セカンドパートナーが欲しい人におすすめアプリ・サイトを徹底考察!ネトナン師監修

どうも運営の山下です。
この記事では「セカンドパートナーが欲しい!けどアプリやサイトはどれを使えばいいの?」とお困りの方へ、アプリ歴約20年の筆者が詳しくご紹介します。

セカンドパートナーは「セカンドパートナーとは?セカパトが欲しい人へ探し方やメリット・デメリットを紹介」でも詳しく紹介いたしましたが、既婚者の相手を探すことでリスクヘッジできます。
つまり、恋人や結婚相手を求めるアプリではなく、 既婚者でも出会いを求めることが可能なアプリを選択することが重要 となります。

  • セカンドパートナーを求める男女が多いアプリを知りたい
  • セカンドパートナーをアプリで探す時の流れを知りたい
  • セカンドパートナーに適した異性をアプリで探す方法を知りたい

こんな疑問を希望を持つ人には是非、参考にしてもらえると嬉しいです。
ちなみに私は冒頭お話したように、19歳から「スタービーチ」と出会い、その後「SNS(mixi/GREE/モバゲ)」やYYC・ワクワクメール・Tindarなど多数のアプリを使ってきました。

「スタービーチなつかしいな~」って思う人も多いのではないでしょうか?
それでは、具体的にご紹介して参ります!

セカンドパートナーに適したアプリの選び方

それでは数あるアプリからセカンドパートナーに合った選定の仕方からご紹介します。
冒頭少し触れましたが、出会いを求めるアプリにはいくつか種類があります。

  1. 様々な出会い(不純含む)が可能なアプリ
  2. 純粋に出会い(彼氏・彼女)を求めるアプリ
  3. 結婚などの本気の出会いを求めるアプリ

大きくこの3つに分かれ「2」「3」でセカンドパートナーを探しても、成果を得られる可能性とはとても低いんです。

まず出会い系アプリを利用する

上記図は私が最近最も使用する出会い系アプリの「ワクワクメール」です。
後述で詳しくご紹介しますが、相手を探すさいに「条件指定」ができるんです。しかしも・・・

  1. 独身
  2. 交際中
  3. 既婚
  4. 複雑な関係
  5. 別居
  6. バツあり

とひじょうに細かく相手を指定することが出来ます。
これが出会い系アプリの強みです。

セカンドパートナーはもとより既婚者同士が多いため、交際ステータスを「既婚」に指定するだけOKです。
「実は私も既婚者なのでまずはお話から・・・」など気を使わずメッセージを送れます。

 

サイトも対応したアプリがベスト

セカンドパートナーは決して許されることではないと私は思っています。
それはやはり配偶者を傷つける恐れがあるためです。

しかし!背に腹は変えられない気持ちも解ります。
そうなると 可能な限り「バレない」ようにパートナーを探すことも必須次項 です。

アプリの場合はスマホにインストールしますので、どうしてもスマホを見られた段階で「なぜ出会い系アプリなんか入れてるの?!」と言われるのが目に見えます。
もちろん私のように「常ロック」であればその問題も解決できそうですが、いつ何時見つかるか解りません。

そこでおすすめなのが「出会い系サイト」への登録です。
サイト登録の場合は、 インストール不要なので「お気に入り」に入れて可能な限り秘密のまま探せます 

 

セカンドパートナーにおすすめのアプリ・サイト

アプリ名 サイト登録の有無 費用 特徴
ワクワクメール アプリ・サイトあり 登録無料(ポイント課金) 既婚指定で相手を検索できる
セカンドパートナー サイトのみ 男性:9,000円
女性:2,500円
既婚者だけの「パーティー」開催
ASOBO アプリ・サイトあり 登録無料(ポイント課金) 積極的な女性が多い

第1位:ワクワクメール

個人的に一番おすすめしているのが、私も愛用している「ワクワクメール」です。
本記事でもご紹介差し上げましたが、お相手検索にて「既婚」があるためスムーズにセカンドパートナーを探せます。

そして何より「登録無料」はもちろんですが、 ワクワクメールに入会することで「お試しポイント最大120S(1200円分)」を入手できます。  つまり、はじめての方でも練習として出会い系を体験することができるんです。

下記のカカオでのやり取りは、実際に「ワクワクメール」で出会った既婚29才女性とのやりとりです。

また、ワクワクメールはアプリ・サイトともにサービス提供していますので、あなたに合わせてお使いいただけます。

※共に登録無料+約2分で会員登録できます。

 

第2位:セカンドパートナー

セカンドパートナーという名の既婚者限定の交流イベントを主催しているサイトです。
私はサービス経験がございませんが、日本全国にて主催しているようです。

しっかり以下の「安心・安全」への取り組みも行っているので心配ないのも嬉しいですね。

  1. 身分証明書提示
  2. 女性は匿名で参加可能
  3. 嫌な人とはバッティングしないシステムあり
  4. もちろんサクラはいない

しかし、ちょっと男性の参加費用(9,000円~)が高いのが気になる所ですね・・・
それ以外は気にならないので「出会い系はちょっと・・・」とおもわれる方にはおすすめです。

 

第3位:ASOBO

そして第三位が私も最近始めた「ASOBO」です。
まだ実際に女性と会ったことがない出会い系アプリですが「既に2名」とライン・カカオにてやりとりさせて頂いております。

