タトゥーを入れて後悔する人は入れた理由が関係する。tatoo経験者より

こんにちわ運営の山下です。
この記事では「タトゥーを入れて後悔する人は、入れた理由に関係する」について、タトゥー経験者が解説します。

私は27歳の際、左肩にタトゥーを入れました。
入れた理由は戒めの為。

もちろん、会社にもカミングアウトし承諾を得ています。
そしてタトゥーを入れたことに後悔していません。

そこで、実際タトゥーを入れて約10年歩んできた筆者が「タトゥーの後悔」について経験談を交え話しますので、これからタトゥーを入れようか?入れまいか?考えている人の参考になれば幸いです。

タトゥーを入れて後悔する人の特徴

タイトルにもある通り、タトゥーを入れて後悔する人の多くが、入れた理由が関係すると考えます。
人間なので、生きている中で価値観が変化し、しっかり明確な理由を持ってタトゥー入れても、後悔する場合はあります。

若い男女に多い後悔

  • 好きなバンドがタトゥーを入れてるのを見てカッコいいから
  • なんとなくタトゥーを入れると女性にモテるのでは?と思って
  • 最近ではお洒落目的で芸能人が入れているので
  • 友人に誘われて「まっいっか」で

など、 自分がどうこうよりも誰かの影響を受けてタトゥーを入れた人の多くは後悔している 人が殆どです。

 

夫婦やカップルに多い後悔

その他にも「ペアタトゥー」と言って、夫婦やカップルでお揃い・二つで一つのタトゥーを入れるなども要注意。

  • カップルの場合、別れたらどうするの?
  • 夫婦なら一生消さない限り子供つれて温泉や、USJ・ディズニー行けないよ?

と思ってしまいます。

まあ確かに小さなサイズ・入れた場所によって、私生活に何の影響もなく過せるかもしれません。
しかし一生背負っていくには、浅はかな理由じゃない?って感じます。

 

タトゥーを後悔する瞬間

共に入れた友人がタトゥーを消した時

タトゥーを入れた理由が明確であれば問題ありません。
しかし、友人から「俺タトゥー入れるから一緒に入れようや^^」と誘われて、深く考えず入れる。

その後、友人が結婚・仕事などの関係でタトゥーを消すことに。
間違いなく、友人に触発されて「俺も消そうかな…」を考えます。

つまり 入れる時も、消すときも自分の意志ではなく、他人の意志では間違いなく後悔します 

 

彼女の両親にあった時

例え 彼女がタトゥーを入れていることを理解してくれていても、両親も理解してくれるとは限りません 
タトゥーを彫っている私でさえ、将来結婚し女の子が生まれ、タトゥーを入れた彼氏を連れてきたら良い気はしないでしょう。

ちなみに私は彼女の両親に会うまえに、彼女から事前に親へ話をしていたので、戦々恐々(びくびく)で挨拶にいきました。
幸い理解力のあるご両親だったので良かったですが、その逆(批判的)なら間違いなくタトゥーを入れたことを後悔していたでしょう。

 

子供が生まれてプールにいった時

私は現在未婚(バツイチ)で、子供もいませんが、結婚し子供ができたら市民プールや遊園地のプールへ行きたいなって思います。

しかし殆どのプールでは、タトゥーを完全露出した姿での遊泳は禁止されています。
 厳密に言うと、ラッシュガードを着用して隠すなどで遊泳は可能 です。

とは言え、周りのお父さんはラッシュガードをせず子供とはしゃいでいるのに、自分はできないと考えると後悔せざる負えません。

そして、周りからみても「あっこの人タトゥー入ってるのかな?」と勘繰られたりしますしね…

昨今海でもタトゥー露出が厳しくなってきている

昨今、海水浴場でもタトゥー・刺青の露出を禁止しています。
その大きな理由は治安です。

 タトゥーを入れた男女が海水浴場をウロウロすると、治安が良いとは言えません よね。
そうなると結果的にファミリー層が、避けるようになります。

その他にも、タトゥーを入れている人全員と言うわけではありまえんが、マナーが悪いと思われがち。
タトゥーは目立つので、少しマナー違反をすると一般人よりも目立つんでしょうね><

 

スポーツジムに入会できない

前述のプールに関係しますが、 スポーツジムもタトゥーが入っていると入会を拒否される可能性があります 
ジムの中には、、、

  • タトゥーのサイズで決める
  • しっかり隠せば大丈夫
  • 入っている時点でNG

とそれぞれ違ってきます。
しかし、基本的に歓迎ムードでないのは事実。

スポーツクラブに行けないこと位で後悔する人は少ないかと思いますが、デメリットであるのは間違いありません。

 

温泉に入れないことがある

昔私が城崎温泉(兵庫県)へ行った際、みんなは外湯周り、私は館内温泉で我慢と寂しい経験をしました。
下町の銭湯ならタトゥー・刺青を許可していることも多いです。

しかし、 スーパー銭湯では例え隠しても入れている時点で拒否される可能性もあります 
例えば大江戸温泉では以下のように記載されています。

申し訳ございません 当社施設では刺青・タトゥー・疑似シール・ペインティング等をされている方のご入館を固くお断り致しております。

大江戸温泉

つまり 「疑わしきは罰する」ではないですが、タトゥーらしく物を全てNGと言うわけ です。
スーパー銭湯のほとんどはNGなので、タトゥーを入れてことを後悔するし、温泉と言う娯楽を一つ捨てることになります。

