付き合う前のガード固い問題。ガードが堅い女性の特徴や固くするメリット・デメリットを解説

こんにちわ運営の山下です。
この記事では「付き合う前はガードが固い方が付き合えるのか?そしてメリット・デメリット」について男性目線で解説します。

付き合う前の接し方って「ガードが緩すぎてもダメだし、固すぎてもダメだし、どうすれば良いの?」と悩む女性も多いはず。
私は既に引退していますが、ナンパ師として様々な女性と遊んできました。

もちろんその中には「あ~この子ガード固いな~」と感じた女性も沢山います。
そしてガードが固い女性も2種類に分けられます。

それは、、、

  1. ガードが固くても嫌な気がしない女性
  2. ガードが固くて決まづくなる女性

です。
まずは付き合う前にガードが固い女性に対しての男性心理、そして固く接するメリット・デメリット、固くても追いたくなる女性の順で詳しく解説しますね^^

付き合う前にガードが固い女性への男性心理

男性が女性に対して何も求めているのか?によって「ガードが固い」女性への心理は大きく変わります。

遊び目的の男性

抱けるなら多少目をつむってでも女性とやりたいと考えるヤリモク野郎の場合、ガードが固いと感じるやいなや、今までの優しい態度は何処へやら。
いきなり冷たい態度を取り、トーンダウンするでしょう。

昔の私もそうでした。
 「目的はやることだから、時間をかけて口説くなら、ガードが緩い女性と遊んだ方が良い」と考える わけです。

もう最低野郎ですよね。
でも多くの遊び人男性は同じ考えを持っているし、あなたも「急に冷めた態度」に変わった男性を見た経験があるはず。

後述で詳しくお話しますが、ガードを固くする最大のメリットは「遊び人を排除」できるです。

関連記事:ヤリモク男の特徴や見分け方を元ヤリモク男が教えます。

 

真剣交際目的の男性

 結婚を見据えた真剣交際がしたい男性は、ガードが固い女性にとても好感度は高い です。
すぐに身体を許すようなガードが緩い女性だと、結婚してから不倫されるのでは?の不安が付きまといます。

付き合う前に「ガードが堅い=付き合っても・結婚しても他の男性を寄せ付けない、寄り付かない」と考えるわけ。
逆の立場であなたが結婚を意識した出会いを探していた場合、軽い男性は論外ですよね^^

男女ともにガードが堅い人に対する考えは同じです。

 

ガードが固いと感じる女性の特徴

では遊び人目線になりますが、ガードが固いと感じる女性の特徴を解説させて頂きます。

初めてのデートはランチ

元遊び人目線として、 初デートは絶対にランチやカフェでと言う女性は、しっかりしていて固いイメージ 
逆にいきなり飲みOKは多少ガードが緩くて、男性慣れしているかなって感じます。

カフェやランチだと「終電で帰ります」以前に、お酒も入らないし、アダルトな雰囲気にもなりません。
つまり「間違いが起こりにくい」ってわけです。

過去の苦い経験から、ランチに絞っているのか?
それとも根が真面目なのかは女性によってですが、間違いなく「ガードが固い」イメージを抱きます。

 

距離感が遠いと感じる

私が女性と遊びまくっていた時期、待ち合わせ場所から店に向かう時、距離感を常に意識していました。
過去の経験から、 間違いなく「距離が近い女性」はガードが緩く、何なら肩が当たったりするなら「確信」する ほど。

逆に何だか距離感を感じる女性は、ガードが固く口説き落とせずにいた印象。
もちろん女性のタイプによって、距離感は変わるかと思いますが、 男性目線として「距離感」はとてもシンプルながら固いイメージを抱きます 

 

個室は絶対に避ける

私の主観ですが、ガードが固い女性って、過去に苦い経験をして「あっこの行動は駄目なんだ…」と悟った人が多いと思います。
例えば「個室」を絶対に避ける女性は、過去に個室(カラオケ・家・ネカフェなど)でデートをしてそのまま流されたり…を経験しているから、個室は絶対にさけるといった感じ。

