社会人で出会いがないなら「紹介」が熱い!今すぐ友人・知人へ連絡を取ろう!

出会い-紹介

こんにちわ山下です。
この記事では「社会人の出会いでも(紹介)に特化」した内容となります。

社会人になると想像以上に時間と心に余裕がなく、自ら出会いを探して行動するのも億劫になります。
私も経験済みです><

そんな時、あなたの右腕となって素敵な出会いを探してくれる人がいると強い味方ですよね。

  • 就職で見知らぬ土地へきた・・・出会いはそうすれば><
  • そうやって友人に紹介してもらえばいいの?「紹介して」じゃダメでしょ?
  • そもそも友人がいない・・・そんな時はどうすれば><

と悩みや疑問を抱えるあなたには、是非参考にして貰えると幸いです。
実際、私は友人がいなくても「保険のおばちゃん」や「職場のおばちゃん」から紹介してもらった経験があります。

是非「出会いがない・・・もういいか・・・」と諦める前に読んで下さいね。

社会人の出会いに紹介がおすすめの理由

社会人-出会い-紹介

忙しい時間に友人が出会いを探してくれる

社会人になると一日が目まぐるしく過ぎ去り、あっという間に1ヵ月、そして1年と月日が経っていきます。
もちろん2019年4月から施行(大手のみ中小企業は1年後)された「働き方改革」によって、多少出会いを探す時間を作ることができるようになったと言えど、激的な変化はありませんよね。

朝は8時に起きて、通勤電車に揺られて、家に帰ってきたら8時過ぎ。
そこから何処かに出かけて出会いを探そうと思うほど、社会人は甘くありません。

週末は働き方改革のしシワ寄せで家でも仕事したり、疲れからかゴロゴロするだけ・・・
「あ~彼女欲しいな~」と言うだけで、中々行動に移す気もならず。

しかし、あなたがどれだけ忙しくても出会いのきっかけを作る方法があります。
それが「紹介」です。

もちろん 間単に紹介してもらえるほど甘くありませんが、しっかりコツを使えば、紹介により出会いのきっかけを増やせま す。
友人・知人に「ごめん!誰か俺に合った良い人がいたら紹介して><」と言うだけで良いですしね^^

 

必然的に真剣な出会いが保証される

クラブやナンパなどでは、お互いを知る共通の知り合いがいない、つまり周りの目を気にしません。
しかし紹介は、 友人の顔もあるので、どれだけ自分がタイプでなくてめ適当な扱いをされないのもおすすめ出来る理由 (もちろんあなたも)

せっかく合コンやアプリで出会った時間をかけて、デートの約束までこぎつけたのに、いきなり音信普通になってしまう。
そんな悲惨な状態にも、友人への顔がある為、ほぼありえません。

つまり、必然的に真剣な出会いが保証されやすいし、無駄な時間になりません
事実、私の女友達にまあまあ可愛い京都の看護師がいましたが、 友達の紹介だからと言うことで、普段は絶対デートしないような男性でも断らずに遊んだらしい です。

その理由は、やっぱりいつも良くしてもらっている恩もあるからとのこと。
すなわち、高嶺の花も捕まえやすいのが「紹介」です^^

 

付き合う確率がとても高い

「友人から紹介された女性が、実は彼氏持ちだった・・・」そんな話もあるかも知れません。
しかし、 「彼氏が欲しい」女性を紹介してくれるケースが多く、あなたの目的(彼女が欲しい)であれば、目的は既に一致 しています。

ナンパ・合コンなどは彼氏もちでも参加する子がいますので、一方的に好きになり告白したら「私・・・実は彼氏がいてそんなつもりじゃ><」と言われる可能性も。
つまり、あなたが女性に気に入られさいすれば付き合う確率がグッとあがるわけです。

 

友人・知人からの後押しをもらえる

紹介してくれる友人って結局お節介焼きの人が多いんですよね^^
もしあなたが1度デートして「ちょっと俺には合わないかな・・・向こうも気に入ってなかったみたいやし><」と弱気な態度をとったら、紹介した以上、最後まで責任をとってお節介心理が働きます。

つまり、「まじか~じゃあ俺からもうプッシュしとくからもう一回デートしてみ!そしてあの子は甘いもん好きやからデートは・・・」とあなたと女性の仲介もしれくれ、女性が好きなことだって教えてくれたり

これって他の出会いには全くないメリットで、 一度ダメだと思っても「コンテニュー」できるのが紹介の魅力 なんです^^

 

