実録!バツイチ男性が新しい出会い「再婚への切符」を手に入れるまでの軌跡

どうも運営の山下です。
私はこちらの記事「【30代】バツイチ男性の恋愛|慎重にならずに告白してスッキリしよう!」でも告白しましたが、20代中盤で離婚を経験しています。

そして、数奇な人生を過し現在は素敵な彼女と同棲生活をしています。
ここにいたるまでは本当に長い道のりでした。

この記事では 私が実際どのようにして「再婚の切符=素敵な彼女」を手にしたのかを具体的にご紹介 します。
ちなみに私は今、アラフォーです。

離婚してからかれこれ10年ですが、最初の3~4年は全く結婚なんか意識していませんでしたが、30代に入ってからやはり親の顔を見るたびに孫を抱かしてあげたいと考えるようになりました。
そこに至るまでは、再婚どころか彼女もいらないと「鎖が外れた獣」の如く遊んだ時期もあります。

そういったことも包み隠さず全てお話します。

  • バツイチになって1年全く出会いがない男性
  • バツイチになり出会いはあるが再婚を考えられない男性
  • バツイチになる3年、、、、そろそろ真剣な出会いが欲しい男性

こういった様々な悩みを抱えるあなたには、是非参考にしてもらえると幸いです。

バツイチ男性が新しい出会いを探すためにやってきたこと

社内恋愛で親しくなった女性と付き合う

20代中盤で結婚した女性は社内恋愛で出会った女性です。
それまで私は5年間付き合った彼女がいましたが、私の不手際(浮気)が原因で別れを告げられます。

その後、社内で出会った年上・上司の女性と同じお客様を担当していた経緯もあり、意気投合し失恋の痛みからスピード結婚を果たします。
しかし、いざ一緒に生活してみると「食い違い」が出るようになり、わずか1年でのスピード離婚に至ります。

ほぼ私に原因があった為、もちろん慰謝料も払いました(当時、私は全く貯金もなかった為、いい年して親に頼り・・)
その後、同じ会社で働く派遣社員の女性(Aさん)に色々と相談している内に、恋愛感情が芽生え社員4人でいったお泊り旅行で結ばれてしまいます。

その当時の詳しい話は「社内恋愛で別れた後、退職せざる終えなくなった話」を参照下さい。
Aさんとは約1年程真剣な交際をしましたが、何度か5年付き合った元カノから連絡をもらって気持ちが揺らいだこともありました。

バツイチである私を受け入れてくれてるとても素敵なAさんでしたが、やっぱり再婚しようと思えずに別れが唐突に訪れます。
その理由は「退職」です。

バツイチになった理由はほぼ私にあり、元嫁は既に退職していたので、私に対する評価は悪くなりつづけ、結果的に逃げるように会社を去りました。
それと同時にAさんとも会わない日々が続き、最終的にはフェードアウトになりました。

この頃は、 バツイチからの再婚には必ず「冷却期間」が必要なのかな~って感じた時期 です。
どれだけ素敵な出会いがあってもバツイチになってすぐには、再婚なんて考えられませんよね・・・何が理由か解りませんが、やっぱり自分の気持ちだったり、世間体だったりですかね><

 

出会い系サイトで新たな出会いを探す

Aさんと別れた私は昔から良く使っていた出会い系サイトで、市内で歯科助手をする女性(Bさん)と出会います。
もう昔の話なので出会ったサイトは忘れましたが、おそらく「Mコミュ」だったかな?今もあるんだろうか。

その女性は歯科助手でありながらベンツを乗る謎の女性で、時計もブランド時計をしていました。
今思えば本当に謎の女性だったなと思います。

Bさんとは私の車やBさんのベンツでのドライブデートがメインでした。
今も覚えているのは神戸のドライブデート帰りに始めてホテルで休憩して結ばれたことです。

見た目がとても派手で、固いイメージは全くなかったんですが、人は見た目によらずとても慎重な女性だったんです。
お互い住んでいる場所は車で約40分ほどの距離感でしたが、仕事を辞めていたので毎夜車を走らせては会いに行きましたね~