 ガードが固いと言うか、警戒心が強い女性は、個室を避けるイメージがとても強い です。

 

中々敬語が解けない女性

一般的に言われるガードが固いイメージを抱く女性。
敬語は2人の距離を心理的に遠ざけることに繋がり、中々踏み込んだ質問などが出来ず、固い印象を抱きます。

とは言え、私はそんなこと全く関係ないと思っている派で、 単に女性が男性に対して尊敬していたり先輩後輩(部下上司)だったりするので、固いと感じる男性は女性経験が少ない のかなって思いますね。

 

過去に遊んできたが婚活中の女性

私の主観ばかりで申し訳ないのですが、昔遊んだけど今は婚活中!と言う女性(20代後半~30代中盤)は、最もガードが固いイメージがあります。

 遊んできた経験で「この行動は駄目!」+「結婚を意識していて遊ぶつもりはない」の考えを兼ね備えた女性 です。
とても綺麗な人が多いイメージでもあります。

つまり遊んでいる暇などないし、軽くなっても百害あって一利なしと考えている女性です。

 

付き合うまで時間をかける女性

直感やフィーリングですぐに付き合うのではなく、 しっかり段階を踏んで、時間を重ねて付き合う女性は、慎重でガードが固いと感じます 
一般的に3回目のデートで告白されて付き合うことが多いと言われますが、この手の女性は「3回とかでは決められない」人が多いです。

特に結婚を意識した女性は、アバンチュールな恋は求めず、しっかり時間をかけて安売りせず恋を発展させてイメージですね^^

関連記事:3回目のデートで告白なし…その時の男性心理は?モテ男が教えます。

 

付き合う前にガードが固いメリット

遊び人をシャットアウト出来る

 ガードを固くする最大のメリットは「遊び目的の男性」をシャットアウトできる点 
多くの遊び人は先ほど触れた用に、複数の女性と並行してやり取りしています。

特に昨今ではマッチングアプリの普及で、遊び人はより簡単に出会いを見つけられるようになり、遊びやすい環境になっているんです…

つまり 「少しでもガードが固いと感じる=口説くのは難しい」と考え、次の女性へターゲットを移す わけ。
「付き合うなんて関係ない、イケメンと遊べたらOK♪」なんて考えの女性でない限り、ガードは固くする方が絶対に良いです。

 

自分の価値を高められる

ちょっと黒い話になりますが、男って女性との出来事を自慢気に話す傾向があります。
例えば、、、

  • この前カオリちゃんと飲みに行ってそのままホテルに行った
  • カオリちゃんってガード緩いし軽いわ~

など、最低な情報を共有したりするんです。
つまり何が言いたいかというと、もしあなたがガードが緩い場合、色んな男性(学内・バイト内・職場内)に広がり、自らの価値を下げることになるわけ。

逆に ガードを固くすることで、自分を安売りせず、価値を高めることが可能 です。

 

追われる恋になり傷つかない

恋愛って基本大きく2つの立ち位置が存在します。

  • 相手から追われる側
  • 相手を追う側

です。
私の経験から、ガードが緩い女性の多くは「追う側の恋」をしています。

つまり付き合う前に身体を許してしまい、女性だけが情を持ち、男性は満たされて付き合う気がないパターン。
逆に ガードが固い女性は、抱きたい為ではないですが「あなたをもっと知りたい・何とか振り向かせたい」の心理が生まれて、女性を追うようになる んです。

追うのが好きと言う女性もいますが、最終的に傷ついて終わりケースが多く、 ガードを固めて追われる側に回る方が冷静な判断も可能 になります^^

 

真面目な男性を引き寄せる

ここまで読んで頂いたあなたなら、もう分かって頂けるはず。
ガードを固くすることで、 出会う男性を「ふるいにかけ」て真面目な男性だけを残すことが可能 です。

本当に出会った女性のことが好きならば、例えガードが固くても、付き合うまで時間が必要だとしても、付き合えるか分からないとしても、諦めません。

そんな 真面目で、そしてあなたの外見だけではなく内面も好きな男性が自然と残る わけです。
しかも追われる側となれば、これほどまであなたが有利な恋はないはず。

稀に遊び人の男性さえも「綺麗でガードも固いし、一緒にいて楽しいし…何とかして付き合いたい」と本気になることだってあります^^

関連記事:遊び人の男性が最後に選ぶ女性の特徴とは?元遊び人が本音で話す

 