紹介で出会いを探すデメリットは選べない・断り辛い

紹介-デメリット

もちろん紹介による出会いにもデメリットがあります。
それは、やっぱり気を使って本来の自分を出せないことです。

昔、とても遊んでいる時期(6年程前)会社の先輩から彼氏募集中の女性を紹介してもらいました。
会社では真面目だったので遊んでいるなど言えるはずもなく、鳥貴族でデートしてそのままお持ち帰りしたし、その後少しの間(1ヵ月ほど)は付き合った経験があります。

何度も言いますが、もし 自分がタイプでない人でも、やっぱり紹介だとデートをしないと行けないし、お節介により付き合うことが余儀なくされる可能性もある んです。
これが、紹介のデメリットですかね・・・

そして、その人へ冷たい態度を取ったり、変な別れ方・遊び方をしてしまうと、一気にあなたへの評価が下がる可能性も・・・
節度を持って対応したいといけないわけですね。

 

友人に出会いを紹介してもらえない人の特徴

メリット・デメリットあれど、真剣な出会いを探す人にはとてもおすすな紹介。
しかし、どれだけ紹介をお願いしても「は~い」と返事だけで、全く紹介してもらえない人がいます。

過去に紹介してもらった人を適当に扱った

問答無用ですよね。
もしあなたが親友から「誰か良い人紹介してほしいな~」と言われて、会社の同僚を紹介したとします。

しかし、彼は親友と数回遊んで深い関係になっておきながら、付き合うことなくフェードアウト。
親友からは「遊ばれた・・・」と悲しい連絡。

その彼から「また誰か紹介してくださいよ^^」と言われたら、絶対に紹介しようと思いませんよね。
まあ女性が「遊び人でもいいから良い男紹介して!」なら解りますが。

つまり、 あなたが紹介して欲しいといった友人から、過去に紹介してもらって適当な扱いをしていたら、紹介してもらうのは絶望的 です。
しかも、友人が周りの知り合いに「あいつは遊び人だから紹介したらあかんで」と言われていたらおしまいです。

私は昔合コンに参加してはお持ち帰りを繰り返し、一切誘われなくなりました。
仕事も同じですよね。

契約いただいたお客様をしっかり対応することで、「こいつなら紹介しても大丈夫だな」と思われ、知り合いを紹介いただるんですから。
だからと言って、もう紹介は望めないわけではありません、次項で詳しく紹介します。

 

紹介してしてマン!になっている

  • 頼むわ~良い人いたら紹介してよ><
  • そういえば良い人いた^^
  • 頼むわ~まじ誰でもいいから紹介してくれ!
  • 忘れてない・・・

こんな何度も何度も紹介してとしつこく問いただす「紹介してしてマン」になっていませんか?
相手が無職で毎日暇しているなら良いですが、そうではなくあなたと同じく仕事をする身ですよね。

そんな 忙しい人へ自分の私欲ばかり押し付けていては、「あ~面倒やな~」と煙たがられる だけ。
もちろん焦る気持ちも解りますが、しっかり紹介する立場の気持ちを考えて行動しましょう。

紹介を多くもらう人は、紹介してくれる人の悩みを聞きだすのがうまいんです。
次項より「友人・知人から紹介してもらうコツ」を紹介します^^

 

友人・知人から紹介してもらうコツ

紹介-方法

紹介してもらうには、まず相手の立場になって「紹介してあげたい」と思わせるないといけません。
その為、実際私が行っていることを詳しくご紹介しますね^^

紹介してもらう友人・知人を褒める

人には大きく2種類のタイプが存在します。それは・・・

  1. 頼られると嬉しいタイプ
  2. 頼られると面倒だと思うタイプ

です。そして「紹介」をお願いするなら圧倒的に前者「頼られると嬉しいタイプ」に徹する事。
頼られると嬉しい人は「お節介焼きで面倒見が良い人」や「管理をしている人」です。

例えば 学生時代に部活のキャプテン・マネージャーをやっていた自分は、どうしても困っている人がいると放っておけない 
つまり、あなたの友人・知人を見渡し、該当する人物に紹介をお願いすればいいわけ。

そしてこうお願いしてみましょう^^
「山下って本間に人望あるし面倒見いいよな~」です。

その回答に「そうか~ありがとう^^」と嬉しい顔をしたら間違いなく「紹介」してくれる可能性が高い人です。
だって自分で「面倒見がいい」と言われて喜んでいるからです^^

あとは「実はちょっと話したいことがあって・・・今度飯でも奢るから相談乗ってくれよ~^^」と話をしましょう。

 