そんなBさんとも別れがきます。
ちょうど付き合って半年くらいの時、次の職場が決まったんですが、それはもうブラック企業で朝9時から夜は23時まで労働。

もちろん祝日は日曜のみ。。。そんな生活になりBさんと会うことも徐々に減っていき、別れを切り出されて終わりを迎えます。
ちなみにBさんとは別れた後にも、少しアナザーストーリーがありますが、本題とは関係ないことなので省きます。

 

転職をして1人暮らしの再開

ちょうどバツイチになって1年程たち、転職した会社にも慣れ始めた私は、実家を離れることを決意します。
ずっと田舎に住んでいた私が、1人暮らしに選んだ町は「大阪市内」です。

初めての1人暮らしと言うこともあり、舞い上がった私はそれまで押さえられていた気持ちを爆発させ、とにかく遊ぶようになります。
この頃には「バツイチだったこと」を忘れる時期もありました。

もし、バツイチである自分に不甲斐なさを感じる人がいたなら、引越しがおすすめです。
誰も知らない土地で、一から出直すって様々なものがリセットされます。

やはり実家にいると、色々考えてしまうんですよね・・・
一度送り出した男が、また帰ってきた時の親の心境だったり、世間体(近所)だったりと。

関連記事:一人暮らしはモテる!今すぐ実家を飛び出したくなる理由を紹介

 

婚活パーティに参加するも出会いなし

1人暮らしを初めてから職場の同僚と飲む機会も徐々に増えました。
その間、当時流行ったmixiなどで女性と出会うことがありましたが、付き合うまでに至らず。

そんなある日、同僚と合コンネタを探すつもりで「婚活パーティ」に参加することになります。
「おい!婚活パーティで合コンネタかよ!」って思う人もいるはずです。

もちろん本来の目的である「婚活」を行いつつですが、 複数人で行くことで女性とのセッションを増やし、連絡先を多く獲得 できます。
そしてそこから合コンに繋げていくわけですね。

この方法で昔(20歳の頃)、合コンネタで困ったことはありませんでした^^
もちろん合コンせずとも素敵な女性とパーティで出会うことが出来れば御の字です。

少し話は反れましたが、この婚活パーティで私は、看護師25歳の女性(Cさん)と出会うことになります。
その女性とは2ヶ月ほどですが、お付合いしましたので、1人暮らしの初彼女と言うわけです。

しかし、Cさんは一緒に婚活パーティへ行った後輩とも連絡をとっていて、蓋を開ければ二股状態の穴兄弟になります。
まあ、そこまで真剣に付き合っていた訳ではないので、お互い笑い話で終わりましたが^^

その後、mixi・モバゲー・GREEなどを使って女性と遊ぶ日々が続きます。
そんなある日、モバゲーで知り合った女性と真剣な交際をすることに。

 

SNSで出会った薬剤師の女性と半同棲

そして遂にバツイチの私が再婚を考える素敵な女性と出会うことになります。
それはモバゲーで出会った25歳の薬剤師さんの(Dさん)です。

とても優しくて気が利く、綺麗な女性でした。
Dさんが実家暮らしだったので、私の家から仕事に通う半同棲生活がスタートします。

この頃から、Dさんとなら再婚しても素敵な生活を過せるんじゃないかと思い始めます。
そして彼女も同様に、私に対して愛情を注いでくれました。

しかし・・・・別れは唐突に訪れます。
実は、彼女ちょっとメンヘラはとこがあって、少しでも寂しくさせると、誰かに構って欲しい気持ちからモバゲーに「構って投稿」をする癖があったんです。
そこから浮気に発展して・・・が別れの原因です。

 因果応報って言葉がありますが、自分が浮気をしていたら、必ず自分に帰ってくる 
この言葉通り、彼女に浮気をされた私から「再婚」と言う文字は無残にも消えていきました・・・

再婚って本当に難しいな~と考えさせられた時期です。

 

