしても求めるハードルが高くなってしまいます。
そして 人って気持ちが前のめりになっている時、その気持ちが強く伝わりすぎて、人を遠ざけます 

つまり結婚したい気持ちが強すぎる時期は、どんなに好きな人を探しても、女性は逃げて行く訳です。
私が今結婚したいと思える好きな人と出会えたのは、急がば回れの考えと同じで、まずは結婚を考えるのでなく、自分のことを受け入れてくれる女性を探そうから始めたからだと自負しています。

もちろん30代独身男性なので、親も高齢になり結婚を焦る気持ちも解ります。
でも、そんな前のめりの考えをちょっと休憩して下さい。

すると、あなた自身の女性に対する敷居も、そして女性から見たあなたの敷居も低くなっているはずです。
その結果、素敵な出会いを引き寄せて、好きな人が出来ると思うんですよね。

 

好きな人と出会うきっかけ

  • 仕事中も彼女のことが気になって手につかない・・・
  • もうすぐ仕事が終わるしすぐにでも連絡して会いたい・・・
  • 好きな人が他の人と話して嫉妬してします・・・
  • LINEの返事がこなくて気になって仕方ない・・・
  • 年下の女性なのに好きで振り回される自分が情けない・・・

こんな気持ちをもう一度するには、新しい出会いを求めるしかありません。
昨今、相席屋・スイッチバー・アプリなど様々な出会いの方法があります。

私もそういった場所へ赴きましたが、好きになれる人は現れませんでした。
もちろんそういった場所で好きになれる人と出会う可能性もあります。

でも、私はおもうんですよね。
結局、 30代になって好きになる人って、意外な場所が1番多い と。

ちなみに私が好きになった今の彼女との出会いは、ナンパです。
飲み帰りにフラフラの状態で、友人と帰っていた際、「こんな綺麗な子いるんだ?」と思い、勇気を出して友人とナンパしました。

 

今までと違った出会い方を探す

もしあなたが今まで女性と出会った方法で、この先も同じように探していても、好きになれる人って現れないと思うんです。
それよりも、今まで行ったことない場所や出会い方を挑戦する方が、よっぽど出会いの確率は高くなります。

その理由は、出会いに対してルーティンな動きが働くからです。
「あ~スイッチバーで出会った女性は、まず飲みに誘って・・・」など決まったコースがありますよね。

そうではなくて、 意外な場所で出会った女性って、「え~っとこういう場合は、どうすればいいんだろう・・・」と考えている内に、どんどん好きになる んですよね。
私もナンパと言うイレギュラーな出会いだったから、ここまで好きになれました。

これがいつもの様に、アプリなどで出会っていたら、ルーティンに遊んで終わっていた可能性もあります。
車に「マジョーラ」と言う塗装があります。

マジョーラの特徴は、見る角度や光度(昼・夕・夜)などよって、様々な色へ変わります。
女性に例えるのは失礼な話かもしれませんが、出会う場所によってあなたの気持ちも、女性の見え方も変わります

よく「旅先で出会った女性とそのまま結婚しました」
と言う話を聞きますが、おそらく旅先ではなくてスイッチバーならそうならなかったはず。

是非、これまで出会いを求めなかった場所へ赴いて、好きになれる人を探してみて下さい^^
また、メンレバでは多数の恋愛記事を書きていますので、合わせて読んで下さいね!

6 件のコメント

  • 今回も、こころに刺さる記事をありがとうございます。
    意外な場所で、意外な出会い方 というくだりにとても納得しました。
    そして、これ!と思う人に出会った時に、ナンパでモノにすることが出来るのはさすがです。

    • ΘKさんコメント及び、いつもメンレバをご閲読頂きありがとうございます。
      いつもと違った出会い方ってとても重要だなと思い、マジョーラを交えて書かせて頂きました^^
      私も最初は決してナンパなど出来る男ではありませんでしたが、「二度と会うことがないなら、後悔しないように」と思えた時から行動が変わりました^^
      今後もメンレバを宜しくお願いいたします。

      • 特に、やましたさんが「長身、猫顔、ツンツン」した女性が好みとおっしゃっている事です。一般的には「小柄、可愛い系、ニコニコ、ゆるふわ」が、日本で人気ある女性のイメージで、私は初対面の人からもツンツンしてる
        と言われる(愛想良くしてるつもりなのに)長身で可愛げの無い女と自覚してました。でも多くの女性と付き合ったモテる男性の好みがそういうタイプと聞いて、とても灌漑深いです^^。

        • ΘKさんコメント返信ありがとうございます。
          う~んこれを言ってしまうと全女子を敵に回しそうで怖いのですが言います。
          「小柄、可愛い系、ニコニコ、ゆるふわ」女子ってお手頃なんですよね・・・
          それよりも「長身、猫顔、ツンツン」の女性って、「どうやってこの子を口説けばいいんだろう」ってしっかり考えないと落とせません。
          殆どの男性が疎遠するのは、嫌いだからではなく、自分は相手をされないと決め付けているからだと思います。
          そこを挑戦して行く勇気があるか?ないか?の違いだと考えます。
          もちろん男性側の育ってきた環境や、タイプもありますけどね^^

          • >>敵に回しそうで怖いのですが言います。
            面白い言い回し^^!

            深いです。そっか~。
            私もモテ男に来て欲しいので、自信を持って今の路線で行きますね!^^

          • ありがとうございます!^^
            はい、路線変更せずにその道を極めて下さい!
            今後もメンレバへのコメントお待ちしております^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    yamashita

    10代の頃からナンパに明け暮れ、気付けば女遊びだけの人生を今まで送ってきました。記事では様々な女性遍歴から女性を口説く為のトークや流れなどを細かくご紹介して参ります。 口先だけではなく、実際の実績基づいた内容なので、是非、実戦してみて下さい。