お二人目の方とは近々お会いする予定になっていますので、追って追記します。
ASOBOもワクワクメール同様に 「初回登録時」のポイント「70PT」だけでここまで出来ています ので、おすすめできます。

※共に登録無料+約2分で会員登録できます。

 

セカンドパートナーとアプリで出会うまでの流れ

アプリ・サイトへ登録する

まずは自分にあったアプリやサイトを1つだけ登録して下さい。
2つも3つもインストールすると注意散漫になってしまい、出会いを手繰り寄せることが出来ません。

数をこなせばセカンドパートナーと出会える!と言うものではありません。
 1つのアプリをしっかり使いこなすこと、そして出会い系に慣れることが重要 です。

 

プロフィール写真を用意する

おそらくこの記事を閲覧する多くの人が「mixi」や「フェイスブック」を経験されていると思います。
やはりそういったSNSでは「写真」の存在がとても重要で、素敵な写真を上げるだけで人の目に止まりますよね^^

出会い系アプリでも一緒に、セカンドパートナー候補の目に止まる写真をしっかり用意することが重要なんです。
詳しいテクニックは「出会い系はプロフィール写真で全て決める!モテる写真の撮り方」にて紹介していますので、合わせてお読み下さい。

お急ぎの方は以下の点だけ注意して下さい。

  1. 写真は顔写真だけではなく、プライベート(趣味・仕事関係)を含めた3枚がベスト
  2. 顔写真は必ず上半身を含めて撮影し、少し上から撮る
  3. 室内だけではなく、室外の写真も含める

ことを意識して下さい。
必ず「これ本当に私?」とおもわれるような写真を用意して下さい。

 

プロフィールの構築

あなたのプロフィールを完結にまとめて下さい。

はじめまして大阪に住む建築設計の仕事をしているサラリーマンです^^
最近平凡な人生で楽しみが無くなってきたので、既婚者同士の繋がりが欲しく登録しました。

既婚者同士にしかわからない悩みなどを相談できると嬉しいです^^
趣味はサッカーとドライブ、そしてワインBAR巡りです。

気軽にメッセージ待ってますので宜しくです^^

このプロフィールは少し固めです。
出会い系アプリの場合、 過去の経験上、真剣になりすぎると相手が重くなりメッセージがきません。 

その為、軽いノリで絡んでもらえるように構築して下さい。
特に「趣味」など、あなたの強みを全面に出していきましょう。

 

セカンドパートナー候補を探す

それでは続いて実際にセカンドパートナー候補を探す方法です。
これはあなたがインストールした出会い系アプリによりますが、既婚者だけを探してアプローチして行きましょう。

もちろん登録したということは、あなたに対して好感を得た「独身」からもアプローチがある可能性だってあります。
慎重になっていても仕方ないので「数打てば当たる」でドンドンアプローチして行きましょう。

私が基本的によく見ている箇所は以下です。

  1. あまりに綺麗・可愛い女性は絶対に避ける(経験上ほぼさくら)
  2. 積極的に「会いたい」「下の話」をする女性も避ける(そんな女性いません)
  3. 「仲良くなれたらカカオなら・・・」の女性には必ずアプローチ
  4. コメント・プロフィールが中途半端な女性

以上は気をつけている点です。
 セカンドパートナーという視点で考えると「ライン」より「カカオ」交換を求める人は本気度が高い です。
その理由はラインは家族や配偶者と、カカオは秘密の関係とと使い分けしているからです。

 

セカンドパートナーと会う

あとは実際にセカンドパートナー候補と会う日を決めて顔合わせしましょう。
ここでの注意点をしては、 出来れば最初ランチなど軽めなデート(1~2時間)がおすすめ です。

その理由は「出会い系アプリ」の場合、あなたが思い描いていた人じゃない可能性も高いからです。
合コンやパーティなら、実際リアルで会っているのでそんな心配はいりません。

しかし、出会い系は詐欺写真などで「イケメン」「可愛い」などに偽った人がいるためです。
会ってから「あれ?こんな人か~ご飯キャンセルしたいな・・・」と思っても遅いですよね><

そのため、リスクヘッジの為にも初回は「ランチ」がおすすめです。

 

セカンドパートナーとの出会いは諸刃の剣

メンレバではセカンドパートナーについて決して肯定的ではありません。
その理由は、もし自分がされた時、とても辛い気持ちなるからです。

もちろんあなたがセカンドパートナーを探す気持ちもわかります。
しかし、 安直な気持ちはじめる前にどうか一度配偶者と話し合ってみてはいかがでしょうか? 

「お前に言われる筋合いはない!もう何度も何度も話あった!」といわれればそれまでですが・・・
そうではなく、話し合っていないけど「寂しくて・・・」「遊びたくて・・・」はよくありません。

こんな記事を書いておきながら申し訳ございません。
あとは皆様にお任せいたします。

ABOUTこの記事をかいた人

yamashita

10代の頃からナンパに明け暮れ、気付けば女遊びだけの人生を今まで送ってきました。記事では様々な女性遍歴から女性を口説く為のトークや流れなどを細かくご紹介して参ります。 口先だけではなく、実際の実績基づいた内容なので、是非、実戦してみて下さい。