モバゲーで出会った沖縄出身の女性にバツイチを告白

その後、彼女を作ることもなく遊びほうける時期を半年ほど過していた時、ある女性とモバゲーで出会います。
※この当時(2010年頃)は本当にモバゲー・GREEはお世話になりました。

その女性は沖縄から出てきて1人暮らしをしていた25歳のフリーター(Eさん)です。
最初はただ遊ぶだけのつもりでしたが、色々話を聞くととても数奇な人生を歩んできたことが解ります。

親の離婚、そして様々な場所へ転々とした幼少時代。
そして、親元を離れて一人暮らしをしながら仕送りをする日々。

この話を聞いた私の中で、「あ~俺が守ってやりたいな~」って考えるようになり、薬剤師の元カノ依頼真剣に交際することを決める。
辛い過去を告白してくれた彼女には、自分がバツイチであることを隠すのは失礼と感じ、Aさん依頼初めてバツイチであることを告白しました。

彼女は「そうなんだね~もしかしたらそうかな~って思ってたけど^^ だって山下は年齢にしては落ち着きすぎだもんw」と笑って許してくれたことを今でも思い出します。
しかし、自分の中で1つだけ気になっていたことがあったんです。

それは、外見が全くタイプではないということ。
バツイチの男性が再婚に踏み切る理由って人それぞれだと思う。

  1. 外見なんか関係なくて、意思疎通がちゃんと出来て一緒にいるだけで幸せな時間を過せる女性。
  2. 子連れの場合、子供を大事にしてくれて、懐いている女性
  3. 外見は絶対ゆずれなくて、再婚するなら全てが完璧な女性じゃないとダメ。

私の場合は「3」でした。
本当に最低の男ですが、出会いから時間が経つに釣れ、彼女が女性ではなく「妹」のように感じていき、いつしか肉体関係がない「レス」になります。

一緒に居て楽しいし、とても良くしてくれる彼女でしたが、やっぱり女性として見れなくなった時点で「再婚」は考えられなくなりました。
そして付き合って1年を迎えたクリスマス前に別れを伝えました。

あの日の彼女の泣き顔を今でも忘れません。

その彼女とは今でも連絡を取る中です。
連絡と言っても内容は「元気でやってるか~?」くらいの内容ですけどね^^

 

mixiで見つけたナンパコミュでナンパを始める

沖縄の彼女と別れてから程なくして、mixiであるコミュニティーを見つけます。
それはナンパです。

この出会いが私の人生を大きく変えました。
それまでネットを使った出会いか、ちょこちょこ行くクラブでの出会いがメインだった私が、ナンパと言う新しい出会いの形に目覚めます。

当時私の年齢は20代後半。
こんな年齢でナンパをするのはどうなのか?と考えた時期もありましたが、同年代の男性と合流してその迷いはなくなりました。

そこから、週末になってはストリートナンパをしてクラブで朝帰りの日々が続きます。
出会いの数は格段に増えましたが、不思議なもので気持ちが遊び目的の時って、再婚を考えられるような出会いはなく、同じ様(遊び目的)な女性ばかり引き寄せるんですよね。

 

遊び心に火がついてバツイチであることを忘れる

その後、私はナンパに出会い系などを使い、自他共に認める遊び人に成長します。
ちょうどバツイチになって約5年の歳月が流れていたと思いますね。

ナンパを始めてからの約2年半で、焼尻島の人口と同等の女性と結ばれました。
今思えば本当に気が狂っていましたね・・・

まあその時の経験があるからこのメンレバを始められたんですけどね^^
その話は本題からそれますので、詳しくお話できませんが、ナンパに興味がある人は「ナンパのテクニック集|成功するやり方」にて全てを置いてきたので、時間がある時にでも読んでください。

ナンパはちゃんとやれば、バツイチのあなたでも簡単に出会いを増やせます。
しかし、多くの女性と出会っても自分がバツイチであることが脳裏に浮かびます。

「この子は絶対にバツイチって言うと付き合ってくれないやろな~」って、そしてまた付き合うことなく一夜限りの関係で終わる。
そんな日々に終止符をうってくれる女性と出会ったのは、ナンパに飽きかかって仲間とブラブラしていた大阪の繁華街です。