付き合う前にガードが固いデメリット

身体から始まる恋が出来ない

「身体の相性を大事にしたいから…」を理由に女性を口説く悪い男性の中には、本当に相性を大事にして、付き合う有無を決める人もいます。

加えて身体の関係を結ぶことで、情が生まれて、それまで友達だったが急に女性として見始め好きになることだってあります。

そして 男性の中には告白して断られるのが怖くて、身体を許してくれた女性なら大丈夫だと考え、告白する男性も存在 したり…

ようは シンプルに言うと「ちょっと軽い男性」との出会いを物にできない可能性が高い ってことです。
事実、私の周りにいる多くの女好きは、基本関係を済ませてから、付き合うケースが殆ど…

「私はそんな軽い男性興味ありません!」なら良いのですが、ちょっと遊んでそうな男性が好きな女性はデメリットになります。

 

ガードが緩い女性に負けることもある

遊び人と真逆に位置する「女性経験が少ない男性」って、ガードが緩い魔性の女性を惚れてしまいやすいんですよね。
理由は「身体を許す=好きになってしまう」から。

遊び人なら、関係が終わればそのままバイバイでも、真面目男子ははまってしまうわけ。
つまり もし真面目な男性を複数人の女性が取り合いになった時、間違いなくちょっと隙のある軽め女性が選ばれます 

「お前さっきは、固い方が良いって言ってだろ!どっちやねん!」という声が聞こえてきそうですが、本当に難しいんですよね…固すぎてもダメだし緩すぎてもダメだし…さじ加減が必要なんです。

 

場の空気が読めず男性を不快にさせる

とても難しい表現になりますが、 行動とガードの固さが伴っていない女性は、男性を怒らせることに繋がる 可能性大。
例えば、、、

  • お泊り旅行がOKなのに、鉄壁のガード → いやいや…もういい大人なんだし無理なら断ってよ…
  • 飲み後家OKでたのに、鉄壁ガード → え…じゃあ帰って欲しかったわ…

「お前最低だな!」と思われそうですが、おそらく殆ど男性はこのように思っています。
顔では「そうだよね^^」なんて笑顔でも、本音は「なんで…」が正解。

つまり、ガードを固くするなら、行動(デート内容)も固くすべきかなって思います。

 

ガードの固い緩いより「交わし方」が最も重要

ここまで付き合う前のガードについてお話してきましたが、最も重要な「交わし方」について最後お話します。
冒頭お話しましたが、ガードが固い女性の中にも2種類の女性が存在します。

  1. 交わし方が上手く、嫌な気がしない女性
  2. 交わし方がきつくて、気まずい雰囲気になる女性

です。
私は何百人の女性と遊んできましたが、 男慣れしてる女性や、綺麗な女性(特に高級夜店勤務)は男性をとても綺麗に交わします 

例えばキスをしようとしたら笑顔で「だめ~私たちまだ出会ったばかりだしもっとお互いをしってからね♪」と物腰が柔らかく棘がないんですよね。
しかし交わし方がきつい女性は真顔で「無理…・やめて!」などとても言葉に棘があるんです。

男性に全く好意がなく、嫌われてもいいなら棘があっても良いですが、好意を抱いている男性ならば「交わし方」も気を付けてみましょう。
 ガードが固くても、交わし方が上手ければ、男を手玉に取ることだって可能です ^^

また当メディア(メンレバ)では男性目線で、断り方に関する記事も書いていますので、合わせて読んだくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

yamashita

10代の頃からナンパに明け暮れ、気付けば女遊びだけの人生を今まで送ってきました。記事では様々な女性遍歴から女性を口説く為のトークや流れなどを細かくご紹介して参ります。 口先ではなく、全てはノンフィクション(実話)です。 是非、実戦して下さい。