まずは自分が友人に恩を売ることから始める

まずはあなたが紹介して欲しい友人へ恩を売ることが重要です。
私の場合、女性との出会いが多かったので、自分がタイプじゃなかった女性を紹介して恩を売って、逆に紹介してもらっていました。

「いやいや俺は女性の知り合いなんかいません・・・」と言う方は、男性から紹介してもらう概念を捨てて下さい。
あなたの職場には年上ばかりで恋愛対象となる女性がいないとします。

しかし、私の経験上、 職場の年上女性は「お節介さん」がとても多い 
「何か手伝いましょうか~」と仕事を手伝い恩を売り、「実は最近彼女と別れたんですよね~」なんて言えば、必ずあなたの見方となって出会いを探してくれます^^

その他にも私が良く使っていた裏技は、会社によくくる保険のおばちゃんを活用するです。
おばちゃんは様々な会社を日々訪問しているので、「誰か女の子紹介してくださいよ~」なんて言えば、すぐに合コンを組んでくれたり紹介してくれたりします。

 

とにかくギブ&テイクを考える

出会いを紹介して欲しい時は、必ず「ギブ&テイク」を心がけて下さい。
 あなたにメリットがあって、友人にメリットがないと、周回を後回しにされます 

そうならないようにするには、紹介してもらう人が喜ぶことを考えましょう^^
例えば、保険のおばちゃんであれば「保険の契約」ですし、職場の年上女性であれば日頃のお手伝いです。

その他にも友人が彼女を探していたら、あなたがタイプでない女性を紹介する。
もっとシンプルなのは「ご飯を奢る」などもありますよね^^

つまり、紹介を増やすならまずは「ギブギブギブ!」の精神が大事なんです。
そうすれば、必ず恩を大事にする人は「テイク」してくれますから^^

そして自分の強みを最大限まで使うこと。
私が仕事で契約が欲しかった時期、とにかく女性の強みを活かして、何度も何度も合コンを組みましたかね。
結果、仕事をもらえたし、お客様は女性を紹介してもらって喜ぶ「winwin」の関係になれるんです。

 

紹介をお願いするタイミングはテイクした時

先程お話したように紹介には「テイク」が大事です。
でも、どのタイミングで「出会いがないので紹介してください」と言えば良いのか?

それは間違いなく「テイクが完了」されたときです。
つまり、 友人・知人の気持ちが・欲求が満たされた瞬間 です。

  • 友人にご飯を奢った時
  • 仕事を手伝った時
  • 女性を紹介した時

がベストです。
これらのタイミングを逃さずしっかりあなたの目的を伝えましょう。

もちろん今まであなたが人の役に立ってきた自身があるなら、突然紹介をお願いしても快く聞いてくれます。
しかし、 関係性が出来上がっていない友人・知人にはタイミングをしっかり考えて みましょう^^

 

1人だけではなく色んな人へ声をかける

最後は当たり前のことですが、 紹介してくれる人は多ければ多いほど良い です。
1人だけではなく10人へ紹介をお願いする方が効率も良いですからね。

だからと言って、同じカテゴリにお願いするのはよしましょう。

  • 会社から1人
  • 友人(男)から1人
  • 友人(女)から1人
  • 元カノから1人

のイメージです。
その理由は、かぶってしまう可能性が出てくるからです。

世間はあなたが思っている以上に狭く、同じカテゴリで紹介をお願いしると、違った人から同じ人を紹介されることになったりします・・・(私はまだありませんが)
「あいつみんなに紹介して欲しいって言ってるんか~じゃあ誰か紹介するだろう~」と考えられる恐れもありますからね><

 

社会人で出会いがないなら「紹介」が熱い!まとめ

忙しいあなたへ紹介で出会いを探す方法をご紹介しました。
「いや~紹介は欲しいけど・・・もっとこう軽い・・・」とお望みの方は、関連記事「社会人の出会いのきっかけ19選|男が出会いを増やすたった1つの方法を紹介」にて、厳選された社会人の出会い方をテクニック含め紹介していますので、合わせてお読み下さい。

特にナンパ・クラブは真剣な出会いを求めていない男性にはおすすめです。
とは言っても、簡単に出会いがあるわけではなく、やはり自分磨きをしっかり行い、恋愛対象に入る確率を高めることは必須です。

ABOUTこの記事をかいた人

yamashita

10代の頃からナンパに明け暮れ、気付けば女遊びだけの人生を今まで送ってきました。記事では様々な女性遍歴から女性を口説く為のトークや流れなどを細かくご紹介して参ります。 口先ではなく、全てはノンフィクション(実話)です。 是非、実戦して下さい。