 

運命の出会いをナンパで掴むとる

バツイチになって7年ほどたってようやく本当に再婚を考えられる女性と出会います。
私が再婚を決めた要素は以下の通りです。

  • 容姿が完璧だった
  • 付加価値があった
  • タイミングがよかった

容姿は言うまでもありませんが、付加価値がとても大きかったんです。
私が再婚する条件に「外見は絶対ゆずれなくて、再婚するなら全てが完璧な女性じゃないとダメ」と前述で紹介しましたが、もう1つあります。

それは 逆玉の輿 です。
まあ対した玉の輿ではないですが、ちょっと普通じゃ出会えない女性だったので、千載一遇だと思いすぐに交際を決意しました。

おそらく私がナンパをしていなかったら絶対に出会えてなかったと思います。
あなたに強要するつもりはありおませんが、再婚をするなら自分の中で絶対に妥協しないことを決めましょう

再婚してから「やっぱり・・・」とならないように、絶対に迷いがある場合は、再婚はやめたほうがいいです。
それは「容姿」「金」「中身」など様々あると思いますが、もしあなたの中で決まっていない間は、再婚を考えないほうがいいと思います。

少し話がそれましたが、バツイチから7年かけて再婚を考えられる出会いを掴みました。
ここにいたるまで、本当に様々な出会いと別れがありました。

こんなチャランポランで何のトリエもない私でも、諦めなければ必ず出会いはあります。
次項からは実際に、どういったことを気にして出会いを増やしたのかご紹介します。

 

バツイチ男性が新しい出会いを手に入れるには

バツイチであることを皆に告白する必要はない

まあ当たり前ですが、前述でもお話したとおり、出会う女性全てにバツイチであることを告白する必要はありません。
私がバツイチになってから、女性にバツイチだと告白したのはたった2名だけですからね。

しかし「【30代】バツイチ男性の恋愛|慎重にならずに告白してスッキリしよう!」でも紹介しているように、この子は!と言える妥協できないこともクリアした女性と出会ったら、必ず早めにバツイチを告白しましょう。

時間が経てば時間が経つほど、言いづらくなりますからね・・・
ただ普通に生活していたら「あなたがバツイチ」だってことは誰にもわかりません。

もしバレるとすると、、、

  • 年齢にしては落ち着いていると思われた時
  • やけに結婚に関して詳しい
  • 結婚の話になったら会話の内容を変えようとする
  • 子供の扱いが異常にうまい

などですね。私が経験したのは「落ち着き」と「詳しい」です。

 

私の経験上バツイチはモテるので自信を持つ

バツイチの男性って未婚の男性よりも様々な経験をしています。
それは「楽しいこと」「辛いこと」双方です。

その経験が、女性に対して的確なアドバイスができたりするんですよね。
とくに 恋愛相談に関しては、浅はかな知識ではなく、恋愛の「ゆりかごから墓場まで」を知った経験があるので、他の男性には出来ない回答ができます 

とくにバツイチ同士の場合、意見がとても合うので一気に意気投合することが多々あります。
その他にもモテる要素がたくさんありますので、気になる人は関連記事をご閲読下さい。

関連記事:バツイチの男性はモテる!自信を持って新たな出会いを探そう!