 

両親へ言っていないと罪悪感が生まれる

ちなみに私はタトゥーを入れたことを両親へ話していません。
つまり、カミングアウトしない限り両親とゆっくり温泉に入り親孝行もできないわけです。

カミングアウトすればいいだけの話ですが、実際入れた本人しかわからないとおもいますが、なかなか言えないんです。
なんというか罪悪感を感じてしまって…

そして間違いなく落胆する両親の顔が浮かぶので。

 

タトゥーを見られると警戒される

まあ仕事関係では普段スーツなので、見られることはありません。
しかし、合コン・パーティーなどで出会った女性に入っているのがみつかると、ちょっと警戒されます。

私のタトゥーは和彫でもなくとライバルで、サイズもハガキサイズです。
それでも 「え~どんな仕事してるの?」と根掘り葉掘り聞かれる ことも…

まっ確かに逆の立場だったら「えっもしかしてこの人あっち系?」と警戒しますよね。

 

職場でバレる・再就職の邪魔になる場合も

面接の段階で「君もしかしてタトゥー入ってる?」など聞かれることはまずないでしょう。
ない前提であなたを見ていますからね。

しかし、 職場によってはタトゥーを良しとせず、解雇に追い込まれる可能性もあります 
少しまでは、大阪市の職員が刺青を入れていたとして問題になりましたよね。

まあ落ち着いて考えれば、 会社の従業員がタトゥーを入れていて、クライアント(お客)にバレたら大問題 ですからね><

このように就職・転職、そして解雇などに影響することもあり、後悔する可能性があります。

 

USJ・ディズニーなどに入園拒否される可能性も

カップルや夫婦などでにぎわうテーマパーク。
やはりタトゥー・刺青を見せびらかす行為は禁止されています。

入園にふさわしくない服装・刺青の露出等東京ディズニーランド

と東京ディズニーランドの公式HPへ記載されています。
とは言え、プールと同じでしっかり隠せば問題はないようです。

しかし、見える?見えない?を考えながら楽しむことになるので、少し後悔する可能性もありますよね。

 

タトゥーを入れてよかったこと

自分の決意を再確認できる

タトゥーを入れた理由が明確でしっかりしているなら、タトゥーを見ることで入れた理由を今一度思い出すことができます。
例えば、俺は音楽で生きていく!もう二度とサラリーには戻らない!の決意でタトゥーを入れたなら、くじけそうな時、タトゥーを見て「もう一度頑張ろう」と思えるかも知れません。

つまり タトゥーってデザインも大事かもしれませんが、そのデザインにどんな意味が刻まれているのか? が一番大事 なのかなって感じます。

そしてその意味はあなたの人生を正しい方角に導いてくれるコンパスの役割を担えば◎

 

やっぱり一定層の女性にモテる

あまり言いたくありませんが、やはり一定層の女性からはモテました。
 「タトゥー入れてるん?見せて見せて!触っていい?痛くなかった?」と質問攻めにされるし、自然とボディタッチにもなるのでモテます 

とは言っても、若い時だけの話で30代になっても「わ~」とかは正直ないですし、見せようとも思いません。
と言うか普段の生活で、入れていることさえも忘れています。

「タトゥーカッコいい~モテる!」は確かにあります。
しかし、そんな数年の為にタトゥーを入れることは絶対に避けましょう。

間違いなく後悔します。

 

タトゥーを入れて後悔しない為に

私は冒頭話をしたように初めてタトゥーを入れたのは27歳の時、つまり若気の至りではありません。
タトゥーを入れたのは、自分の戒めのため

26歳の時、私は仕事関係で大きな挫折を味わい「これからどうすればいいんだろう…」と男泣きするほど落ち込んでいました。
そんな時、前職の同期から一緒に会社を立ち上げませんか?と相談を受け再起しました。

その時、 もう二度とあんな苦しい時期を繰り返さない為にも、苦しかった時期を忘れない為にも、タトゥーを入れた わけです。

たまに心が折れそうな時は、タトゥーを見て「あかん!頑張ろう!」とやる気を頂いてます。

だからタトゥーを入れたことに後悔は全くありません。
とは言え、不自由なことはありますけどね^^

昨今、外国人観光客が増加しタトゥーを入れた外人を良く見かけます。
その影響もあってか、少しづつ少しづつタトゥーへの対応は変わってきている気もします。

しかし、まだまだ日本はタトゥー・刺青に対して否定的。
だからこそ、これからタトゥーを入れようか悩んでいる人へ、もう一度大事なことを言います。

  • 50代~60代になっても納得できるデザインですか?
  • カッコいい、可愛い、おしゃれだからで入ようとしていませんか?
  • 友達に誘われて勢いで入れようとしていませんか?
  • 仕事に支障をきたす可能性もありますが良いですか?
  • タトゥーを入れる理由は何ですか?

上記をしっかり考え、それでも答えが「YES。入れよう。」なら良いのではないでしょうか。
少し痛みはありますけどね^^

ABOUTこの記事をかいた人

メンレバ編集長 山下

10代の頃からナンパに明け暮れ、気付けば女遊びだけの人生を今まで送ってきました。記事では様々な女性遍歴から女性を口説く為のトークや流れなどを細かくご紹介して参ります。 口先ではなく、全てはノンフィクション(実話)です。 是非、実戦して下さい。