 

バツイチ男性が新しい出会いを再婚に繋げるには

早めの告白で真剣度をアピール

前述でも言いましたが、こいつだ!と言える女性に出会ったら、とにかく1日でも早く「バツイチ」であることを告白すべきです。
もし告白して「別れ」をつげられるようであれば、それまでの関係だと諦めましょう。

隠し通すことはできますが、どこで「ボロ」が出るか解りませんから・・・
それなら誠意を見せるためにも、付き合う前にカミングアウトしましょう。

きっと女性も「ありがとう」と理解してくれますから。
そして、しっかり女性が納得できるようにバツイチになった経緯を話して、お互いスッキリした気持ちで再婚に向って歩みましょう。

すると逆に女性から「実は私もバツイチで・・・」と逆告白されることもあったり、なかったり・・・

 

同棲をして結婚生活を疑似体験する

こいつだ!と思った女性と出会ったら、私はすぐに同棲生活を始めました。
それにはきっちり理由があります。

  • 再婚したいと思える・思ってくれる女性なんか本当に現れないから
  • バツイチ男性に対する不安を共に過す時間を増やす払拭(ふっしょく)させる
  • 自分も再婚に対してのモチベーションを上げられる

です。しかしデメリットもあります。
それは同棲することで、「再婚しなくても別にいいじゃん」とあなたが思ってしまうことです。

そうならない為にも、同棲して1年たったら再婚するなど、期間をしっかり設けるようにしましょう。
私の知り合いに、同棲生活で再婚した気になり、婚期を逃してしまい付き合って10年のカップルがいます・・・

 

お金の管理は彼女に任せる

私は昔からお金の管理が下手で、入っては使うの繰り返しでした。
しかし、今は同棲している彼女に全てお金を預けています。

そうすることで、彼女も結婚を強く意識しますし、いざ再婚って時に「お金がない・・・」ってこともないですからね。
もし 彼女に預けるのが不安なら、新しく口座を作ってそこで再婚への資金をためて いきましょう。

そこまで話をすると、彼女もあなたももう後には引けませんからね^^
そして、後述で紹介する「ご両親」への良いアピールに繋がります。

 

両親の挨拶を済ませ了解を得る

バツイチの再婚には大きな壁が存在します。
それはあなたの気持ちや彼女ではなく、ご両親です。

私は既に挨拶を済ませましたが、とても緊張しました・・・その理由はやっぱり「バツイチである私と再婚してくれるのか?」です。
ちなみに私は彼女のご両親に挨拶へ行った時、まだバツイチであることを彼女にも告白していませんでした・・・

だからこそ、必ず早めに告白すべきだと言えるんです。
ご両親に挨拶へいった翌日、どうしても隠し通すことに罪悪感を感じ、彼女へ告白しました。

そりゃまあ~こっぴろく怒られましたし、ご両親からもすぐ呼ぶ出されました。
結果的に許してもらえましたが、1つ隠しことがあると、必ず人は他にも何かあるんじゃないかと疑います。

  • 子供は本当にいないのか?
  • 借金はないのか?
  • もう元嫁とは連絡を取ってないのか?

などなど・・・こういった経験から、あなたも素敵な出会いがあったら、必ずバツイチであることを早めに言いましょう。

 

最後に

バツイチの出会いはあなたが考えている以上にたくさんあります。
その中でも私が主に出会ってきたツールは「ナンパ」「ネット」のたった二つです。

もちろんあなたにあった出会い方がありますが、この二つは間違いなく素敵な出会いをもたらせてくれます。
何もせずに「ただ待っている」だけでは、再婚を実現させられません。

そして何よりも出会いを手繰り寄せることに重要なことがあります。
それは 「勇気」 です。

「何言ってんだ?」と思われた人も多いはず。
でもほとんどの男性は、たとえ目の前に素敵な女性がいても「綺麗だな・・・・」で終わります。

勇気はナンパだけではなく、社内恋愛でも婚活パーティでもどんな出会いの場所でも有効です。
あなたはバツイチです。

こういっちゃなんですが、もう捨てる失う物なんてないですよね。
だったら勇気を出して、どんどん出会いのチャンスを増やしていきましょう。

そうすれば必ず、再婚への切符を手にする時が訪れます。

ABOUTこの記事をかいた人

yamashita

10代の頃からナンパに明け暮れ、気付けば女遊びだけの人生を今まで送ってきました。記事では様々な女性遍歴から女性を口説く為のトークや流れなどを細かくご紹介して参ります。 口先ではなく、全てはノンフィクション(実話)です。 是非、実戦して下さい。